« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月の投稿

2020/11/26

悪党たちの大英帝国

なかなか惹かれる題名の本ですね。

「悪党たちの大英帝国」 君塚直隆著

(新潮社)

悪いやつらが時代を動かす!数々の悪徳

を犯した一方で、偉大な業績を残し、人々

から支持された「悪党たち」の実像に迫る。

 

*ヘンリ八世(暴君の真実)

クロムウェル(清教徒の独裁者)

ウィリアム三世(不人気な外国人王)

ジョージ三世(アメリカを失った『愛国王』)

パーマストン子爵(「砲艦外交」のポピュリスト

デーヴィッド・ロイド=ジョージ

(「王権と議会」の敵役)

*ウィンストン・チャーチル(最後の帝国主義者)

 

の中からヘンリ八世とチャーチルを取り上げます。

デューダ王朝二代目の君主ヘンリ八世

(在位1509~47)は好色漢で残虐性、消費癖も

激しかった。その一方、ヨーロッパ国際政治に

おいて、戦争・外交両面で影響力を行使した。

 

・海軍を整備し、勢力拡大を進めた。しかし、

スコットランド侵攻失敗し、対仏戦争で大敗した。

さらに、戦費が嵩んだことで、宮廷は破産寸前

となった。

 

・結果的にイングランドの強国化には失敗した。

しかし、ローマ教皇庁と決別して教会を国家の

下に置いたこと、「勢力均衡」

(Blance of Power)というイングランド外交の

基本路線を築いたことなど、イギリスにとって

大切な遺産を残した。

 

ウィンストン・チャーチルは生粋の帝国主義者で

アジアやアフリカの人々に差別意識を持っていた。

その一方、ヒットラーから世界を救った第二次世界

大戦の英雄でもあった。

 

・1940年チャーチルの首相就任時、ヨーロッパ

の大半がナチスの軍門に下っていた。孤立無援

の状況下で彼は演説で国民を力づけ、アメリカ

やソ連と協力関係を築くために奔走した。もし、

彼がいなければ、イギリスもヨーロッパも

ナチスの軍門に下り、世界史は大きく変わって

いただろう。

 

・チャーチルがが第二次世界大戦で発揮した

指導力のあり方には、単にイギリスのとどまら

ない全人類的な平和の構築という考え方がみら

れる。その考えは「大英帝国」というグローバル

な世界が育んだものであり、その意味で彼は

「最後の帝国宰相」といえるかもしれない。

(TOPPONT誌より引用)

1617599_s

現在世界は、民主主義の危機、格差社会、分断

への道を走っていると言われています。危機は

過去にも、長い間何度も訪れていて、現在の

指導者もその渦中に置かれていることは論を

待ちません。

 

人物の品格は大事ですが、歴史からみた業績

は重要で、歴史を大きく捉え、些末なことに

惑わされぬことも必要だと考えさせられる本

です。

 

*********************************

このブログを50才の時に始めて早や16年。

様々なテーマで綴ってまいりました。続けられ

たのも多くの読者の皆さまのお陰です。

 

これらの経験をもとにデジタル出版をして

おります。AMAZON「旬ブックス」は

一冊¥99です。読んでいただけると幸いです。

 

また、読後の感想などAMAZONにコメント

いただけると大変励みになります。

どうぞよろしくお願いいたします。

(右上の著書をクリックください)

               渡辺俊一

*********************************

| | コメント (0)

2020/11/22

コロナ後の世界Ⅱ

先日知人から勧められた図書があります。

「コロナ後の世界」

大野和基編 文春新書

2020年7月20日(第一刷発行)

Photo_20201121183401

新型コロナウィルスが国境を超えて

蔓延する中、現代最高峰の知性6人

に大野和基氏が緊急インタビュー。

世界と日本の行く末について問うた。

 

先日の岩村充氏の「コロナ後の世界」の

紹介に続き、Ⅱとして紹介します。

かなり乱暴ですが、気になったところだけ

要約してみます。

 

第一章 ジャレット・ダイアモンド

(UCLA地理学教授)

 

危機はコロナだけではない。

核戦争や気候変動による被害の方がもっと

甚大になるだろう。これら、今我々の眼の

前に迫っている地球規模、グローバルな

崩壊に対し、このパンデミックが共通の

脅威としての認識で一致し、世界が一丸

となって解決することがよい実績チャンス

となるだろう。

 

日本の人口減少が危惧されているが、人口

減少は資源の面でアドバンテージにもなる。

オーストラリア、イスラエル、シンガポー

ルなど人口が少なくても繁栄している国

はたくさんある。人口三千万人で江戸時代

は持続可能な社会だった。

 

日本の問題は高齢化というがそれも違う。

問題は高齢化ではなく定年退職システム。

女性を家庭から解放しよう。

 

第二章 マックス・デグマーク

MIT教授(AI時代の可能性を追求)

~AIで人類はレジリエントになれる~

パンデミックとの戦いは情報戦。接触追跡

などでビッグデータと機械学習が役立った。

AGI(汎用型AI)は危険な面を持ち

「越えてはならない一線がある」私たち

人間と同じ価値観を持ち、人間を大事に

するAGIを「安全工学」的に作ってしま

おうと考えることがよい。機械が人間を

支配する危険な世界は起こりうるだけに、

今のまま無秩序な開発が進み、誰かがしく

じるとそれで人類が終わるようなことに

ならないように工夫する時代になる。

 

第三章 リンダ・グラットン

ロンドン・ビジネススウール教授

(人材論・組織論の権威)

人生百年時代の提唱者。

~ロックダウン生まれた新しい働き方~

 

ロックダウンはこの世の終わりではない。

在宅勤務他でZOOM会議など、若者だけ

でなくデジタル技術が浸透した。

 

コロナで「健康を保ちつつ歳を重ねる」重要

性が認識された。日本はいち早く高齢化に

おけるトップランナー。歳をとることは

ワクワクすることとして捉え、しっかり働き

社会に貢献する存在としたい。

 

三つの無形資産。

「生産性資産」会社や組織に頼らず、価値ある

高度なスキル、キャリアにとってプラスに

なる人間関係等々

 

「活力資産」肉体的・精神的健康。ストレス

マネジメント。家族や友人と楽しん時間過ごす。

 

変身資産」自分と向き合いつつ、自分と

違う年代、性別、仕事、国籍と関わり、その

時々で「将来なりたい」ロールモデルを作る。

 

ポストコロナの四要素

「透明性」「共同創造」「忍耐力」「平静さ」

 

第四章 スティーブン・ピンカー

ハーバード大学心理学教授

(認知科学者、実験心理学者)

~認知バイアスが感染症対策を遅らせた~

 

認知心理学では、人は危険が起こる確率を

客観的な統計やデータよりも、身近なイメージ

やよく聞くストーリーに基づいて判断すること

が知られている。ジャーナリズムはこのネガ

ティブなバイアスを作る。(認知バイアス)

 

「格差」より「機会の不公正(アンフェア

ネス)」に重点を置きながら、楽観主義の方向

が望ましい。幸福感の根本には民主主義の中

で自由に生き、自らの未来を選択できること

などの点を重視すべきだ。

 

第五章 スコット・ギャロウェイ

ニューヨーク大学スターン経営大学院教授

(ブランド戦略とデジタルマーケティング

 連続起業家として9つの会社を起業)

~新型コロナで強力になったGAFA~

 

電気・ガス・水道と同じでかつ高速道路の

料金所のような存在。

 

GAFAのアルゴリズムは中立だが、

人々がつながる最大の要素は「怒り」だ。

それが社会を分断していく

 

GAFAは「われわれはメディアではなく

プラットフォームだ」という。しかし、

実態は人々は今やネットでニュースを見て

いる。

 

二つのインターネット 西洋のインターネット

と中国のインターネット。GAFAとBAT

(バイドゥ、アリババ、テンセント)は、

アフリカ、インドで激突するだろう。

 

これらの次はテクノロジーとイノベーションを

ヘルスケアに投資し、応用する人びとだろう。

 

GAFAの負の側面から目を離してはならない。

 

第六章 ポール・クルーグマン

(ニューヨーク市立大学大学院センター教授

 2008年ノーベル経済学賞受賞)

~景気回復はスウェッシュ型になる~

 

今回のパンデミックはリーマンとは大きく

異なり、いわば「人工的な昏睡状態」だ。

 

だから、ためらわず「バズーカ砲を打て」。

金融緩和策だ。本当のリセッションはコロナ

の猛威の後に来る。だから長く続く。

 

長期間を覚悟し、景気回復はU字でもV字でも

なく、スウェシュ型(ナイキのマークみたいな)

になる。

 

*********************************

このブログを50才の時に始めて早や16年。

様々なテーマで綴ってまいりました。続けられ

たのも多くの読者の皆さまのお陰です。

 

これらの経験をもとにデジタル出版をして

おります。AMAZON「旬ブックス」は

一冊¥99です。読んでいただけると幸いです。

 

また、読後の感想などAMAZONにコメント

いただけると大変励みになります。

どうぞよろしくお願いいたします。

(右上の著書をクリックください)

               渡辺俊一

*********************************

 

 

| | コメント (0)

2020/11/18

全国トッププレーヤの助言

最近、テニスの対外試合にでるように

なって、様々な初対面の人びととゲームを

するようになりました。

 

65才から69才までの年齢層の集まりで

試合をしているので、同年代の人びととの

接点が出てきます。

 

65才以上は平日の試合スケジュールが

組んであるので、平日働いている人は出場

が難しいため、働いていても時間の自由

がきく人々になります。

 

このひと月で東京都ベテランと大磯フェニッ

クスという試合でそれぞれ全国2位と3位の

素晴らしいプレーヤと対戦することができ

ました。

 

もちろん結果は圧倒的に負けましたが、その

経験はとても貴重なものです。

 

何事もその頂点で活躍している人々はプレー

ぶりのみならず、学ぶものが多いです。

私のように全くランクやレベルの違うものに

対しても丁寧な態度で、かつプレーの前後で

声掛けしてくれて、ちょっとした助言をして

くれて大変うれしく参考になるものです。

 

もちろん試合の運び方や技術的なことは、

こちらから助言を求めていくくらい積極的で

あるのは当たり前です。

 

それだけでなく、フランクに日頃どんな

試合へ出ているとか、そのために地方へ

行ったりした時のエピソードなども興味深く

うれしいものです。

 

トッププレーヤとの対戦は刺激的で、そこ

までたどり着くように努力する励みになり

ます。

 

最初は一人でエントリーして、車を運転する

なり、電車で行ったり、知らない人ばかり

なので、かなり孤独感があるものですが、

少しずつ会話ができてくると面白くなって

きます。

Dsc_1406

Dsc_1404

大磯プリンスホテルのテニスコートは

相模湾からすぐの立地で、風は強いです

が、景色がよく気に入っています。

| | コメント (0)

2020/11/10

経営者 酒巻 久氏

キャノン電子㈱社長の酒巻 久氏の本は

度々取り上げてきました。最近、再び

「仕事の哲学」 PHP研究所

として刊行されました。(2020.9.3)

 

たまたま、顧問の会社でスピーチを

頼まれて30分ほど話す機会がありました。

営業経験をもとに今の幹部社員に話

掛けるという、結構ハードルの高い

ものでした。

 

酒巻氏の仕事に対する考え方は以前より

度々注目して取り上げ、話の中にも

取り入れさせていただいたご縁もあり、

ご紹介いたします。

 

◇「日本人は働きすぎ」ではない

・働き方改革の問題点

「長時間労働の是正」という論点が必ず

登場する。意義あることだが、この問題は

要注意だ。長時間労働や休日出動を罪悪視

しすぎると、「全力で働こうとする」という

意欲が薄れ、楽をしようと考える社員が

増える。

 

・「欧米人は働かない」という誤解

確かに欧米人はバカンス長期の休みを取る

が、普段は日本人より働く。「欧米人は

頻繁に転職する」も誤解だ。転職を繰り返す

のは二番手、三番手の人たちで、実際は

優秀な人たち程転職しない。

 

・日本と欧米の採用システムの違い

欧米では現場を統括する責任者がどんな人材

を何人必要かを決め、自分で募集を掛ける。

 

日本は採用は人事部で優秀そうな人材を集め

そこから配属先を決める。適正が齟齬すると

本人はもとより、上司の負荷も増える。

この辺りを考慮しないと、雇用の流動化、

企業の生産性を高めるのは難しい。

 

・テレワークで生産性を上げるには知識が

 必要

「テレワーク」が推奨されている。だが、

オフィスと違い、判断に迷った時、近くに

いる人に相談できない。よってすべて一人

で判断できるぐらいの知識がないと、テレ

ワークの生産性が落ちてしまう。

 

◇寝食を忘れ、集中して働く効用

寝食を忘れほど打ち込める仕事に出会える

は幸運なことであり、その中でしか味わえ

ない充実感や達成感もある。

 

・一日20時間、仕事のことを考える

今の日本では、集中して働くことで生産性

が高まるという考え方が主流で、勤務時間

が終わると仕事から離れる。しかし、開発

や設計、研究など閃きを必要とする仕事

では、一日中仕事のことを頭の中心に置く

ことでよい考えが浮かぶ。

 

・好きなことをやれる喜び

自分がどのような能力があるかを知り、

その能力を通じて会社に貢献する。さらに

は社会に貢献する。その自覚があれば仕事

は楽しくなる。

 

・30代は20台の2倍、40代は3倍の

 勉強が必要

ベテランになれば、若手の頃に比べ経験は

増えるが、柔軟な発想が失われる。発想で

敵わないベテランは、20代の頃よりも

何倍も勉強して、足りない能力を補う必要

がある。

 

◇社員が頑張る、会社を信頼する職場

社員が「この会社で働きたい」と思うには

その会社や組織への信頼が重要だ。

 

・社員をできるだけ平等に扱う

経営陣は社員を「お客様」という視点で

捉える必要がある。「社員は自分たちで

守る」という覚悟が大事だ。

 

・「ピカイチ運動」で能動的な社員を作る

キャノン電子では、自分で考え、動く習慣

をつける目的で「ピカイチ運動」を行って

いる。4~5人のチームで各々テーマを決め

実現方法を考えるというものだ。例えば

ある工場のチームが「世界で一番よい挨拶」

をテーマとし、毎朝の挨拶を始めたところ、

他の人たちも真似て、全体が挨拶するよう

になった。すると仲間意識が生まれ、製品

の不良も減った。

 

・褒める時はチーム単位

優秀な一人が頑張った場合でも周囲の

サポートなしにはできない。チーム単位

で表彰することで、仲間意識が高まる

と同時にチーム同士の競争心が芽生え、

他のチームを発奮させることにもつな

がる。

 

・「立ち会議」が議論を活発化させる

社長就任時、経営会議は2日間で16時間

費やし、かつ月2回もあった。結果、

4~6時間で終わり最大75%の時間短縮

となった。

 

日頃から酒巻氏の様々な考え方に共感して

いるので、今回のスピーチでも酒巻イズム

のエッセンスは随所に使わせていただきま

した。

3575225_s

*********************************

このブログを50才の時に始めて早や16年。

様々なテーマで綴ってまいりました。続けられ

たのも多くの読者の皆さまのお陰です。

 

これらの経験をもとにデジタル出版をして

おります。AMAZON「旬ブックス」は

一冊¥99です。読んでいただけると幸いです。

 

また、読後の感想などAMAZONにコメント

いただけると大変励みになります。

どうぞよろしくお願いいたします。

(右上の著書をクリックください)

               渡辺俊一

*********************************

| | コメント (0)

2020/11/03

コロナ後の世界

新型コロナウィルスの影響は当初考えら

れた事を大きく超えて全世界の隅々まで

押し寄せています。

 

経済、デジタル技術、グローバリズムなど

の多角的な視点から岩村充氏が綴ります。

「ポストコロナの資本主義」

岩村 充 著

日経BP・日本経済新聞出版本部 

2020年8月20日出版

日本銀行を経て早稲田大学教授

 

退職者生活をしている筆者でも大きな影響

を考えざるを得ません。この本のテーマ

を通じ、皆さまの何がしらのヒントになれば・・・

 

◇接触追跡システムの光と影

1918年から1920年にかけて世界を襲った

スペイン風邪で全世界2500万人~3000万人

の死者を出した。日本では約35万人。

日本はマスク、うがいの励行など民衆を

団結させ、世界的には成功した部類に入る

だろう。

 

しかし、そうした民衆レベルの「総力戦」は

国家権力と民衆の精神的結合という素地を

作り、後の昭和の国家総動員体制の下敷き

になったという見方もできる。

 

今回のコロナ渦では多くの国で「接触追跡

システム」のスマホアプリが導入された。

 

アプリはプライバシー侵害に配慮し、個人

情報が特定されない仕様になっている。

しかし、その動作条件はグーグルとアップル

が定めており、両社が強大な力を持つ恐れ

がある。スマホのOSをほぼ独占しているから

だ。

 

さらに注意すべきことは、このアプリは

文字通り「接触追跡アプリ」であって「感染

者追跡アプリ」ではないことだ。

 

だから、追跡したい人を「COVID-19感染者」

ではなく「反政府活動参加者疑惑者」に変更

すれば、公安者が不意に姿を現す可能性にも

つながる。

 

◇デジタルは夢か悪夢か

ZOOMのような多くの人が同時にコミュニケ

ーションシステムが驚くほどの勢いで増えて

いる。(注:筆者もその一人)こうした「仮想

集会プラットホーム」はこれから世界をどう

変えるのか。

 

・仮想集会プラットホームで営業が変わる

これが作り出す変化は既に多くの職場で現れ

ている。社内や取引先との打ち合わせをテレ

ワークで行うことは既に多くの職場で普通の

こととなっている。

 

この変化は「営業」にも及ぶだろう。時間

と交通費を掛けて出かけていくことや来て

くれた顧客のために時間と会議室を確保する

といったことが重要な要素にならなくなると、

「昔から取引先とつながっていること」

の価値が色あせる。それは企業と企業あるい

は金融機関などとの関係を根本から変えて

しまうかもしれない。

 

・企業における「人のつながり方」の変化

今までは企業に属するあくまで自身と雇用

関係にある企業の一員として「強いつな

がり」として意識してきた。

 

しかし、コロナ渦によるテレワークの推進

で従来の組織構造の変化には時間と費用が

かかるという点を一挙に蹴散らしてしまった。

 

社外と社内の「人のつながり方」の強弱は

どんどん逆転していくだろう。このことは

やがて「株式会社」という企業形態にも

大きな変化を促すものになるだろう。

 

・低くなる国境の壁

「仮想集会プラットホーム」による人の

つながりは国境を越える。そのため、人々

に国家体制への帰属を義務付け、反体制派

への監視を行うことで国家を維持している

国ではこのプラットホームは不都合なもの

となる。

 

◇グローバリズムは変わるのか

・資本移動のメガトレンドは変わらない

感染症への恐怖は一時的にグローバリズム

を止める面がある。特に季節労働者や貧し

い移民の移動が阻まれる。すると、安価な

労働力に頼ってきた先進国では、単純労働

の単価が上がり、製造業などの作業拠点が

国外へ移動する可能性がある。

 

・格差の拡大と中間層の崩壊は続く

日本のような国では低賃金の労働者たちの

間での格差は縮小していくだろうが、割を

食うのは中間層である。彼らの就労条件

には改善する理由がなく、経済の停滞の

影響を最も手ひどく受けるからだ。

 

・裂けていく世界

コロナ渦で世界政治における協調は失われ

つつある。感染症対策を巡って世界は分裂

する「感染症対策ブロック」ともいうべき

現象が出現する恐れがある。

 

ちょうど100年前に起こったスペン風邪の

猛威の後、貿易と投資のブロックによる

世界の分割が人類史上最大の惨禍となる

世界大戦を招いたように、感染症対策

ブロックにより世界が分裂し、真の悲劇

が生じかねない。私たちの眼の前に

あるもの、それは予兆に過ぎないのかも

しれないのである。

 

 

普段は悲観的な考えは取り上げないように

務めていますが、コロナ渦が「人と人との

つながり」のあり方を変え、既存の組織

や文化まで変えてしまい、果ては、

世界の分裂→世界の争い→世界の悲劇の

到来という百年前に起きたサイクルには

かなり用心していくことが肝要だと感じる

ものです。

 

Dsc_1397

毎年11月上旬にはきっちり花をつけて

くれる「つわぶき」。今年も仕事を

してくれます。

Dsc_1396

山茶花の芽を先日剪定中に誤って切って

しまい、キャップに水差ししていたら

きれいに咲いてくれました。

| | コメント (0)

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »