« 悪党たちの大英帝国 | トップページ | 生命史に学ぶ生存戦略 »

2020/12/02

恩人の死

年末になると喪中の葉書が届くものです。

 

今日驚きの葉書が来ました。

私が人生の中で長きにわたってお世話に

なった方が亡くなりました。3月の

故田口誠弘さんに続き、今年は特に

多い気がします。コロナのこともあり、

喪中はがきだけの配慮がおありだと

推察しますが、葬儀に参列し、お見送り

をしたかったのは本音です。

 

私自身が66才ですから、先輩にあたる方々

はかなり高齢になってくるので、そういう

時期といえばそれまでですが・・・

 

今年発行した私のエッセイ「瑠璃色の風に

吹かれ」にも私の人生の三大メンターとして、

登場する人物です。ビジネスマンとしてまだ

駆け出しの二十才台後半に大きな商談として

担当したお客様のキーパースンです。

 

多くのことを教えていただき、大きな影響を

受けました。最近は年賀状やたまにメールを

やり取りする程度でした。もう5年近くお会い

していなかったので、今年あたり会っておき

たいと年初めに思っていて実行できませんで

した。悔やまれます。

 

知的にも生き方にも多くのことを学びたいと

思うことのできる人物でした。ダンディズム

にも通じる魅力的なお人柄でした。

 

ご冥福を心よりお祈りしたいと思います。

 

 

今年はサクセスクラブ(目標を大切にした生き方

を目指す勉強会)の創設者田口誠弘さんも3月

に亡くなり、私自身も年齢を重ねてきたのだと

実感させられる出来事です。

 

今年を振り返ることの多い師走、コロナ、コロナ

で一年が終わってしまいそうですが、貴重な

先輩たちが旅立たれていきます。

 

一日一日を大切にしていくことを自戒するもの

です。

 

584648_s

(から花 さんの作品)

|

« 悪党たちの大英帝国 | トップページ | 生命史に学ぶ生存戦略 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 悪党たちの大英帝国 | トップページ | 生命史に学ぶ生存戦略 »