« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月の投稿

2020/03/28

「欲望を見つめなおしたい」

新型コロナウィルスの影響で土日が

外出自粛になりました。家で過ごして

いる人が多いことでしょう。

 

産経新聞の3月27日朝刊「モンテーニュ

との対話」という記事がシリーズ(隔週)

で掲載されています。

欲望をテーマにしたこの記事は示唆に

富んでいます。

 

対象の図書は以下です。

「ある一生」(新潮社)ローベルト・

ゼーターラー(オーストリア)

2014年に刊行されドイツ語圏中心に

80万部売れたそうです。

 

評者ドイツ文学者の池内紀(おさむ)氏

「あらゆる欲望装置のそろった現代

にあって、すべて他人との比較でなり

たつ社会にあって、このような孤独者

の物語が成立するとは!」

 

モンテーニュも「我々の欲望は、その

手元にあるものには眼もくれず、それ

を飛び越えて自分が持たないものを

追いかける」(第二巻第15章)

 

欲望は文明創造や世界を豊かにする

経済活動のエンジンであることは

まぎれもない事実ですが、欲望との

付き合い方は人類にとってはるか昔

からの難問でした。

 

「欲望に生きる者は、必ず欲望に裏切

られ、下手をすると破滅する」という

のもまたよく言われます。

 

「ある一生」とは、

私生児として生まれた主人公エッガー

は母を亡くしたため4才の1902年

アルプスの農場に引き取られる。

 

冷酷な養い親に酷使され、鞭で打たれ

ながら毎日を過ごし、ある時に鞭で

足を骨折しながらも懸命に生き抜き

成長して家を出て、自活する。

 

スキー場開発のさなかロープウェイ

会社に雇われ、食堂で働く女と結婚

したものの、雪崩で妻ごと自宅が

のみこまれてしまう。

 

やがて、ヒトラーの戦争に巻き込まれ

ソ連に捕虜として送られ、8年を過ごす。

 

帰郷した後はあらゆる半端仕事を請け

負って暮らし、やがて山岳ガイドとし

て生計を立てる。

 

79才になったエッガーは、おおむね

満足のいく人生だったと感じながら

自宅の小屋で息を引き取る。

 

産経新聞文化部の桑原聡さんはこの本

を読んだ後、「言いようのない充足感

に包まれ、気がつけば心は凪いでいた」

といいます。

 

◆誰にも奪えぬそれぞれの瞬間

<エッガーが生涯心に留めていた言葉>

「人の時間は買える。人の日々を盗む

ことはできるし、一生を奪うことだって

できる。でもな、それぞれの瞬間だけ

は、ひとつたりとも奪うことはできない。

そういうことだ。さあ、とっと出ていっ

てくれ!」

 

どんな人生であろうと、自分が主人公

の美しい瞬間や歓喜の瞬間は数え切れぬ

ほどあるはずだ。その瞬間を味わうこと

ができたなら、エッガーのように人生を

振り返ることができるだろう。

 

それができないのは、欲望に起因する

際限のない不満足感と将来への不安に

さいなまれ、それを解消するために

「いま」という貴重な時間を消費して

いるからだろう。

 

欲望を自粛が求められるコロナ渦を、

自身の欲望を見つめなおし洗いなおす

機会にできるといいのだが。

 

桑原記者は、今、週末を庭仕事と読書

音楽鑑賞で過ごしているそうです。

オーストリアの重厚な交響楽の作曲家

アントン・ブルックナーの4番から9番

を聴きながら紹介した記事を執筆して

います。

 

いいですね~♬

 

私もちょっとあやかって猫の額庭いじり

とブルックナーの4番を聴いてブログを

書いています。実はこの重厚な響きの

あるこの交響曲シリーズが大好きな

もので・・・

 

何でも中止の昨今、元氣をなくさない

ように、かつ内省的に過ごすのも悪く

ないか・・・・

 

大事なのは「今」「今」「今」・・・を

どう味わい、生きるかだ

 

99b111ba8486810b9854e962380c8feb_s

 

| | コメント (0)

2020/03/23

幸せのサイエンス

前野隆司さんという人物がいます。

慶應義塾大学大学院システムデザイン・

マネジメント研究科教授です。

18年にサイボウズ社のセミナーで青野

社長との対談を聞いた時に初めて知りま

した。

 

今よりも充実した幸福な人生を送るには

どうすればいいのか?ポジティブ心理学

を研究する工学者が幸せのメカニズムを

解き明かし、より幸福になるためのヒント

を教える「実践 ポジティブ心理学」

(PHP研究所)から要約します。

 

私も一貫して「ポジティブ・シンキング」

について関心をもってきました。何でも

ポジティブに捉えることが表層的な

セルフィシュな思い込みを促進したり、

様々なビジネスに利用されたりと現在

ではやや手垢がついた語感を感じます。

 

様々な思惑から離れて本質的な要素に

迫りたいと思います。

「ポジティブ・シンキング」と「ポジ

ティブ心理学」とは異なるようで、

前者はとにかく前向きになろうという

もので後者はポジティブもネガティブ

も両方認めようというものだ。

ここは重要なポイントで長年サクセス

クラブを運営してきて、しみじみ感じる

のはここです。

 

◆well-being とresillence

ウェルビーイングは直訳すると健康・幸福

である。「心身とも充実した、よりよい

状態」を指す。ポジティブ心理学を知る

上でもう一つの柱になるのは

「レジリエンス」である。レジリエンスは

回復力を意味する。あらゆる状況に対して

の反応を制御し、逆境から立ち上がる能力

と定義される。

 

レジリエンスを高めるためには、思考の

柔軟性が必要で、厳しい状況でもネガテ

ィブな面だけでなくポジティブな面を

見出すことのできる人こそが逆境を

乗り越えられる。

 

また、起こったことに対して一喜一憂

し過ぎないで感情をコントロールする

力や、自分の力を過小評価しない

自尊感情、楽観性なども大きく関係

する。

 

◆マインドフルネス

今ここに心を集中する。自分が感じて

いる感情をや思考を判断せずに冷静に

観察している心の状態をいう。

このようなポジティブ心理学方法論

を実践し、瞑想等で心を整えて

不安を小さくして、やりがいや自己実現

といった動的な幸せも含めていく。

 

◆幸せの4つの因子

①「やってみよう!」因子

(自己実現と成長の因子)

身の丈に合った小さな夢や、身近な

目標を持っている

 

②「ありがとう」因子

(つながりと感動の因子)

人に感謝したり、親切にしたりする。

また、友達が多い

 

③「なんとかなる!」因子

(前向きと楽観の因子)

ありのままの自分を受容できる。

悪いことが起きても「なんとかなる」

と楽観的かつ前向きに捉えられる

 

④「ありのままに!」因子

(独立とあなたらしさの因子)

「自分はこれをやりたい」という明確

な目標を持ち、他人を気にせずやる

 

◆実践のためのエクササイズ

一週間、寝る前にその日にあった3つ

の良いことを書き出す

 

口頭や手紙で、感謝の気持ちを人に

伝える

 

③ネガティブなことを列挙して、

ポジティブなことに書きなおす

 

Dsc_1275

(昨年仕込んだチューリップが

 もうすぐ花開く 春だ・・・)

| | コメント (0)

2020/03/12

メンターの死

メンターというのは、ビジネス界でも

最近よく使われ、定着している言葉です。

1980年代人財育成制度として、米国

から入ってきたように思います。

 

もともとは、以下の由来があります。

メンターは、トロイア戦争後の

オデェッセウス(Odysseus)王の流浪を

歌ったホメロス(Homer)の叙述詩

『オデュッセイア(The Odyssey)』の

登場人物である「メントール(Mentor)」

という男性の名前にその語源があります。

このメントールという男性は、

オデュッセウス王のかつての僚友であり、

王の息子テレマコス(Telemakhos)の教育

を託された賢者」

(㈱スマートビジョンHPより)

 

私にとっては今までのところ三人の

メンターが存在しています。

その一人である田口誠弘さんが先日

亡くなりました。

 

サクセスクラブの創設者の一人でもあり、

当時米国から導入されたP.J.Meyer

(ポール・J・マイヤー)のSMI(サクセス・モチベーション

・インスティチュート)の考え方を参考に勉強会

を開きました。

 

「鮮やかに想像し、熱烈に望み、

心から信じ、魂をこめた熱意を持って行動

すれば、何事も実現する」(P.J.M)

という当時の私としては、その率直で

力強い考えに驚きをもって聴き入りました。

 

会社員出身で退職後も情報や知識を貪欲に

吸収し、発信するお姿は私に大きな影響を

与えました。

 

サクセスクラブは任意団体の勉強会組織

ですが、創設以来四半世紀、様々な経緯が

ありますが継続し、現在私が代表幹事を

務め今日に至っております。

 

現在は率直に悩みや夢を語り、シェアし、

互いに助言するという運営です。互いに

利害を持ち込まず、非日常空間を作る

ようにしております。

 

その理論的指導者でもあり、適切な

助言者だった田口誠弘さんには

心より感謝をしたいと思います。

 

81年の人生の晩年は、キリスト教の

信仰に帰依し、心の安寧を得ながら

ご家族とともに地域社会、信仰に

生きておられました。

 

教会での告別式では、牧師さんや

信者の方からご本人のことについて

心を込めた詳しいご紹介があり、

田口さんの今まで知らなかった

側面を理解できました。

 

合掌…

 

 

 

| | コメント (0)

2020/03/07

脳機能低下を憂う

こう書いてしまうと「認知症」のように

響いてしまいますが、最近の記憶力や

認識機能の低下には自ら驚くほかあり

ません。

 

人やものの名前、漢字の「物忘れ」や

ひとつひとつの所作においても勘違い

や十分な確認をせずに間違えてしま

ったり、忘れたり・・認知機能の低下

現象が徐々に増えています。

 

記憶については海馬の委縮によるもの

でしょうが、全般「脳の機能低下」と

捉えるしかありません。日頃の生活に

困らないように対策はないかと、何と

なく考えていると、先日百均ショップで

「ナンプレ」なる本を売っているのが

目に入りました。

 

何のことはない「数独」(すうどく)の

ことなのですね・・・

 

「数独」という呼称は「数字は独身に

限る(すうじはどくしんにかぎる)」の

略語で、日本国内においては日本の

パズル制作会社ニコリの発行するパズル

雑誌『パズル通信ニコリ』をはじめと

した、同社の関与する媒体で使用され

る名称。

 

同社によって商標登録がされており、

日本国内においては同社が制作に

関与していないものについては

「ナンプレ(ナンバープレース)」

等の表記が使われている。

 

遊び方は、

・空いているマスに1〜9のいずれかの

 数字を入れる。

・縦・横の各列及び、太線で囲まれた

 3×3のブロック内に同じ数字が複数

 入ってはいけない。

 解法は

 ・一つのマスに注目して、そのマス

  に入る数字を限定する。

 ・一つの列(または3×3のブロック)

  に注目して、特定の数字が入るマス

  を探す。

 基本的な問題はこの2つで解くことが

 可能である。」

(ウィキペディアより引用)

 

とてもシンプル!

脳活性化になるといわれていますが、

直接老化対策になるかどうかは分かり

ません。

 

初級編を空いた時間にやっていますが、

なかなか大変で、後半に次々と解明

されていくときの快感が癖になります。

だんだんコツを習得してきました。

 

それでも目標時間の3倍近くかかります。

今まではパズルにはあまり興味がなか

ったのですが、やってみると面白い

ものです。ただし、明るい照明の下、

度の合った眼鏡を使ってやらないと

頭が痛くなります・・・

 

老化対策は大変だ~

C4eb0974a5f7d494a141d7468cde1680_l

| | コメント (0)

2020/03/04

自粛ムードの中

3月から学校も休校になり、コンサート

スポーツ試合等々あらゆることが、中止、

延期で「自粛ムード」となっています。

 

過去にも何度かありました。昭和天皇崩御

の前、阪神大震災、東日本大震災等過去の

不幸なできごとを思い出します。

 

その時、ボランティアで活躍される人、

募金で協力する人、様々です。今までは

見える脅威に対してでしたが、今回は細菌

という見えない敵への防衛です。

 

私も定年後ではありますが、少々の仕事に

関わっています。会議、出張、懇親会と

あらゆることが中止となり、スケジュールが

3月中ぽっかりと空いてしまいました。

 

そんな自宅に籠る時間が長い時、そのこと

をどうとらえるかは大事だなと自覚して

います。さあ、どこに目を付けようか??

 

◆まずは今年やりたいと思っているけれど、

 普段なかなか手が付けられないこと・・・

①kindle本の執筆構想

 今まで3冊は「定年後もの」1冊はデジタル

 出版のノウハウ本、サクセスクラブの

 ベースになった本2冊手掛けてきました。

 

 さて、ちょっと目先を変えようかな・・・

 エッセー風の文章にも挑戦してみようか・・・

 3月に構想をまとめてみよう(今年前半)

 

 後半は「定年リボーン(2)」(続編)でいこう

 かな? (1)ベースの経験から半年~一年の

 ネタを仕込もうか・・・

 

 19年は2冊ものにしたいと考えています。

 プロモーションもちょっと工夫がいるかな?

 

②高橋手帳の「第24回手帳大賞」応募

 3月末締切なので、タイムリーです。

 言葉に対する感覚を磨く意味でもいいかも

 あなたの名言大賞に100万円!

 「手帳大賞 応募」 検索です。

 

③日美展 色鉛筆絵画応募

 2019年は出せませんでした。やはり感動

 の場面があって、それをどうしても人に

 伝えたいという情熱がないと書けないもの

 です。過去5回ほど応募しました。今年は

 何のテーマでいこうか?

Dsc_1267

庭のシンビジュームがやっと咲いた

これから春に向け花々が次々にリレーする

楽しみだ・・・

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »