« 50代から心を整える技術 | トップページ | オンラインミーティング雑感 »

2020/05/11

ウィルスの意味論

新型コロナウィルスに対する緊急事態

宣言により、異例の一か月が経過しま

した。

 

多くの報道がなされていますが、そもそも

ウィルスとは何か?ということで、日本

ウィルス学会名誉会員、東京大学名誉教授

山内一也氏が2018年に著した書です。

ウィルスの意味論」みすず書房

 

ウィルスには「正体不明の不気味な病原体」

というイメージがつきまとう。

 

◆借り物の生命(ウィルスの奇妙な生と死)

牛の急性伝染病である口蹄疫とタバコの

葉に斑点ができるタバコモザイク病の原因

として19世紀初めに発見された。

 

ラテン語で「毒」を意味する「ウィルス」

と名付けられた。ウィルスと細菌は全く

別の存在である。

 

細菌は、細胞の中に遺伝情報(DNA)と

タンパク質合成装置(酵素)を備え、独力

で分裂し増殖できる。

 

ウィルスは、タンパク質合成装置がなく、

独力で増殖できない。だが、生物の細胞

に侵入すると、細胞のタンパク質合成装置

を乗っ取り、大量に増殖する。

 

3万年前の凍土層の土壌サンプルをアメーバ

に加えて培養すると、冬眠していたウィルス

がアメーバの内部で増殖を始めた。古代の

ウィルスがよみがえり人に病気を起こすこと

もありうる。

 

◆人工的につくられるウィルス

1980年にWHO(世界保健機構)により、

天然痘の根絶が宣言された。しかし、

ウィルスは廃棄されず基礎研究に必要との

主張や政治的思惑から、米国やロシアの

研究所に保管されており、流出が懸念

される。ウィルスのゲノム塩基配列は

公開されており、人工合成される恐れ

がある。

 

◆ヒトの体内に潜むウィルス

多くのウィルスは宿主に感染すると

すぐに増殖して病気を起こす。そして、

体外に追いやられ死に絶える。

 

その一方で、体内に潜伏し続けるウィルス

もいる。例えばヘルペスウィルスがある。

神経に潜むⅠ型単純ヘルペスウィルスが

原因で口の周りに痛みを伴う水泡が現れ

る。リンパ種の癌を引き起こすエプスタイン

・バー ウィルスなども知られている。

 

◆激動の環境を生きるウィルス

第二次世界大戦後、世界の都市化や人口

増加により、ヒト、そして家畜やペット

の環境が激変した。この変化に伴い、

ウィルスも巧妙な生存戦略で新しい増殖

の場を広げている。

 

・米国では人口増加による食糧の需要に

 対応するため養豚産業が大規模化した。

 その結果、「豚養殖・呼吸障害症候群

(PRRS)ウィルス」が世界各国に広がって

 いる。

 

・急成長した中国では、食肉需要が増加

 し、アヒルやニワトリの飼育数が急増

 した。このため「高病原性トリインフル

 エンザウィルス」が野生のカモから

 アヒル、ニワトリに感染、そしてヒト

 の新型インフルエンザに姿を変えつつ

 ある。

 

 カモとの間で数千万年も平和に暮らして

 いたウィルスは20世紀に、カモ→アヒル

 →ニワトリ→ヒトという思いがけない

 経路を見つけ、ヒトの新型インフルエン

 ザウィルスに姿を変えようとしている。

 

現在のわれわれの周囲に存在するウィルス

の多くはおそらく数百万年から数千万年に

わたって宿主生物と平和共存してきたもの

である。人間社会との遭遇は、ウィルス

にとってはその長い歴史のほんの一コマ

にすぎない。

 

しかし、わずか数十年の間にウィルスは

人間社会の中で、それまでにない経験を

するようになった。われわれにとっての

激動の世界は、ウィルスにとっても同じ

なのである。

 

ウィルスとは何なのかの基本を今更ながら

学んでみて、今から十年前に突如、ヘルペス

に見舞われたことを思い出しました。

小さい頃掛かった水疱瘡ウィルスが何と!

40年潜んでいて、ストレスが溜まり、免疫

力が下がった時に、おもてに現れてくる

という恐怖を味わいました。

 

急速に拡大した私たちサピエンスに対して

ウィルスも環境変化に合わせて姿を変えな

がら適応し始めたということでしょうか。

 

今回の新型コロナウィルスで、例えば後世

にBC(コロナ前)、AC(コロナ後)と区別

されるように、今までのグローバルな社会が

変化を余儀なくされる様を感じながら生きて

いかざるをえないことになるかもしれません

・・・

 

Dsc_1331

Dsc_1330

アンクル・ウォルターという種類の薔薇

巣籠り生活では、特に園芸が楽しみを

与えてくれる

ちょっと光線の加減で表現しにくいが

何ともいえず深紅が美しい

このお嬢さんたちは結構、棘があって

気難しい・・・

コロナウィルスにはかからないが、いろいろ

環境には文句を言ってくるし、病害虫からは

守ってやらないと、すぐ萎れる

こんな感じで、擬人化して楽しんでいる・・・

 

|

« 50代から心を整える技術 | トップページ | オンラインミーティング雑感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 50代から心を整える技術 | トップページ | オンラインミーティング雑感 »