« 20字に削ぎ落せ | トップページ | サブスクリプション »

2019/09/22

よい休息

役職離任後や定年後は時間の余裕ができて

きます。しかし、時間に余裕ができること

と、充実した時間を過ごしていくことは

別問題というか、ほとんで相関しないこと

に気づいてきます。

 

私自身退職後、それ以前に期待していた

多くのことにしっかり取り組めているか

というと、大いに疑問が残ります。

それは、時間配分や集中できる環境

いかに工夫して作るかに問題があるよ

うに感じています。

 

それは、やりたいことが見えていないと

いうことを除外して、時間の過ごし方を

「集中」という観点の逆方向から考えて

みたいと思います。読書の秋第三弾!

 

「よい休息は、よい働きにつながる」

こう綴るのは「よい休息」

アレックス・スジョンーキム・パン著

(日経BP社)

さあ、始めます。

 

◇創造性を刺激する・維持する「休息」

多くの人はいかに働くかには興味が

あるが、いかに休むかについては

あまり考えないようだ。

多くの著名クリエーターは早朝に仕事を

し、日中には散歩や昼寝をして、エネル

ギーを回復させている。このような

「戦略的休息」を取ることで、課題を

より創造的に、より効率的に解決できる。

 

◇4時間

仕事を中心の生活をしていても、必ずしも

仕事に没頭して一日を過ごしていたわけで

はない。

 

チャールズ・ダーウィンは、朝食後8時に

書斎に入り、9時半になると郵便物を見たり

手紙を書き、10時半になると本格的な研究

を開始。正午には散歩に出かけた。そして

19冊の本を書き上げた。

 

アンリ・ポアンカレ(数学者)は最も頭を

使う思索の時間帯は午前10時から12時と

午後5時から7時だった。

 

◇朝の日課

スコット・アダムス(漫画家・米国)

毎朝5時に起きて、コーヒーとプロテイン

バーの朝食を取り仕事部屋で有名な

「ディルバート」を30年間描き続けた。

「最初の4時間は数分のように過ぎて

いく」その後は「創造性が枯渇始しめる」

そして正午にはジムで運動する時間となる。

 

多くの創造的な仕事をしてきた人々は

早朝や夜明け前から仕事を始め、そして

各々の日課を守る傾向にある。

 

◇歩く

セーレン・キルケゴール(哲学者・デンマーク)

「私は歩くことで最善の考えに達した」

述べた。

 

スティーブン・ジョブスは、緑の多い街路

でウォーキング会議を行った。現代の職場

では座ることが多すぎて、血の巡りが悪く

なり、脳の回転も遅くなると医者のテッド・

エイタンはウォーキング会議を勧める。

 

◇中断

アーネスト・ヘミングウェイは「次にどう

なるかわかっている時に、その日の仕事

を終える」この先の展開が見えるエネル

ギーが残っている時に仕事を終えると、

翌日始めやすくなる。執筆の途中で終え

ると、潜在意識はそれをずっと考え続け

る。「だが、意識したり考えたり、思い

悩んだりすると、書き始める前に、脳が

疲れて先に進まなくなる」と述べた。

 

◇回復

ドワイト・アイゼンハワーは1942年6月

欧州戦域連合軍最高司令官に任命された。

一日に15時間から18時間働いたという。

彼は息を抜くために「隠れ家」を見つける

よう側近に命じた。ロンドン郊外の森の

中にある目立たない家を見つけ、そこで

の時間を楽しんだ。もちろん当時は厳秘

とされた。

このようなことを社会学者は「分離」と

呼び、仕事を忘れて他のことに没頭する

ことが心身の回復に極めて重要だいう。

 

◇ディープ・プレイ(深い遊び)

ウィンストン・チャーチルは絵を描く

ことがディープ・プレイだった。

1915年ガリポリの戦いで敗れ、責任

をとって海軍大臣を辞した後、絵を

描き始めた。

このように幾重もの意味と個人的な

重要性を持つ遊びのことを指す。

 

◇長期休暇

「サバティカル」(長期休暇)は創造性

を再充電し、新しいアイディアを発見し

現在の仕事の突破口を見出す上で有益だ。

ビル・ゲイツは毎年一週間、仕事だけで

なく、家族や友人からも離れ、ワシントン

西部の小さな別荘で過ごした。

1995年にはインターネットの重要性や

2004年にはワイヤレス・テクノロジーの

文献に没頭して過ごした。ウェブブラウザ、

タブレット、オンラインゲームへ進出する

契機を「思考週間」から生み出した。

 

このように多くのCEOが休暇をとって、

社内の政治的圧力、多数の小さな決定、

数分ごとに降りかかってくる難題から

離れることで、自社や産業をより広い

視野から見られるようになることに気

がついた。

 

とても刺激を受けました。何となく時間

を使ってしまうということは、集中する

ことなく過ごしてしまうことを意味し

ます。「集中」するためには、メリハリ

をつけた「よい休息」を取る必要があり、

「よい休息」を過ごそうと思えば、集中

することにつながるという

「逆も真なり」!

 

 

<<<読書の秋 無料キャンペーン>>>

『定年後でもできる!

     Kindle本「セルフ出版」』

2019年9月21日(土)16:00~

     9月24日(火)15:59迄の3日間

無料でダウンロードできます。

セルフ出版を考えている方は必見!

<<<<<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>>>>>>

F28369d775d204702c01eb8efb3f8eed_m

 

 

|

« 20字に削ぎ落せ | トップページ | サブスクリプション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 20字に削ぎ落せ | トップページ | サブスクリプション »