« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月の投稿

2019/07/26

ソーシャルメディアの本質(下)

前回(ソーシャルメディアの本質(上))に

続きます。

 

◇BUMMER(バマー)マシン

私は、デジタル世界をすべて捨て去るべき

だとは思っていない。その多くはとても

素晴らしい。問題は他人を思い通りに操る

ビジネスモデルにある。今のデジタル広告

企業は、ユーザ一人ひとり行動を変えたか

どうかを刻々と評価し、各ユーザのニュース

フィードに配信される情報には微調整が

加え続けられる。

BUMMER=Behaviors of Users

               Modified, and Made into

               an Empire for Rent

 

◇BUMMERの6つの特徴

①注目を集めることに熱中させ、

 最低の人間を世に蔓延らせる

オンラインになると、不可解で下劣な

振舞いをする人がよくいる。なぜか?

最低の人間ほど注目されるからだ。

 

②人々の生活を監視する

今やだれもがSF小説そのものの監視

社会を生きている。ほとんどの場合、監視

はスマホを介して行われ、一人ひとりの

趣味、行動、他社との関わりのデータが

常に収集されている。

 

③コンテンツを無理やり押し付ける

押し付ける・・とはあなたが見るべきものを

アルゴリズムが決めているという意味だ。

 

人間は本来社会的知覚を頼りに暮らす。

つまり私たちは他人の反応に注目し、それ

を参考に暮らす。だが、誰もが自分だけの

世界を見ている現在、私たちが周囲に出す

シグナルが相手に伝わらなくなってきている。

 

公共の場にいる時を考えてみるといい。

誰もがスマホを見ているとき、周囲の人が

何をしているか分からない。スマホをどこか

にやらない限り、共通の世界を創り上げられ

ない。

 

④人々を操縦し、できる限り不快な行動

 をさせる

操縦の目的は人々をオンラインにもっと

縛りつけることだ。だが、それだけでは

ない。

 

例えば電子機器で読書をしている時、

その行動は他の人々の読書行動と比較

され、分析される。そして、あなたと

読書行動が似ている人が、ある広告を

見てそれを買ったなら、あなたにも同じ

広告が配信される可能性が高い。

 

⑤悪意ある最低最悪の誰かが人々を操る

 のを手助けして、利益を得る

BUMMERによる操縦の威力はかなりの

ものだ。そのために企業や政治家にとって

BUMMERへの支払いを渋ることは自殺行為

だ。世界規模の恐喝が行われているような

もので、支払額は世界的に高まっている。

 

⑥偽物の暴徒と偽物の社会

BUMMERはフェイクパースンを育てている。

あなたもオンラインで関わっている。

 

例えば、高評価のレビューが多いという

理由で何かを買った時、その好意的な

レビューの大半は存在しない人間による

ものだ。検索エンジンで医者を見つけた

時も、その医者が検索上位に表示されたの

は、その医院に関わりのあるフェイクパー

スンがたくさんいるからだ。

 

◇失われた「心の理論」

その人がどんな体験をしたかをもとに、

相手を理解する能力のことを「心の理論」

と呼ぶ。理論を持つ人は他人の頭の中で

何が起きているかを自分の頭で想像する

ことがきる。

 

誰かの表面的な行動だけをみて、どんな

体験がその人にその行動を取らせている

のかわからなければの誰かに対して

心の理論を働かせることはできない。

 

BUMMERは人々を誘導してその記録の

普遍性を破壊するノイズを追加させる。

例えば、警官が発砲する直前の映像を

撮影した動画があれば、BUMMERに

導かれ、様々に編集され、一部が削除

され、故意に意味を捻じ曲げられた

動画が延々と投稿され続ける。

 

そのように私たちは自分以外の人が何を

見ているのかかつてないほど見ていない。

お互いを理解する機会がすくなくなって

いる。

 

◇アラブの春

当時シリコンバレーの人々は自分たちの

手柄だと考えていた。フェイスブック革命

とかツイッター革命といってカイロの

広場で独裁政権と対決する様子を画面

で見ていた。

 

民主主義という言葉が安易に飛び交った。

オンラインの力が世界を良くするとシリ

コンバレーの人間は考えた。

 

しかし、その後エジプトはどうなったか?

権力を握ったのは過激な政治家で、立ち上

がった若者で人並みの仕事を得たものは

ほとんどいなかった。

 

◇BUMMERの天国

BUMMER企業のエンジニアの中に、企業

にとっての最優先事項は同世代の人類へ

の貢献ではなく、将来地球を受け継ぐこと

になる人工知能の開発であると信じるもの

が多い。

 

彼らが監視し、行動修正の方法を検証し

続けているのは、恐らく将来のAIの知能

モデルを収集するためだ。

 

大手テクノロジ―企業の重役が人類がAI

にとってかわられるシンギュラリティの

可能性について語られることも普通に

なったが、実にばかばかしい話である。

AIはかつて研究資金を国からの助成金を

得るための作り話だったのだ。

 

AIは夢想であり、コンピュータ科学者が

コードについて語る空想物語に過ぎない。

AIには何が、成功かを計る客観的基準が

ないのだから・・・そもそもどのプログラムを

人工知能と呼ぶかを誰が決めるのだろう?

 

ソーシャルメディアから離れ、それがシリ

コンバレーの人間に進路を変えさせること

につながり、人生の舵を自分でとれるよう

になってほしいものだ。

 

 

これらを読んでいて、ジョージ・オーウェル

の「1984」の世界、C国の総監視社会の

行く末を連想してしまいました。

F9a36113182f0cf019fc167bd89ae24f_s

※※※※サマー無料キャンペーン※※※※

「会社員が定年後充実した生き方をする

          ための四つの習慣」

~会社員のための五十才からの生きかた~

     (旬ブックス)

 2019年8月10日(土)7:00から~

      8月13日(火)6:59 まで

 

| | コメント (0)

2019/07/25

ソーシャルメディアの本質(上)

ここ数年私も含めほぼすべての人がスマホ

を持ち歩くようになりました。どこに行っ

ても、スマホを見続けている人を見かけ

ます。この現象は過去にも取り上げまし

たが、今までその未知なる弊害を漠然と

懸念してました。

 

特にソーシャルメディアについてを鋭く

考察した本を見つけました。

「今すぐソーシャルメディアを削除すべき

10の理由」というショキングな表題の本

です。

 

著者はコンピュータ・サイエンティスト

にしてバーチャルリアリティ研究の大家

ジャロン・ラニアー(亜紀書房)氏です。

 

長文なので、以下要旨を二回に分けて

ご紹介します。

 

◇ソーシャルメディア企業の創業者

 たちの告白

インターネットを含むデジタル技術は

世界を圧倒的に変え、便利になった。

特にソーシャルメディアが駆使する

「アルゴリズム」は人々の行動を簡単に

操れるようになった。

 

フェイスブックの初代社長のショーン・

パーカーは言う。「写真や投稿・・・に

誰かが『いいね』をしたりコメントを

書いたりするから・・・社会的評価のフィード

バックループができる・・・私たちハッカー

がいかにも思いつきそうな仕組みだ。

・・・ソーシャルメディアは人と人の、

そして人と社会の関わり方をすっかり

変えてしまい・・・そしておそらく思いも

つかない形で生産性を低下させるだろう。

子供たちの脳にどんな影響を与えるかは

神のみぞ知るところだ」

 

また、同社副社長だったチャマス・パリハ

ピティアは次のように語る。「私たちが

作り上げた、ドーパミン主導の短期的な

フィードバックループは、社会を破壊し

つつある・・・今や社会には礼儀正しい

会話も協力も存在しない。あるのは偽情報

と歪曲された真実だけ。・・・私は罪悪感

でいっぱいだ。人間関係の土台を蝕みつつ

ある。・・・唯一の解決策は、ソーシャル

ネットワークというツールを使わないこと

だけだ」

 

◇ソーシャルメディアへの依存

依存は人をおかしくする。ある特定の

行動をするたびに必ず報酬を与えられた

人は、その行動を繰り返すようになりや

すい。

 

ソーシャルメディアへの投稿を褒められ

ると、人はもっと投稿するようになる。

一見なんでもないようだが、これこそ

ソーシャルメディア依存の第一歩となる。

 

シリコンバレーの人間はこの状態を

「エンゲージメント」という体裁のよい

名で呼ぶが、自分の子供にはそうならない

よう自主性を尊重するシュタイナー学校

へ通わせ、通常電子機器の使用を禁じて

いる。

 

◇あなたを最低の人間にする

依存症の人は苛立ちやすく、自分が置か

れた状況へ不満を募らせる。自分は恵まれ

ていないと感じ、他社から認められたくて

仕方ない。

 

不吉な前兆ばかりを見つけ、自己中心的で

自分の世界に閉じこもるために、他人が

何を考えているかに目を向ける余裕が

ない。重症のソーシャルメディア依存者

にはこうした変化が認められ、破滅的な

ギャンブル依存症の人々のようだ。

 

さらに興味深いのは、彼らが実は苦しみ

を求めているように見える点だ。苦しみ

は彼らの欲求を満たすために欠かせない

ものなのである。

 

ギャンブル好きは勝てない状態に依存し

ているのではなく、負けるかもしれない

不安感に依存している。

 

同様に、ソーシャルメディア依存者も

奇異なほど怒りを爆発させるようになり、

まるでけんかになることを期待している

かのごとくに。

(下)に続く・・・

Cdaf3fa4b01220d0054035fedc647fc3_s

| | コメント (0)

2019/07/14

田口誠弘さん

現在81才の田口誠弘さんは、健康長寿・

生涯現役の会代表 実践家・講師

肩書を持つ人物です。私は25年くらい

前から勉強会「サクセスクラブ」の

幹事の関係でお付き合いいただいて

います。

 

今回勉強会の全国の集まり「LMO全国の

会」の幹事をサクセスクラブで担当し、

田口さんに基調講演をお願いしました。

 

今回は田口さんの含蓄のある講演の

エッセンスと長年続いている高齢化

が進む各種勉強会の課題と対応

ついて取り上げます。

 

田口氏は90年代食品大手の教育訓練部長

の時代から成功の秘訣を研究されて

きました。紆余曲折を経て最近は「成幸」

の研究をされています。以下引用します。

 

◆「80年間で分かった人生を成幸に導く

  鍵と失敗の原因」

 

1)多くの人は一年で出来ることを過大評価

 し、十年で出来ることを過小評価する

 

2)継続に勝る力はこの世に存在しない

 

3)努力することがコンフォートゾーン

 になることが鍵。努力しないことが

「苦痛」になれば、人生は劇的に変化

 する

※「コンフォートゾーン」とは心理学では

 ストレスや不安がなく、限りなく落ち着

 いた精神状態でいられる場所、環境を

 さす

 

4)プロが10年間、やり続けられる秘訣は

 たった2秒の努力です。それは、毎日、

 自分へ質問をすることです。

「私の夢は何か?」

「10年後、どうなりたいか?」  

 素晴らしい質問が素晴らしい人生を

 つくる

 

5)良い質問をし続ければ、毎日、良い

 行動を選択できる

 

6)「良い質問の答えを、見える化した

 もの」がサクセスライフガイドマップ

※イメージ(映像)で自分の夢や目標を

 表現したもの。文字よりも映像(イメージ)

 理性よりも感情に訴えることが有効

 

7)成功とは結果にしか過ぎず、成功まで

 のプロセスは、どの会社もすべて失敗

 の連続

 

8)大切なことは、失敗から何を学ぶか。

 世の中には「成功から学ぶ」という人

 もいますが、ほとんどの偉人は、数多

 くの失敗から学び、夢を叶えている

<実例>

・ウォルト・ディズニーは3回倒産し

 7回破産

・エジソンは学校を退学させられ、仕事も

 2度解雇

・リンカーンは事業で2度失敗をし、選挙

 で8回落選

※成功とは情熱を失わずに、挑戦し続けること。

◆失敗の法則

 

1)諦める。あきらめた時が失敗

2)継続しない。途中で投げ出す

3)早く結果を求める

4)早く金を稼ごうとする

5)周りから情報や協力が得られない

(多くの場合儲けや名誉を独り占め

 しようとするのが原因)

 

◆会社員中心の勉強会の行方

90年代バブルが弾けると、会社員の

自立が叫ばれました。こういった情勢

で出版社中心に「経営戦略講座」なる

ものが林立しました。そこから派生

した自主勉強会が私たちの起源です。

 

そこから30年近く経過しましたが、

私たちの各勉強会は自主運営で努力

して継続され、同じグループの結束

もあり、年一回「全国の会」を開催

し20年が経過しました。

 

今回は高齢化した勉強会を今後

どうしようか?

というのがテーマです。いろいろな

サークルがあろうかと思いますが、

どこも似たような課題に直面して

います。

 

◆田口さんの提案する

       「パラダイムシフト」

 

「職場と仕事」⇒「地域と家庭(家族)」

 

1) 現行グループの目的と発表テーマを

 改変して継続⇒対象者や開催時間も変わる

例)定年後の生涯生活設計  

  「トカイナカ生活」の調査研究

2) 高齢期の差し迫る課題への対応、

  特に健康寿命の伸延・相続・終活対策

 

3) 趣味をテーマにしたグループ活動

 ⇒新規立ち上げ又は地域の先行グループに

 参加する ウォーキングの会等

 

4) 地域の先行グループへの潜り込み

 (集団参加)

 ⇒地域にあらゆるジャンルのグループが実在

 する。目的と方針が合致する先行グループに

 合流する

 

5)グループの終了宣言

 

6) 地域で新規にグループを立ち上げる

 ⇒「熟年いきいき会」

 結成から15周年

 地域で明るく元気に熟年を生きる

 正会員150名 年会費3000円

 年間実施事業約80回

 

勉強会や同窓会など様々な会を運営

してこられた世話好きな方々にとっても

高齢化は本当に頭の痛い課題です。

 

まもなく82才になられる田口さんには

いつも教えられています。現在サクセス

クラブの名誉幹事も務めていただいて

います。感謝!

_1521576056

(梅雨を象徴する紫陽花 そろそろ終わり

 暑い夏の花にバトンタッチも近いか・・・)

| | コメント (0)

2019/07/09

高輪・品川散歩

私が関わる勉強会の所属するグループ

の全国の会が開かれた翌日、オプション

ツアーとして高輪・品川地区の名所を

見学する会があり、参加しました。

今回は「高輪・品川散歩」を取り上げ

ます。意外と東京で歴史散歩は今まで

できませんでした。

 

泉岳寺駅で集合しました。

泉岳寺へは歩いてすぐです。

Dsc_0405

雨の中の散歩も風情のあるものです。

赤穂四十七義士のお墓で有名です。

 

Dsc_0411

Dsc_0410

速水藤左衛門の墓(中央)。

末裔の増田俊男さんの国際情勢の分析は

とても興味深いものがあります。

 

次に高輪二丁目の住宅街を歩きます。

このあたりの住宅地は戸建て、小さめの

マンションで閑静な場所です。

 

さらに高輪三丁目へ向かいます。しばらく

すると東禅寺が現れてきます。

Dsc_0417

 

Dsc_0418

幕末の安政六年(1859年)に最初の英国

公使館がおかれました。もともとは

臨済宗妙心寺派です。人がおらず極めて

静かな環境で歴史に思いを馳せるのも

よいものです。

 

さらに南に下り、グランドプリンス高輪・

新高輪の日本庭園を抜け、さらに品川

プリンスを抜けて第一京浜へ出ます。

Dsc_0420

国道沿いに高山稲荷神社があります。

繁華街のすぐ横にあることが驚きです。

 

さらに南へ下り、御殿山の界隈に歩いて

いきます。原美術館の横を通り、さらに

ミャンマー大使館に出ます。北品川のあた

りを目黒川に降りていくと、いつも通勤

に使っている京浜東北線の線路際に出ま

した。いつのまにか港区から品川区へ

入っていました。こうやってブラブラ

歩いていると日頃車窓から見る風景に

いて、逆に電車を見上げるのも面白い

ものです。

 

Dsc_0422

徳川家光による創建の東海寺沢庵和尚

のお墓を発見しました。丸い石を使った

ユニークなものです。鉄道の功労者井上勝

氏のお墓も東海道線、山手線、新幹線

がやかましく通る傍にありました。氏の

日本の鉄道を見守りたいという意志を

感じるものです。

 

最後はやはり第一京浜沿いで京急新馬場

駅近くの品川神社

Dsc_0423

Dsc_0424

一粒萬倍の御神水」があります。印鑑

やお金を洗うとご利益があるそうです。

 

ざっとここまでで3時間半、15,000歩

でした。

その後はそば処「いってつ」(北品川の

東海道沿道)で一杯やって帰るのも

楽しい一日の過ごし方でした。

 

「傘を差しながら、梅雨の風情を感じ、

歴史に思いを馳せ、大いに歩き、終わ

って酒を仲間と飲む」よき時間です。

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »