« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月の投稿

2020/10/30

にわか「宇治散歩」

10日程前、京都に行く用事がありました。

できるだけ空いた時間の新幹線で、京都駅

近くのホテルに宿泊しました。GOTOキャン

ペーンで宿泊代が35%割引で、フロント

でチェックインすると地域振興券2,000円

分をいただきました。帰りにおみやげの

購入に使わせていただきました。

 

ちょっと時間があったので、思い付きで、急ぎ

宇治へ行ってみました。

Dsc_1377_20201030151001

平等院鳳凰堂への参道を振り返り撮影する

とこんな感じで観光客はまばらでした。

画面左側の「上林三入」で行く度にほうじ茶

を買います。

 

Dsc_1383

曇天でしたが平等院鳳凰堂の美しさ

を静寂な環境で十分味わうことができ

ました。

 

今回は行ったことのない「宇治・上林記念館」

に寄ってみました。

Dsc_1376

(茶師の門の構えは「長屋門」)

 

いつもお茶を買っている上林家のルーツ

を紹介してくれています。

 

「上林家は、もと丹波上林郷に居拠する

土豪であった。永禄年間に初代久重が宇治

に移住し茶業に携わった。重久の四人の

子息がそれぞれ一家を起こし、宇治を代表

する茶師として生産流通に重要な役割を

果たす。

 

桃山時代には豊臣秀吉に重用され、茶頭取

として、宇治茶の総支配を命じた。徳川三代

将軍家光の時代には将軍家御用達の茶壷の

往還には豪華な行列「茶壷道中」をもって

行われた。

 

明治維新後、宇治茶師のうち唯一廃業せず

に上林春松家は宇治茶師の後裔として現在

至るまで茶業を営んでいる」

(パンプより抜粋)

 

千利休も訪ねたという上林家の歴史に思い

を馳せ、誰もいない上林記念館での時間は

なかなかいいものでした。

 

その後定番の宇治神社、宇治上神社を回り

JR線で京都駅へ向かい、用事を済ます事

ができました。

 

にわか「宇治散歩」でしたが、結構楽しむこと

ができるものです。

 

*********************************

このブログを50才の時に始めて早や16年。

様々なテーマで綴ってまいりました。続けられ

たのも多くの読者の皆さまのお陰です。

 

これらの経験をもとにデジタル出版をして

おります。AMAZON「旬ブックス」は

一冊¥99です。読んでいただけると幸いです。

 

また、読後の感想などAMAZONにコメント

いただけると大変励みになります。

どうぞよろしくお願いいたします。

(右上の著書をクリックください)

               渡辺俊一

*********************************

 

| | コメント (0)

2020/10/24

ギター「禁じられた遊び」

映画「禁じられた遊び」の主題曲のギター

演奏は中学生でギターに触れた(触れただけ

という感じですが・・・)時からの憧れを持って

いました。曲の前半は中学生当時で大体

弾けていました。

しかし、後半は指使い、セーハー

(ひとつの指で複数弦を押さえること)

が多いこともあり、難易度が高く半世紀

ちかく中断していました。このコロナの

在宅時に少しずつ練習して、最近通しで

演奏できるようになりました。

「禁じられた遊び」についてはウィキペディア

より引用します。

(本ブログはウィキを応援しています)

 

「『禁じられた遊び』(原題: Jeux interdits 

は、1952年フランスのドラマ映画。 監督は

ルネ・クレマン。 フランソワ・ボワイエ

小説『Les Jeux inconnus』を原作とし、

戦争で孤児となった5歳のフランス人少女の

運命を描いた映画である。アカデミー賞

名誉賞(後の外国語映画賞に当たる)、

ヴェネツィア国際映画祭サン・マルコ金獅子

賞などを受賞した。

200pxjeux_interdits_1952_japanese_poster

撮影の予算オーバーによりオーケストラを組む

ことが出来ず、劇伴は全編を通して

「ナルシソ・イエペソ」がギター一本で演奏

した。これにより「愛のロマンス」が広く知ら

れることとなった。」

https://www.youtube.com/watch?v=Xw4CJDknHSY

映画「禁じられた遊び」のテーマ曲 

ギターソロ「愛のロマンス」

YouTubeより

Zap2_g8392114w

(ナルシソ・イエペソのジャケット)

白黒映画で流れた物悲しくも美しいメロディー

は、深く心を打つものがあり、半世紀もの間

潜伏菌のように体の深部に刻み込まれています。

暗譜で「グリーンスリーブス」に続き、

「禁じられた遊び」の演奏は指の運動にもなり、

これも一種の「脳トレ」?

| | コメント (0)

2020/10/17

1973年のピンボール

村上春樹氏の著作の主人公には

ほぼ同年代に育った私としては

共感を覚えるものです。

1973

講談社文庫 1983年

内容は以下です。(アマゾンサイトより)

『「電灯のスイッチを切って扉を後ろ手に

閉めるまでの長い時間、僕は後ろを振り

向かなかった。一度も振り向かなかった」

東京で友人と小さな翻訳事務所を経営す

る〈僕〉と、大学をやめ故郷の街で長い

時間を過ごす〈鼠〉。二人は痛みを抱え

ながらも、それぞれの儀式で青春に別れ

を告げる。『風の歌を聴け』から3年後、

ひとつの季節の終焉と始まりの予感。

「初期三部作」第二作。』

 

実に細かいピンボールに関する蘊蓄が

語られています。とくにギルバート社の

「スペースシップ」というモデルへの

こだわり、愛着はすごいと思いました。

https://ameblo.jp/musasppqueen/entry-12589250473.html

のブログにアクセスされるとよく説明されて

います。

O0450032314742881381

(同サイトより)

ピンボールマシンはこの絵のようなもの

です。

 

なぜ取り上げたかといいますと、小学生

からの一番古い友人と一緒にピンボールを

楽しんだ思い出があるからです。

 

ダブルスのようにフラッパー(バットの

ようにボタン装置でボールを打ち返す)

を左右でそれぞれ担当して、得点を稼ぎ

ゲーム追加を狙っていきます。

 

盤面にはジェットバンパーというキノコ状

の突起があり、勢いよくボールを跳ね返し

ます。ボン・ボン・ボンとジェットバンパー

同士でボールを跳ね返し、得点が加算される

醍醐味は何とも言えませんでした。

 

基準得点を超えると、ゲーム追加になり、

ゲームカウンターがアップする時に、

今のデジタル時代と異なり、アナログな

「ドン」とマシン全体に響く音を立てます。

この快感はいまでも覚えています。

 

ピンボールには思い出が込められています。

それは小学校からの友人とのことでした。

小学5年生の時、彼は大阪へ、私は広島に

父親の転勤に伴い、転校しました。当初の

転校に対して不安を共有していた二人は、

その後も大阪と広島を相互訪問した思い出

があります。

 

その時に遊んだのがピンボールマシンでした。

 

この小説を読み、その頃のことを鮮明に

思い出しました。村上春樹の小説の好きな

ところは、それぞれのシーンの細やかな描写

や例えの多様さには思わずニヤリと笑ったり

もします。

 

その後、彼は静岡で大学時代を過ごし、大阪

で就職、結婚して、現在も住んでいます。

しばらくは会っていませんでしたが、50才

くらいから会うようになり、大阪に単身赴任

していた時代はよく会って昔話をしたりして

いました。

 

思い出と深く結びついているモノやコトに

は深く反応するものですね。

 

*********************************

このブログを50才の時に始めて早や16年。

様々なテーマで綴ってまいりました。続けられ

たのも多くの読者の皆さまのお陰です。

 

これらの経験をもとにデジタル出版をして

おります。AMAZON「旬ブックス」は

一冊¥99です。読んでいただけると幸いです。

 

また、読後の感想などAMAZONにコメント

いただけると大変励みになります。

どうぞよろしくお願いいたします。

(右上の著書をクリックください)

               渡辺俊一

*********************************

 

 

 

| | コメント (0)

2020/10/11

OODA(ウーダ)とは何?

コロナウィルス問題に代表される昨今

は企業経営に関わらず実に「不確実性」

に満ちています。

 

神戸大学大学院経営学研究科教授の

原田勉氏が企業経営の観点から、

「OODA Management」

~現場判断で成果をあげる次世代組織

 のつくり方~ (東洋経済新報社)

という本を出しておられます。

 

経営の観点だけでなく、コロナ時代の

生き方、処し方に通じる示唆に富んで

いますので、ご紹介します。例えば

前回ブログで取り上げたテニスゲーム

の組み立て方にも大いに参考になります。

 

 

今日の企業経営で大切なのは「計画」

ではなく、「スピーディに対応する

こと!変化の激しい状況に即応する

方法「OODAマネジメント」である。」

 

現代の企業経営は想定外の不確実性に

翻弄されがちだ。確実な状況の中での

マネジメントはそんなに難しいもの

ではない。計画を立て、進捗を確認し

必要に応じ、軌道修正すればいい。

しかし、不確実性の中では、スピード

が重要になる。状況は刻一刻と変化

するために、その変化のスピードに

追いつく必要がある。計画通りに動く

と「不測の事態」が生じた場合に、

どうしても「停滞」する。

 

◇OODAループが成果をもたらす

①観察(Observe)

②情勢判断(Orient)

③意思決定(Decide)

④行動(Act)

 

◇OODAループとPDCAサイクルとの違い

計画を出発点としないことが最大の違い。

OODAループでは「観察」から始まる

ただし、やみくもに観察することは効果的

ではない。顧客から発せられるシグナルを

スクリーニングする仕組みを作る。

 

◇スクリーニング化

スクリーニング化とは、顧客のシグナ

ング行動を誘発するために行う。

情報優位者が「シグナル(合図)」を情報

劣位者に送ることで、自分の優位性を

アピールすることができる。これを

「シグナリング」と呼ぶ。(ノーベル

経済学賞受賞者マイケル・スペンスの

提唱)

 

例えば、企業にとって潜在顧客に働きかけ

て顕在顧客にすることが重要だが、これは

とても難しいこと。そこで、「潜在顧客

のシグナリング行動を誘発する」という

スクリーニングの仕組化が必要となる。

(難解ですが、がまんしてもう少し読み進め

てください)

 

・それで成功したのが積水ハウスの営業

プロセス

 

展示場→データベース→納得工房

 

家を建てたい人は、まず展示場を見て回る。

アンケートに記入する。本気の人は複数の

展示場を見て回る。それが識別されれば

営業部隊から「納得工房」へ訪問するよう

に勧め、キッチンやバスタブなどの仕様を

経験してもらい、この段階になって営業

は具体的な商談に入る。

 

冷やかし客は決して納得工房は訪問しない。

こうして潜在顧客をあぶりだす。これが

スクーリニングだ。

 

◇焦点化(観察対象の選択と領域の限定)

 

・キーエンスの高収益の秘密

高収益を支える主要な要因のひとつが

高い開発力にある。同社には調査、企画、

開発プロジェクトを一気通貫ですべて兼務

する企画立案者がいる。彼らがOODAループ

を高速で回すことで、いち早くヒット商品

を生み出している。

 

多くの企業は何がどのくらいの頻度で売れた

のかといった営業情報を重視する。しかし、

この営業情報は開発にはまったく役に立たない

 

キーエンスでは開発情報を重視する仕組みが

ある。「開発情報」とは顧客の現場で製品が

どのような使用をされているのか、その課題

は何なのか、といった製品の使用状況に関する

情報だ。

 

キーエンスでは、企画立案担当者が直接

様々なユーザーを訪ね、現場を実際に観察

する。現場を観察し、そこで課題、問題点を

情勢判断する。これが新製品開発のネタに

なるのである。

 

◇「直観で判断する」の仕組み化

分析思考やロジカルシンキングは必ずしも

有効ではない。分析に時間をかけるあまり

行動が遅れては本末転倒であり、現実には

直観的判断で意識決定することが多い。

 

経験豊富な陸軍下士官の場合、経験豊富な

野戦指揮官の95%以上が直観的判断にまか

せていたことが明らかになっている。

 

リーダは「発見力リーダ」「実行力リーダ」

に分けられる。仕事がよくできる優秀な

リーダは「計画や分析を重視し、細かい

ところに目を配り、不都合があればすぐ

気が付く」タイプだ。

 

一方、「発見力リーダ」は、計画や分析

などにこだわらず、「人脈を広げ、そこで

質問することで、多様なアイディアを収集

し、関連づけ実験していく」タイプだ。

 

このように行動的、外向的な行動特性を

持っている。優れた直観的判断には

このような行動特性の裏付けが必要なので

ある。

 

◇「発見力リーダ」になるために必要なこと

・「発見力に優れた人の行動特性」

 観察、質問、実験、人脈、関連付け

・「実行力に優れた人の行動特性」

 計画、分析、細部重視、自己規律

 

行動特性とは天賦の才能や資質のことでは

ない。行動特性を変えることはいつから

でもできる。OODAループを回していく

ためには、このような行動特性を意識的

に実践していくことが求められる。

 

「情勢判断の仕組み化」としては発見力

リーダ行動特性を促進することを指す。

 

以上、ビジネスに関わったことがある方

なら思い当たる節があると思います。

私もPDCA型の限界はは肌身をもって

嫌というほど感じていました。

PDCAを入れ替えて、CAPDとしてCHECH

から始め、ACTION→PLAN→DOなどとも

いっていました。

 

日常生活の中にも「発見型リーダ」の

資質と「実行型リーダ」の資質をうまく

使い分けて、ものごとを上手に進める

ことができるような気がします。とても

示唆に富んだ文献です。

 

Dsc_1370

 

庭の山茶花が早くも咲き始めました。

秋から冬に向かっていく準備ができて

きています。

 

*********************************

このブログを50才の時に始めて16年。

様々なテーマで綴ってまいりました。続けられ

たのも多くの読者の皆さまのお陰です。

 

これらの経験をもとにデジタル出版をして

おります。AMAZON「旬ブックス」は

一冊¥99です。読んでいただけると幸いです。

 

また、読後の感想などAMAZONにコメント

いただけると大変励みになります。

どうぞよろしくお願いいたします。

(右上の著書をクリックください)

               渡辺俊一

*********************************

 

| | コメント (0)

2020/10/08

三度目の正直(優勝)

度々テニスの試合の話題を取り上げますが、

65才以上シングルスの部で今年に入り、

準優勝は二度ありましたが、

苦節「三度目の正直」で優勝することが

できました。正直大変うれしいことです。

 

フェニックス大磯秋2020 ベテランの部

65才以上の部です。一月に出場した時に

対戦したランキング70位代の選手と再び

の対戦です。その時は一回戦で3セット目

のタイブレーク4-7で敗退した格上の相手

です。私は現在417位。

 

今回はベストを出して戦おうと決意し、

臨みました。コートは大磯プリンスホテル

横の西湘バイパスに沿った、海岸縁なので、

昼間は常に海風(海岸から陸地への風)が

吹きます。したがって、風上・風下に応じ

た作戦が重要となります。

 

風上では攻撃を重視し、風を利用し球速と

勢いを使い、できるだけゲームを稼ぐ

作戦です。

 

風下では、風の抵抗を利用してアウトを

抑えた深いショットと、浅いショットを

交え、相手のミスを誘う作戦で、風上で

ゲーム奪取の確率を上げることを意識した

ことが奏功しました。

 

競り合いに弱いという自意識を少しずつ

克服していく前進があったことも収穫です。

 

Dsc_1366

 

Dsc_1362

はるか太平洋南方の台風の接近を予感させる

不気味な空模様でした。

Dsc_1363

夏のハイシーズンが過ぎやや閑散とした

雰囲気を醸しだす大磯プリンスホテル。

前回夏の大会では、家族連れがプール泳ぎ、

リゾートの休暇の香りを漂わせていました。

 

*********************************

このブログを50才の時に始めて16年。

様々なテーマで綴ってまいりました。続けられ

たのも多くの読者の皆さまのお陰です。

 

これらの経験をもとにデジタル出版をして

おります。AMAZON「旬ブックス」は

一冊¥99です。読んでいただけると幸いです。

 

また、読後の感想などAMAZONにいただける

と大変励みになります。どうぞよろしくお願い

いたします。(右上の著書をクリックください)

               渡辺俊一

*********************************

| | コメント (0)

2020/10/04

父より息子への手紙

「ビジネスマンの父より息子への30通

 の手紙」

G・キングスレイ・ウォード著

城山三郎訳

新潮社(新潮文庫)1994年発行

という本があります。公認会計士から

製薬会社の経営者になった著者は4年の

間に二度心臓を手術し死に直面します。

 

人の命には限りがあることを悟り、

ビジネスマンとして成功した様々な

経験をそばにいて手を貸してやれない

場合には当時15歳の息子に伝えようと

手紙を書きます。

 

「君に言いたいのは、人生は一回限り

だということだけである。精一杯生き

よう!」

 

◇あえて挑戦を

新しい機会に直面すると、それをさっと

受け入れることはなかなかできない。

しかし、挑戦することで人生は変わる。

試みることによって、それだけ成長できる。

 

◇成功について

失敗せずに成功した人を私は知らない。

苦しい時期を乗り越えられるかどうかが

勝者と敗者を分ける。

 

人は失敗するたびに何かを学ぶ。競争に

勝つのは、過去の競争から学んで、その

教訓を活かす人である。

 

◇惰性的な生き方には

大学一年の時に、非常にできる学生が

何人かいた。彼らの幾人かは二年生の

時には脱落していた。高校の勢いのみ

で勉学を怠っていたからである。

 

着実に努力を重ねないならば、君の失敗

率は高くなるだろう。成功する人と、しな

い人とを分けるのはこの点である。

 

◇結婚を気軽に考えないで

結婚は、自らを投入する重大な投資だ。

不幸な結婚が招く損失は測り知れない。

 

◇金銭感覚はどうなっているのか

賢い人は金持ちになれるが、人は金持ち

になると愚かになることが多い。投資に

失敗したり、明日のことを考えないで金を

使ったりしてしまう。

 

◇読書の価値

「他人の過ちから学べ。自分ですべての

過ちを経験する時間はない」この格言を

実践するには読書が不可欠である。

 

◇人生の幸福とは

人生の意味を深めるとは、質の高い生涯

を送ることである。幸運な時も不運な時

も、最善を尽くせば人生の意味は深まる。

 

幸福は、何かを成し遂げた時に得られる。

何かを成し遂げるためには、自由意志に

よる選択と態度、責任の受容と遂行、

そして常に試みようとする不屈の精神が

必要である。

 

 

私は死に直面した経験がなく今日まで

過ごしてくることができました。しかし、

最近は「死」に関することをよく考える

ようになりました。健康であってもいつ

何時、死に直面するか分からなく、その

確率が高くなる年齢に至ってしまいました。

 

自分の考えをまとめながら、身の回りの

整理は日頃から行っていく、いわゆる

「断捨離」もその一つ。シンプルにかつ

残していくものは生き方、考え方の

痕跡かもしれません。そんなことを考え

ながら読みました。「毎日が日曜日」

を書いた城山三郎氏が訳しているところ

も面白いです。

Dsc_1361

 

(わが家の「金木犀」昨年は台風の塩害

もあってだめでしたが、今年は10月上旬

の今、旬を向けて香りを放っています)

 

*********************************

このブログを始めて16年。様々なテーマで

綴ってまいりました。続けられたのも多く

の読者のお陰です。これらの経験をもとに

デジタル出版をしております。AMAZON

「旬ブックス」は一冊¥99です。

読んでいただけると幸いです。

また、読後の感想などAMAZONにいただける

と大変励みになります。どうぞよろしくお願い

いたします。(右上の著書をクリックください)

               渡辺俊一

*********************************

 

| | コメント (0)

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »