« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月の投稿

2019/06/29

歎異抄

敬愛する司馬遼太郎氏は

「無人島に一冊の本を持っていくと

したら『歎異抄』だ」(週刊朝日

平成8年11月1日号)と語っています。

 

そこまでいえるとは、いったいどんな?

という興味が湧き出してきます。

まずは原文と現代語訳の「新版歎異抄」

千葉乗隆訳注 角川ソフィア文庫)を手

に取りました。

 

司馬遼太郎全講演第1巻によると、

第二次世界大戦し招集されたときに

初めて読み、以下のように述懐して

います。

 

「死んだらどうなるかが、わかりません

でした。人に聞いてもよくわかりません。

仕方がないので本屋に行きまして、親鸞

聖人の話を弟子がまとめた「歎異抄」を

買いました。非常に分かりやすい文書で、

読んでみると真実のにおいがするのです

ね。

 

人の話でも本を読んでも、空気が漏れて

いる感じがして、何かうそだなと思う

ことがあります。『歎異抄』にはそれが

ありませんでした。(中略)

 

ここは親鸞聖人にだまされてもいいや

という気になって、これでいこうと

思ったのです。兵隊となってからは肌身

離さず持っていて、暇さえあれば読んで

いました。

 

私は死亡率の高い戦車隊に取られました

から、どうせ死ぬだろうと思っていまし

た」

 

定年後は60年以上酷使してきた身体の

パーツにガタが来てあちこちいたくなった

り、病院のお世話になる機会が増えます。

 

そんな時、ふと「死」を意識することが

あります。50才代とはちょっと違う感覚

です。まさにそんな時期だから、今まで

通り過ぎていた「歎異抄」の響きに耳を

澄ますことになったかもしれません。

 

前回ブログの知的生活でも触れましたが、

こういった先人の推挙する本こそ何度も

読み返してみる意味がありそうです。

 

以降は第一条の要約をしますが、浄土真宗

の教えの要が簡潔に表現されているといわ

れています。私は、仏教の宗派や教義の

解説というよりは「悩める人間」として

司馬さんの読書の追体験をするつもりで

紹介していきます。

 

「阿弥陀仏の命あるものはすべて救うと

いう誓願を信じて念仏すると、『摂取不捨』

の利益がある。

 

『摂取不捨』とは単に仏がおさめとって

見捨てないということではなく、仏に背

を向けて逃げるものをどこまでも追いかけ

ひとたびとらえると決してはなさない。

 

この念仏の教えにあいながらも、仏に背

を向けて逃げ惑う煩悩にまみれた人間が

仏の誓願は自分のためであったことを

知らされて、仏を信じて念仏するとき、

善人も悪人もわけへだてなく直ちに救わ

れるという。

 

仏の不思議な力のこめられている念仏は

これにまさる善はないので、他の善い行い

をする必要はない」

 

司馬遼太郎さんが招集され死は逃れられ

ないと覚悟した時、軍隊の現場での心情を

想像し、読むたびにふと気持が楽になった

のでは・・・と感じるものです。

 

Dsc_0404

(梅雨に入り、蒸し暑さを強く感じる頃、

 毎年花を咲かせ始める「のうぜんかずら」

 まとわりつく空気感とともに季節を

 感じさせる)

| | コメント (0)

2019/06/25

「知的生活」に向け

亡くなった渡部昇一さんの「知的人生の

ための考え方」(PHP研究所)を読み

ました。

 

退職後の大きな鍵は時間をどのように

有効に使うか?にあります。仕事を

やっていてもやっていなくても、多くの

方はスローダウンして現役時代より時間

に余裕が出てきていると思います。

 

私も最初は平日に休んでいたり、満員

電車に乗らずに時差出勤したりすること

珍しさと喜びを覚えていました。

 

しかし、だんだん慣れてくると「自分

のありよう」に疑問が湧いてきます。

頼られることが減り、話す相手も減っ

てきます。

 

そこで悩むわけですね。

「結局私は何者なのか?」と・・・

 

そこで、渡部昇一さんのヒントです・・・

 

自分のアイデンティティを模索し、ライフ

スタイルを築くには、自分の心の底で

うずく欲求や内なる声に耳を傾け、それ

を育てる勇気が必要だ。

 

この心の内側に耳を傾ける、つまり内省的

になるということが「知的生活」の始まり

でもある。

 

◇繰り返し読むことの大切さ

 

古今東西の思想家が読書の効用を述べて

いつように「知的生活」に読書は欠かせ

ない。それは人生をより深遠かつ有意義

なものにしてくれる。

 

再読、三読、四読、五読が必要。文体の質

とか文章に現れたものの背後にある理念

のようなものを感じ、本の芯の部分や

妙味を感じ取ることが重要。繰り返し読み

吟味する。

 

◇「静かなる持続」が知的生活の見本

 

英国の文献学者W.W・スキートはいう。

「毎日、同じテーマについて何時間も

着実に仕事をし、しかも一年中ほとんど

毎日それを繰り返すならば、いかに多く

の仕事をなしうるかは、まことに驚く

べきものがあります」

 

何にせよ取り組んでいるものに、しっ

かり向き合い、継続的に時間を掛ける

ことが大事ということですね。

 

思い悩んでいるのは、行動が伴っていない

からだということだ・・・

 

退職後の情報発信、ブログ、著作、様々な

会の運営等々に集中する環境を作り、

習慣化させればいいんだ・・・ということを

今さらながら渡部先生に教わった気が

します。

 

朝早く散歩、ストレッチ等のルーティーン

午前中の頭が冴えているときに「知的生活」

の時間を取り、自宅であろうと事務所であろう

と集中した仕事をする。

 

午後にはテニス、筋トレ等の運動をして

フィジカル環境の整備に勤しみ、夜は

家族との食事、友人と酒を酌み交わしたり

映像を楽しんだりと区別した生活に「集中」

することが大事なんだと・・・

 

そうだ!

このような「知的生活」を目指そう!

 

何度も「目からウロコ」してきましたが、

またもや気づき!感謝・・・

Dsc_0398

(庭の百合が咲き始めた。「立てば芍薬、座れば

牡丹、歩く姿は百合の花」の三番手がやっと

登場!)

************************************************
※私のKindle本(電子出版)の紹介
  
旬ブックス 「会社員のための五十才からの生きかた」シリーズ

①「会社員が定年後充実した生き方をする
ための四つの習慣」
 ~会社員のための
     「五十才からの生きかた」~
  2018年6月発売 
     
②定年後でもできる!
    Kindle本「セルフ出版」
  ~初めてでもWordだけで
         電子書籍が出せる~
  2018年8月発売

③「定年後」憂鬱を感じたら
 ~ある定年退職者のケース~
  2018年11月発売
  
いずれも ¥99 または 
Kindle unlimited 
(¥980月額制で無料ダウンロード)


今後の参考のためにも書評をいただけると
大変ありがたいです。よろしくお願いします。

PC版画面なら右上の「著書」クリック、

またはアマゾン本で「渡辺俊一」で検索する

と見つかります。

kindleソフトをダウンロードすると、

専用端末でなくても、PCでもパッド
でもスマホでもご覧いただけます。
***********************************************

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019/06/17

梅干し作りに挑戦

梅雨の季節です。

梅の実が青々として実る時に降る雨と

いう意味を味わえる風情です。

 

定年後は時間に余裕があるとはいっても

実は受け身になった過ごし方に流れやす

くなります。テレビを漫然と見て過ごすこと

は考えられないと思っていても多くの先輩、

同期に聞いてみると、実態は「安きに流れ

易く」なるものです。

 

私もテレビは自分で決めて選んだもの

しか見ません。このブログでもたびたび紹介

しておりますビデオ類は結構見ます。時間帯

を決めておかないと長時間になってしまい

がちです。このようにうっかりすると流さ

れてしまいます。自発的に興味を持った

ことに優先的に時間を使うことは大切だ

と痛感するものです。

 

さて、梅干しや梅酒は大好きです。しかし

自分で作ったことはありませんでした。

梅の木に大きな梅の実がなったので、収穫

しておきました。

 

ネットで調べると結構詳しく説明してくれて

います。スーパーに行くと、梅酒作りコーナー

があることに驚きました。梅干しを漬ける

ガラス瓶、粗塩、消毒用も兼ねたホワイト

リカー(35度)を買いました。

 

①熟した梅を丁寧に水で手洗いします

 (熟していない場合少しおいて 

  黄色くなってから漬ける:追熟)

②半乾きの梅に粗塩を掛け梅、塩、梅

 塩・と重ねていきます。

③上に落とし蓋的なものを置き、さらに

 重石を置きます。

④数日すると梅酢(梅エキス)が上がって

 きます。(現在写真の状態)

⑤約一か月漬けておきます

⑥「土用干し」としてざるにのせて

  四日程度天日干し

Dsc_0385

6月12日(漬け始め)

Dsc_0426

(7月8日の状態 梅酢がでてきて 梅が縮んで

 きています。もう少しです)

以上の工程で作るそうです。

出来上がったら再びブログで報告します。

 

要は新しいことをやってみることは、「好奇心」

を刺激し、生活の潤いにつながりますね・・・

 

 

| | コメント (2)

2019/06/09

新茶と宇治散歩

梅雨入りしました。

直前に京都に行く機会がありました。

すきま時間に宇治に行ってきました。

お目当ては紫陽花の「三室戸寺」と

新茶です。

 

紫陽花は梅雨入り前で雨が少ないのか

まだまだこれからでした。

 

Dsc_0378-1_1  

 

Dsc_0379-1 

Dsc_0380_1

私はこのお寺 の大ファンでして、

ツツジ、シャクナゲ、紫陽花、ハス

秋の紅葉と春から秋にかけては関西

駐在時代から何度も足を運んでいます。

Dsc_0375_1

本堂前 の開運の牛、ウサギ、宇賀神

さんにお参りしこのところの

低テンションを吹き飛ばそうと思い

ました。鐘撞もしました。

100円で「ご~~~ん」元氣出せ~!

 

Dsc_0376_1

Dsc_0377_1

Dsc_0374_1

 

三室戸寺の縁起は以下です。

約千二百年前光仁天皇の勅願により

寺の奥の岩淵より出現された千手

観音菩薩をご本尊として創建。

 

「山吹や宇治の焙炉(ほいろ)の

 にほふ時」 

芭蕉の句も似合います・・・

 

そこから宇治川を渡り、お茶の

三星庵神林三入で新茶とほうじ茶を

買って帰りました。

 

新茶をいただき季節を感じましょう。

| | コメント (1)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »