« 再考「二宮金次郎」 | トップページ | ネフェルタリ »

2019/11/22

「依存症ビジネス」のつくられかた

最近外出先で見かける光景。

誰もがスマホ片手に暇さえあれば、

見つめ続けている姿。どうしても

気になります。本ブログでも度々

取り上げましたが、いろいろな側面

から見てみたいと思います。

 

有害な行動を繰り返さざるにはいら

れない。新らしい依存症「行動嗜好」

スマホ、ゲームなど身近にあるテク

ノロジーがもたらす現代の病について

説く。「僕らはそれに抵抗できない」

アダム・オルター著 ダイヤモンド社

の要旨をご紹介します。

 

◇自分の商品でハイになるな!

アップルのイベントでiPADを発表し

たスティーブン・ジョブズは2010年

に言った。「このデバイスにできる

ことはまさに驚異的です」

 

しかし、彼の子供にはiPADを使わせ

てはいない。IT業界の大物たちは

このようにテクノロジーを広める

一方その弊害を感じているのだ。

その理由は二点。

・依存症は特殊な人間だけがなるの

 ではない。環境と状況によって

 誰にでも起こる。

・自分たちが売っている製品は、

 ユーザが夢中になることを意図的

 に狙ってデザインされていることを

 知っている。

 

◇現代人に広がる「行動依存」

スマホは私たちから何を奪うか?

もちろん第一は時間だ。アプリ開発

をしているケヴィン・ホレーシュは

一日のスクリーン使用時間を追跡する

アプリを開発し試した。その結果

一日3時間。手に取る回数は39回。

「僕は家族との時間が十分取れて

いないと最近感じる」

このように意識していない人は、

もっとの時間を費やしているかも

しれない。

 

でもそれだけでない・・・ スマホは

たとえ使わなくても、そこにあるだけ

で人間関係を損なう。スマホの向こう

の世界を常に思い出しているので、

目の前の会話に集中できない。

 

・一緒にいるのに一人

「ママは夜ご飯の時、ほとんどiPAD

をしている」「ママに遊ぼうと言って

いるのに、ずっとスマホでメールを

打っているの・・・」

子供に与える影響は大きい。コミュニ

ケーションと愛情の問題だけでなく

幼児は親の目線を追うために集中でき

ない子供を育てることになる。

 

・ウェアラブル端末の進化が、運動

依存症を加速させる

私も付けているが、ウェアラブル端末

はメールの着信を教えてくれたり

心拍、血圧数を計測している。

素晴らしい機能だが気にしすぎると

「運動依存症」に陥る。

適度なところで手を引くことが

難しくなり、強迫観念が増して、もっと

もっとと、どちらが主体か分からなく

なっていきやすい。

 

◇新しい依存症「行動嗜癖」

何らかの悪癖を常習的に行う行為を

「行動嗜癖」という。

例えばドラマを一気に何話分も観る、

スマホを頻繁に覗くなどで、薬物など

の物質依存症とよく似ている。脳の

同じ領域を活性化させ、刺激が欲しい

など同じニーズによって深みに嵌る。

<行動嗜癖の6つの要素>

①手を伸ばせば届きそうな魅力的な

 目標がある

②予測できない頻度で、報われる感覚

 がある

③段階的に進歩・向上していく感覚が

 ある

④徐々に難易度を増していくタスク

 がある

⑤解消したいが解消されない緊張感

 がある

⑥強い社会的結びつきがある

 

◇新しい依存症に立ち向かうために!

①子供は大人より依存症になりやすい。

 だから、子供を長時間デジタル

 デバイスで遊ばせない

②スマホやパソコンを、自分の手の

 届く範囲から物理的に遠ざける

③行動嗜癖を逆手に取る

 例えば、子供が嫌がる歯磨きを

 ゲーミフィケーション(ゲーム化)

 することで行動を促す

 

携帯PCやスマホでインターネットアク

セスが可能になり、連絡手段がモバイル

なメール、SNSとなって10~20年弱、

ほぼ全員が持つようになってきた今日、

健全なモバイルとの距離感のステップ

アップがそろそろあってもいいと

感じる今日この頃です。

 

C139632ad01f39097bb28628befc5474_s

 

 

|

« 再考「二宮金次郎」 | トップページ | ネフェルタリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再考「二宮金次郎」 | トップページ | ネフェルタリ »