« ルクソール西岸 | トップページ | ヨーロッパ文明の3要素 »

2019/12/12

エジプトからのメッセージ

Dsc_0972

ギザの3大ピラミッドとスフィンクス

同時に入った、絶景スポットです。

 

グラハム・ハンコックが描いた

「神々の指紋」他を二十年くらい前に読み

あさった私としては、今回の旅でエジプト

の古代文明の先進性を改めて感じたもの

となりました。

 

有名な東西南北の正確性や内部の建造物

には改めて驚きの連続でした。

 

エジプトは8,250万人(2013年)で

0才~14才33%、15才~64才62.7%

65才以上4.3%と大変若い人口構成の国

です。それだけに若者の失業などの問題

が2011年の騒乱につながりました。

観光地を巡っても中学生を中心に

エジプトの若者に大変多く会いました。

 

旅行中ガイドさんが教育へ投資をして

いく必要があると強い思いを持つのも

納得です。

 

そういえば、アブシンベル神殿に行く

途中のサハラ砂漠の中の高速道路

沿線に灌漑を行い農地化、大学建設、

住宅地建設の風景を見ることもでき

ました。

 

人口構成からも可能性を感じるものです。

また、ガイドさんから日本の方へという

メッセージがあり、

「なぜ高度な文明のエジプトが今日

 こんな状態なのか?それは、二千年

 前に他国に征服されて以来、ずっと

 他国支配の状態だったからです。

 ですから、自分の国はどんなことが

 あっても守り抜くことが大切です。

 特に歴史があり、高度の文化、高い

 礼節意識の日本の方々に申し上げたい

 ことです。」

という言葉に旅行者もぐっとこみあげる

ものがありました。

 

Dsc_0962

スフィンクスの足元まで特別に入れ

ました。かぶりつき・・・

Dsc_0981

エジプト考古学博物館

100年以上の歴史があり、近々新しい

ものが建設されるそうです。

 

他国を旅行することは、同時に日本の

ことを考えることでもありますね。

 

これにてエジプト旅行3回シリーズを

終えます。

 

<<<<クリスマス無料キャンペーン>>>>

◆旬ブックス◆

 2019年12月20日(金)17:00(日本時間)

 ~12月25日(水)16:59

①「会社員が定年後充実した生き方をする

  ための四つの習慣」

 ~会社員のための五十才からの生きかた~

 

②「『定年後』憂鬱を感じたら」

 ~ある定年退職者のケース~

<<<<クリスマス無料キャンペーン>>>>

|

« ルクソール西岸 | トップページ | ヨーロッパ文明の3要素 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ルクソール西岸 | トップページ | ヨーロッパ文明の3要素 »