« スティーブジョブズ最後の言葉 | トップページ | テニス対外試合 »

2020/02/23

SELFISH

SELFISHは通常辞書で引くと

「自分のことだけを考える傾向が

顕著であること。利己的。他人

を犠牲にしてもでも自分にとって

の快や利益を追求すること」という

ニュアンスがついてまわります。

 

人としての魅力を高め、仕事や

生活を充実させるには?という

普遍的なテーマをパーソナル・

コーティングの祖、トマズ・J・

レオナルドの著書

SELFISH (祥伝社)から要約して

みます。

 

◆信じられないくらいSELFISH

 になれ!

「本当の自分」を出さなければ、

そこには何もなく、人を惹きつける

ことはできない。

SELFISHの一般的な見方を変え、

「自分本位」という言葉に対して

新しい考え方を身につける必要が

ある。

 

昔人が群れをなして生活していた頃は

何をするのも共同作業だった。自分の

ことしか考えない者は危険分子とみな

されてきた。しかし、文明が発達すると

専門家が現れてくる。専門家が役に立とう

とすると、刈りや農作業から解放される

必要が出てきた。

 

こう考えていくと現代はSELFISHに

なることが許されてくる時代になって

いるともいえる。

 

人はSELFISHになると自分の才能を

高めることに専念でき、進歩の要諦と

もなる。

 

◆未来というコンセプトを捨てる

人が本当に輝いているのは、未来において

ではなく、「現在」「この瞬間」である

ゴールに取りつかれると、現在より未来

のことに夢中になってしまう。魅力的な

ゴールを諦め、「現在」「この瞬間」を

大切に生きることで、自然と良い未来が

近づいてくる。

 

結婚すること、金持ちになること、偉大な

人物になること、いろいろなゴールがある

が、これらに惑わされて自分を見失って

はならない。そして、「目の前の時間を

味わい尽くす」のだ。

 

現在という与えられた時間を精一杯大切

にして生きていると、苦労せずとも良い

未来の方が勝手に近づいてきてくれる。

 

◆あらゆることに根本的に対応する

過剰な反応をする代わりに、根本的な

対応をすることで、あなたは進化し

もっと魅力的になる

すなわち必要以上に感情を押し殺して

ていると心と身体が乖離し、その結果

充分な自己認識ができなくなる。

自己認識こそ、実は進化の鍵なのだ。

感情を無理に抑制するのをやめ、

そこから貴重な学びを得て、内なる

自分自身ともよりよい関係を築くこと

が重要なのだ。

 

◆周りに絶大な影響を与える

人と心で触れ合うほどあなたの魅力は

大きくなる

人と心で触れ合い、相手を輝かせること

ができる人は魅力に富む。「相手の話

をよく聞き、特別な才能を見つけて

褒める」と、相手にポジティブな影響を

与えることができる。

 

◆自分の才能を堂々と売り出す

自分の才能を安売りしていては、魅力は

花開かない

自分自身を売り出すのが上手な人は、

より多くのチャンスをつかめる。自分を

売り出すには「他の人に自分が何を与え

ているかを正確に知る」ことが大事で

ある。

 

◆控えめに約束し、期待以上の成果を

 もたらす

期待を超える成果を出し続ければ、

新しい顧客が向こうからやってくる

仕事を引き受ける際は、その成果の

期待値を下げておく。自分が約束した

仕事と最終的な成果の差が大きいほど

相手に驚きと深い感銘を与える事が

できる。

 

◆細部にこだわりつくす

見え透いたものより、細やかで微妙な

ニュアンスがあるものに魅力は宿る

小説家や映画監督は「神は細部に宿る」

とよく口にする。

細部へのこだわりが50%、システムを

整えるのが48%、そして大きなビジョン

を描くのが2%が魔法の配合だ。

 

◆自分の最大の弱点を肯定する

自分の一番いやなところを受け入れら

れれば、他人に対しても寛容になれる

自分の欠点を改善しようとせず、愛し

受け入れる。そうすれば、自分の中の

素晴らしい価値が見えてくる。さらに

他人の弱点が気にならず、受け入れられ

るようになる。

 

いかがですか?日頃の内面の葛藤という

暗雲が消え去って青空が見え、明るくなる

ような気持になりませんか・・・

Dsc_1254

沖縄 ザ・サザンリンクス ゴルフクラブの

海越え名物 OUT8番ショートホール

|

« スティーブジョブズ最後の言葉 | トップページ | テニス対外試合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スティーブジョブズ最後の言葉 | トップページ | テニス対外試合 »