« 組織変革のこと | トップページ | 梅雨明け »

2020/07/22

ノルウェーの森

コロナ緊急事態宣言時に村上春樹氏

の小説「1Q84」を読んだことを

切っ掛けに、「海辺のカフカ」さらに

今回「ノルウェーの森」を読みました。

 

主人公「ワタナベトオル」が大学入学

した1968年で東京の私立大学の演劇

専攻。当時の時代背景や登場する曲

なども懐かしく読み進めました。

「帯文も注目された。村上自身が書いた

『100パーセントの恋愛小説』という

キャッチコピーについて本人は、

「僕はそのときほんとうは『これは

100パーセントのリアリズム小説です』

と書きたかったのだけれど(つまり

『羊』や『世界の終り』とはラインが

違いますということです)、そんなこと

を書くわけにもいかないので、洒落っけ

で『恋愛小説』というちょっとレトロ

っぽい『死語』を引っぱり出してきた

わけです」と述懐している」

(ウィキペディアより)

 

いろいろ読んでみて毎回思いますが、

シーンの描写が繊細で、例えをうまく

使い、様々なジャンルの曲を引き出し

服装、髪型、持ち物を説明していく

ことが読み手の「ちょっといいもの

に憧れ」の読み手を誘って気持ちよく

シーンを想像させるさせる極意を心得

ていると思います。

 

さらに男女の機微と性描写をリアルに

迫っていくところに魅力があると感じ

ました。

 

村上春樹作品もう少し読んでみたい

ところです。

 

715164_s

大徳寺高桐院の「雨の風情」。もともとは

「雨の中の庭」という題名で出したかった

という話や小説の登場人物「直子」が京都で

療養していたことからこの写真を選び

ました。

 

登場人物の「緑」「レイコ」「ハツミ」と

それぞれの性格が異なり主人公と織り交ざっ

ていくところが魅力的です。

 

 

 

|

« 組織変革のこと | トップページ | 梅雨明け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 組織変革のこと | トップページ | 梅雨明け »