« 外国人にささる日本史のツボ | トップページ | エッセイ「セルフ出版」 »

2020/06/12

幸せのかたち

「すべての幸福な家庭は互いに似ている。

不幸な家庭はそれぞれの仕方で不幸で

ある」

トルストイの「アンナ・カレーニナ」の

冒頭に出てくる言葉です。

 

どんな習慣が幸せに通じるのか多くの

文献を観てきました、どうも上記の言葉

が当てはまるようです。幸せのための

ポイントはかなり普遍的な共通点が

ある気がします。

 

「ハーバードの人生を変える授業」

タル・ベン・シャハー著 (大和書房)

でも10のポイントを挙げています。

ここでも多くの文献に共通する項目を

見出すことができます。

 

◆「幸せ」はどうすれば得られるか?

著者はハーバード大学で哲学と心理学を

学び、ポジティブ心理学を行動に移す

ことで、理論を自分のものとして吸収し

日常生活に取り入れることを提唱して

人気を博している。

 

1)感謝する

ある心理学者が実験を行った。

毎日感謝できることを5つ考えるグループ

は何もしなかったグループに比べ、幸福感

が高くなり、人に対して優しくなった。

この作業を「習慣化」すると、幸せになる

ために特別な出来事を必要としなくなる。

普段起こる良いことに気づきやすくなる

からだ。

 

2)運動する

心の健康は大いに運動と関連する。

運動は精神疾患の薬と同様の効果がある。

ノルアドレナリン、セロトニン、ドーパ

ミンといった精神伝達刺激物質の放出を

促す。そして運動には免疫力を高める、

寿命を延ばす、よりよい眠りが得られる

効果がある。

 

3)困難から学ぶ

特にアメリカは「幸せでなければなら

ない」という思い込みに捉われている

と批判されることがある。

その場しのぎの問題解決法や苦痛の

ない人生のための自己啓発本が売れて

いる。確かに批判は当たっている面が

ある。

 

精神科医ヴィクトール・フランクル

は言う。「人間に必要なのは何として

でも不安を取り除くことではなく、

意義の達成に使命を感じることで

ある」したがって困難を避けるのでは

なく、困難から学ぶことが大切で

ある。

 

4)すべてをシンプルにする

誰もが時間に追われている。多くの活動

を日々の生活に押し込むことで、忙しく

なりすぎている。その結果、自分の周り

ある幸せに気づくことなく過ごしている

のだ。

 

では、どうするのか?

それには生活を簡素化し、テンポを遅く

するしかない。時間の使い方を見直し

するべきことを減らし、生活をシンプル

にする。

・どの部分を簡素化できるか

・何をやめられるか

・インターネットやテレビを見る時間を

 使いすぎていないか

・仕事の会議の回数や時間を減らせないか

・断れることを引き受けていないか

過去1,2週間の行動を書き出して、その

リストを見ながら上記の質問に答えて

みる。

 

5)いいところを探す

人生においては成功することもあれば失敗

することもある。たとえどんな出来事であ

れ、そこに「良い部分」を見つけ(いいと

こ探しの名人)、成功のチャンスにできる

人は幸せになれる。あら探しの名人は、

どんなに成功しても幸せを長く感じること

はない。

 

6)悲しみに打ち勝つ

悲しいことがあった時には、感情を抑える

よりも感情に身を任せてとことん落ち込ん

だ方が早く立ち直れる。

C.M.パークスは死別に関する著作の中で

「夫を失った時に嘆き悲しんだ女性に比べ

悲しみを表に出さなかった女性は長期に

及ぶ身体的、精神的苦痛に苛まれる」

 

7)期待をコントロールする

ジェームズ.C.コリンズは「ビジョナリー

カンパニー2」の中で、ジェームズ・スト

ックデール中将の話を引用している。

中将はベトナム戦争で捕虜になった米国人

で最も高い地位にあった。過酷な環境で

生き延びるには、ふたつの特徴があると

いった。

 

第一は、置かれた悲惨な状況を無視したり

拒絶せず、真正面から受け止める。

第二は、いつの日か必ず脱出できるという

信念を持ち続ける。

 

大きな望みとその対極にあるつらい現実

との間のバランスをとることは、目標を

設定するために役立つ。

 

「やる気が最大になるのは、成功する

確率が五分五分の場合」と言われるように

「チャレンジのし甲斐があり、かつ達成

可能なものにすべき」といわれる。

その時に人は最も成長する。

 

8)本来の自分に戻る

人は友人に正直な気持ちを語る、心に

浮かぶことを「日記」につける、ただ

単に部屋で一人で過ごすなど、

「本来の自分に戻る時間を作る」と心の

平安を得られる。重要なのは偽りの気持

ちをすべて排除し、沸き上がるすべての

感情を味わうことである。

 

9)天職をみつける

・私にとって意義あることは何だろう?

・私にとって楽しいことは何だろう?

・私の強みは何だろう?何が得意だろう?

これらの質問に答えることで、天職は

何かというマクロな視点で人生を捉える

と同時に、日々の生活でどうしたいのか

というミクロな視点でも人生の道のり

を考えることができる。

 

10)未来から今を眺め、生きる

「真正面から死と向き合えば、多くの

患者は病気にかかる前よりも、自分の

あり方をしっかり意識するようになる。

多くの患者が『人生に対する考え方が

劇的に変化した』」と、精神科医の

アーヴィン.D.ヤーロムは語る。

 

そして、「今までどうして分からなか

ったのか。癌になって初めて人生が

どんなに素晴らしいか。一瞬一瞬を

大切にしていけば・・・・」人は死に直面

して初めて懸命に人生を生きるように

なる。しかし、このように人間は病気

になるはるか以前から(懸命に生きる)

知恵と能力を持っている。ただ、それ

までは、無視したり、気にかけていな

かっただけなのだ。

 

1564113_s

コロナ環境の今、ポジティブに生きるのは

大変だが、チャンスでもある・・・

|

« 外国人にささる日本史のツボ | トップページ | エッセイ「セルフ出版」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 外国人にささる日本史のツボ | トップページ | エッセイ「セルフ出版」 »