« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月の投稿

2019/04/27

生活者の平成30年史

まもなく平成が終わろうとしています。

私は会社員として平成を過ごしてきました。

ほぼ管理職としての30年間でした。

夫婦と子供3人です。子供2人の昭和の時代

の「標準世帯」に近い存在です。

 

「生活者の平成30年史」(博報堂生活総合

研究所著 日本経済新聞出版社)から

昭和時代の「標準世帯」がどう変わってい

ったのか、生活者の視点で平成を振り返っ

てみましょう。

◆平成30年間の生活環境

◇ひとり暮らしが最多に

1985年(昭和60年)夫婦・こども世帯は

40%だった。マジョリティだ。2015年

(平成27年)には、26.9%。単独世帯が

夫婦・こども世帯を抜いた。65才以上の

単独世帯も急増している。

 

◇結婚するもしないも個人の自由

50才時点で結婚したことがない人の割合

を「生涯未婚率」と呼ぶ。1985年には

男3.9%、女4.3%にすぎなかったが、

2015年には男23.4%、女14.1%に。

結婚しないことが人生の選択肢になって

きた。

 

◇誰もが働く社会へ

1980年代までは「専業主婦」がマジョリ

ティだった。1990年代後半「共働き」

が専業主婦世帯を逆転し、2017年には

2倍近くになった。男性の稼ぎ手だけに

よる家計では苦しくなってきたのだろう。

高齢者も働くことが一般的になってきた。

平成期に社会は誰もが働く方向へ変貌

した。

 

以上から、まさに私は「昭和型」だな~

 

世の中の認識「よくも悪くもならない」

1992年と2018年の調査で「良くなって

いく」双方19%代、「同じようなもの」

が双方50%前後。

「悪くなっていく」11.1%→13.6%と

「良くも悪くもならない」が多く同じ

ような割合の認識だった。

 

◇暮らしの認識 高まる「身近な幸せ」

 の感度

バブル崩壊やリーマンショックなどの

経済的困難を乗り越えてきた生活者は

未来は大きく変わらないと考え、楽観

も悲観もせずに身近なところで楽しみを

見つけようとする。

 

◇総合的な時代認識「常温社会」の到来

昭和の時代のような目覚ましい経済成長

はなかった。バブルやリーマンショックを

乗り越え、終盤ようやく緩やかな回復

局面を迎えた。

 

そんな時代に「いろいろあるけれど、

未来に過度の楽観も悲観もしない」という

熱くも冷たくもない「常温社会」と捉え

た。

 

イケイケの大型コンピュータの昭和時代

からPCサーバーオープン化、インター

ネットによる構造大転換、ITバブル大崩壊

と膨大な不採算事業の大嵐の後、ITサー

ビス化に緩やかな成長を見出した私の時代

と重なります。

 

◆価値観変化の底流

◇「公」から「私」へ

阪神淡路大震災、オーム騒動、リーマン、

民主党政権、東日本大震災と政治、災害

社会の激動が起こったが、その後世の中

が落ち着きを取り戻し、生活者の関心が

社会から離れ個人の生活へ向かっていく

様が統計からも読み取れる。

 

◇「みんな」から「ひとり」へ

「友人は多ければ多いほどいい」とか

「誰もとでも友達になれるほうだ」と

いう割合が急減している。「人付き合い

が面倒くさい」が増え、上記の項目を

上回る32%(2018年)になった。

 

◇ネット環境が「ひとり志向」を後押し

生活者はスマホなどにより四六時中

楽しいものや好きなものに取り囲まれる

ようになった。「誰かと過ごすより、一人

の方が快適」と感じる人が増えた。

 

街でスマホを見ながらひとりで食事する

人を多く見かけるようになった。一方で

SNSのように人とのつながりが楽しい面

もあるがつながりすぎるゆえのストレス

を生み出す「ソーシャル疲れ」も「ひとり

志向」を後押ししている要因だ。

 

ひとり志向は家族関係にも及び、離婚や

親の面倒見、子供との同居に対する

考え方にも表れている。

 

◇「節約」から「獲得」へ

時代認識が「常温」になったことで、守り

のスタンスでお金に向き合う意識が後退

し、新しい形のお金やポイントの普及で

お金に向き合うモードを「節約」から

「獲得」にシフトしている。

 

◇「イマ・ココ・ワタシ」の充実へ

「常温社会」の時代認識があるので、

「この先良くも悪くも同じような状況

が続くだろう」ということで、自ら

動いて、生活の中に幸せを創り出そう

とする。

 

「いつか、どこか、誰か」の幸せでは

なく、「イマ・ココ・ワタシ」の幸せを

大切にしようという価値観へシフトだ。

 

◇常温社会のマーケティング

生活者は暮らしを楽しむのが上手になった。

商品・サービスを「消費」するだけでなく、

自ら好きなように「加工・生産」する。

今後、企業は「完成品」ではなく、生活者

も関与できる余地がある「半完成品」を

提供する発想が有効だ。

 

生活環境が「昭和型」の私でも、平成

時代の価値観の変化は、私の中に大きく

入り込んでいます。特に60才代に入り

まさに「イマ・ココ・ワタシ」の状態が

加速しています。

 

「令和の時代」へ入り、時代認識は

「常温社会」とはいかないかもしれません。

しかし、価値観のトレンドはこの延長線にある

ような気がします。

 

Dsc_0301_1

上野東照宮の「牡丹苑」

Dsc_0310_3

クレマチスが咲き始めた。清々しい時期だ。

************************************************
※私のKindle本(電子出版)の紹介
  
旬ブックス 「会社員のための五十才からの生きかた」シリーズ

 

「令和元号開始無料キャンペーンを

 ①と③について実施します。

 令和元年5月1日(水)16:00

    ~5月3日(金)15:59まで

 

①「会社員が定年後充実した生き方をする
  ための四つの習慣」

 ~会社員のための
     「五十才からの生きかた」~
  2018年6月発売 
  ※令和元号無料キャンペーン対象


②定年後でもできる!
    Kindle本「セルフ出版」

  ~初めてでもWordだけで
         電子書籍が出せる~
  2018年8月発売

③「定年後」憂鬱を感じたら
 ~ある定年退職者のケース~

  2018年11月発売 
  ※令和元号無料ケンペーン対象


いずれも ¥99 または 
Kindle unlimited 
(¥980月額制で無料ダウンロード)


今後の参考のためにも書評をいただけると


大変ありがたいです。よろしくお願いします。

PC版画面なら右上の「著書」クリック、

またはアマゾン本で「渡辺俊一」で検索する

と見つかります。

kindleソフトをダウンロードすると、

専用端末でなくても、PCでもパッド
でもスマホでもご覧いただけます。
***********************************************

| | コメント (0)

2019/04/21

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花

Dsc_0295_1

最近狭いながらも庭いじり、園芸に凝って

います。植物も世話をしていくと、その

愛情に応えてくれるところがあります。

 

四季の移ろいを感じながら愛でていくという

のは、日本人のDNAなのでしょう。年々感じ

やすくなってきます。

 

ちょうど一昨年買った牡丹が咲き始めま

した。実に美しい花を咲かせてくれます。

 

さらに、芍薬を先日花屋さんで買って

きました。

 

 

まだ蕾 です。

Dsc_0284

百合の球根から芽が出てきています。黄色い花

を咲かせます。

 

まさに「立てば芍薬、座れば牡丹、

歩く姿は百合の花」のとおり三美人を

我が家に呼んだわけです。

 

「芍薬はすらりと伸びた茎の先端に華麗

な花を咲かせ、牡丹は枝分かれした横向き

の枝に花をつける。百合は風を受けて

揺れるさまが美しい。


これらのことから、芍薬は立って見るのが

一番美しく、牡丹は座って見るのが一番

美しく、百合は歩きながら見るのが一番

美しいという説」があるそうな・・・

 

美しい花々を愛でる喜びは日増しに

強くなっている今日この頃。二十四節季

穀雨の季節、私の誕生日の季節、毎年

楽しみしている清々しい時期です。

 

美しいものに惹かれる気持ちというのは

いつまでも大事にしたいものです・・・

 

************************************************
※私のKindle本(電子出版)の紹介
  
旬ブックス 「会社員のための五十才からの生きかた」シリーズ

①「会社員が定年後充実した生き方をする
ための四つの習慣」

 ~会社員のための
     「五十才からの生きかた」~
  2018年6月発売 
     
②定年後でもできる!
    Kindle本「セルフ出版」

  ~初めてでもWordだけで
         電子書籍が出せる~
  2018年8月発売

③「定年後」憂鬱を感じたら
 ~ある定年退職者のケース~

  2018年11月発売 
  
いずれも ¥99 または 
Kindle unlimited 
(¥980月額制で無料ダウンロード)


今後の参考のためにも書評をいただけると


大変ありがたいです。よろしくお願いします。

PC版画面なら右上の「著書」クリック、

またはアマゾン本で「渡辺俊一」で検索する

と見つかります。

kindleソフトをダウンロードすると、

専用端末でなくても、PCでもパッド
でもスマホでもご覧いただけます。
***********************************************

 

 

| | コメント (0)

2019/04/14

新入社員との対話

面白い試みなのですが、会社OBとして

新入社員教育の一環として、会社先輩

としての思い、DNAといえるものを

語り、対話するという場があります。

3年前から、会社卒業生として参加して

います。

 

IT系電機会社ともいえる会社なのですが、

前回の「平成経営」でも触れたように、

ここ30年は国際環境、IT技術の激変を

受け、製造業からサービス提供会社へ

変身を余儀なくされ、規模は横ばいなが

らSI(システム・インテグレーション)

を中心に継続して利益を出してきました。

 

さらにシステム開発を中心にしたビジ

ネスは「令和」の時代には、大きく変革

を迫られ、新しいビジネスモデルで稼げ

ることが必要です。

 

そんなビジネス変化の時代の新入社員

に大事なものを何か伝えたいと感じて

います。

 

40分で6名づつ二回の対話をしました。

私の経歴から金融業界に関するITビジ

ネスのグループです。まずは私のプロ

フィールを5分くらいで話、残りの時間

で対話です。

 

◇「変わるべきことと変えないこと」

Best Questionはこれでした。

集まっている人の多くは営業とSE(シス

テムエンジニア)です。

私は以下のように答えました。

「技術・知識やスキルは10年経つと大きく

変わってしまう。もちろん最新のものを

身に着けることはプロのビジネスパースン

として当たり前のことだが、変わらない

のは「お客様起点」の姿勢だ。なぜなら

ば、提供するシステムというのは、

お客様ビジネスそのものだからだ。

 

システムの仕掛けでお客様が事業を継続

していくのだから、お客様が主人なのだ。

そして、それを支援し価値を提供するのが

私たちの変わらない仕事だ」

 

◇印象

親より上の人間に質問をするのだから、

予め考えてくるにしても、予定調和的な

ものになりがちだが、質問に対し私が上記

のこと(お客様起点のDNA)を軸に熱く

語りだすと若者たちの目の輝きが変わって

くる手ごたえがとても興味深いものです。

 

エピソードを交えながら分かってもらえる

ように語る工夫は毎年していますが、私

自身のテンションが日ごろになく上がる

ことに気づきます。

 

いつまでたっても「仕事人間」なのだな

と自ら感じます。

 

◇人間力

あと、多い質問は「どんなタイプの営業や

SEがよかったですか?」というものです。

これには困るのですが、「お客様起点」で

行動するためには、お客様のこと(業界、

仕事、人間・・・)に興味がわき、好きにな

っていくことかな~と答えることにして

います。顧客接点の仕事はここがポイント

だと思います。

 

現場からグループを率いてくるようになる

とリーダーシップの比率が高くなるから、

スキル・能力からグループで最大価値を

生んでいくことが重要だから、やはり

「人間力」かな?と問いかけます。

 

「人間力」って何?

と考えてみてくださいと・・・

 

◇対話の機会の継続には?

会社内部からこんな費用も掛かり、効果の

分かりにくいものは、「効率化」の下、

削減対象になりやすいご時世ですが、一見

無駄なことに見えることでも、その価値を

見抜いて継続していくことはなかなか難し

いと感じます。

 

世になかにはたくさんこういった類が存在

しているように感じました。DNAという

曖昧なものを分かりやすくしていくのは

組織各階層の責任者の情熱なのでしょ

う・・・

 

Dsc_0278

満天星つつじ 今、可憐な花がきれいに咲いてる。

************************************************
※私のKindle本(電子出版)の紹介
  
旬ブックス 「会社員のための五十才からの生きかた」シリーズ

①「会社員が定年後充実した生き方をする
ための四つの習慣」

 ~会社員のための
     「五十才からの生きかた」~
  2018年6月発売 
     
②定年後でもできる!
    Kindle本「セルフ出版」

  ~初めてでもWordだけで
         電子書籍が出せる~
  2018年8月発売

③「定年後」憂鬱を感じたら
 ~ある定年退職者のケース~

  2018年11月発売 
  
いずれも ¥99 または 
Kindle unlimited 
(¥980月額制で無料ダウンロード)


今後の参考のためにも書評をいただけると
大変ありがたいです。よろしくお願いします。

PC版画面なら右上の「著書」クリック、

またはアマゾン本で「渡辺俊一」で検索する

と見つかります。

kindleソフトをダウンロードすると、

専用端末でなくても、PCでもパッド
でもスマホでもご覧いただけます。
***********************************************

 

| | コメント (0)

2019/04/09

平成の経営

桜咲く4月1日、平成の次の元号は「令和」

と発表されました。平成の世は今月いっぱ

いとなりました。

様々なメディアで「平成という時代は?

特集」が組まれています。このブログ

では、伊丹敬之氏が書いた「平成の経営」

(日本経済新聞出版社)から平成の時代

を振り返ってみます。

 

私は平成の時代とともに幹部社員となり、

平成の間マネジメントの視点でビジネス

に携わってきました。わが身の振り返り

にも役立ちます。

 

◇1989~1998年 バブル崩壊と金融崩壊

>バブルという宴

86年ごろから銀行の過剰貸出が始まり、

4年間で140兆円の貸出残高増があった。

日経平均は89年には85年の3倍になった。

89年大納会に38,915円を付けた後、90年

から株価の大暴落、地価は91年にピーク

を付けた後暴落した。バブル崩壊である。

 

私はこの頃現場営業の仕事で、キリキリ

舞いさせられ、ITビジネスを通して金融

機関を担当していましたが、周囲のバブ

ルな姿を間近で他人事のように見ていた

記憶があります。

 

>地価の大幅下落で、不良債権のマグマ

 が爆発

バブル崩壊のきっかけは大蔵省、日銀

による金融引き締めと不動産融資規制

だった。1989年公定歩合の引上げを

皮切りに、大蔵省は不動産融資総量

規制という通達を出した。それらに

影響され、不良債権により

住専問題や97年11月三洋証券、北海道

拓殖銀行、山一證券と次々に破綻し、

世の中が騒然としていた。98年には

日本長期信用銀行、日本債券信用銀行

が破綻認定され国有化の道を歩んだ。

 

私はこの時代も一貫して金融業界担当と

して慌ただしく顧客情勢を報告しながら

働いていました。IT業界はむしろPC化、

インターネット等の技術革新への対応に

大きく揺れ動いていました。

 

◇1999年~2008年 産業迷走、リーマン

 ショック

>ITバブルの崩壊、電機迷走、米同時多発

 テロ

99年から円高が進み、98年8月に1ドル

144円だったものが99年12月には102円

になる。日本の輸出産業は低迷する。

しかし、米のITバブルのおかげで00年輸出

は電機を中心に持ち直すものの、バブルは

すぐに消え、アジア勢の台頭もあり、電機

の長期低迷が始まる。

 

01年同時多発テロが発生すると株式市場

も暴落し、東証も17年ぶりに1万円割れ

を起こした。

 

>束の間の成長とリーマンショック

2003年から日本企業の業績は好転する。

その背景は為替が1ドル110円台で安定

していたことと中国への輸出の伸びが

あった。多くの人がバブル崩壊から

回復しつつあると感じた頃、08年9月

にリーマンショックが再び、日本企業を

どん底へ突き落す。

 

私はこの頃、ITバブルの後始末をして

いました。過剰受注、不採算開発案件

の整理でとてもつらい長い日々でした。

 

◇2009年~2018年 どん底からの回復

>史上最高の円高

11年3月には東日本大震災が日本を襲い、

同10月には1ドル75.3円を付け、同年

8月米国債も最上級格付けから滑り落ちた。

 

>輸出の回復と海外生産の拡大

12年に円高が終わり、円安に転じると輸出

が急速に回復した。背景には日銀の異次元

金融緩和政策と安倍政権のアベノミクスが

その背景にあった。堅調な輸出とあわせ、

海外生産も拡大。09年78.2兆円だった

海外生産が16年には123.6兆円にまで

拡大。

17年度決算は最高益の企業が続出。原油安

の後押しもあった。

 

リーマンショックの後はITのサービス化に

関わり、ビジネスマンとしての仕上げに

思い切って悔いなく、様々な変革を実行、

それなりの業績を残せ、大変充実した生活

で会社員を締めくくることができました。

 

◇正解、技術、ヒト、カネの30年

 

>国際秩序の大変化

平成の始まりとともに冷戦構造が終わり、

中国の開放政策が始まった。企業活動の

グローバル化が始まったが、日本企業の

プレゼンスは相対的にかなり小さくなっ

た。

 

89年から2017年の29年間でGDPが日本は

1.4倍、米は1.9倍、中国は12.6倍となっ

た。フォーチュン誌のトップ500に95年は

149社で米の151社に次いで2位だったが、

18年には52社に減り、中国に抜かれ3位と

なる。

 

>為替に振り回わされた日本企業

30年間に160円近辺から75円まで2倍の

振れ幅に見舞われた。

 

>海外現地法人の売上が輸出の1.8倍に

ただし、海外直接投資残高のGDP比で

は日本28.4%、米34.3%、独39.3%

中国24.3%。まだまだ海外投資の余地が

ある。

 

>アメリカ依存から米中均等へ

現法の売上97年には中国1.9兆円、米19.8

兆円09年には米中共に19兆円と同額に

なった。

 

>ITとインターネットで敗れた日本

日本の敗因はソフト人材供給量の少なさ

だ。15年には米は学士修士合計9万人

以上、一方日本は同1万2,000人。

圧倒的な差だ。

 

>積み上がる自己資本と増えない投資

自己資本比率が99年の19%から17年には

41.7%。設備投資/償却前経常利益比率

は30年間一貫して減少している。リスク

に対して慎重になっている姿が見える。

 

私はITが主力の電機業界の企業の営業

前線に一貫していましたが、まさに上記の

傾向が顕著で、この15年リスクを取らない

マネジメントを行ってきたとあらためて

振り返るものです。マクロに平成の自社の

ビジネススタイルを総括したのも同様の

こととなりました。

 

 

************************************************
※私のKindle本(電子出版)の紹介
  
旬ブックス 「会社員のための五十才からの生きかた」シリーズ

①「会社員が定年後充実した生き方をする
ための四つの習慣」

 ~会社員のための
     「五十才からの生きかた」~
  2018年6月発売 
     
②定年後でもできる!
    Kindle本「セルフ出版」

  ~初めてでもWordだけで
         電子書籍が出せる~
  2018年8月発売

③「定年後」憂鬱を感じたら
 ~ある定年退職者のケース~

  2018年11月発売 
  
いずれも ¥99 または 
Kindle unlimited 
(¥980月額制で無料ダウンロード)


今後の参考のためにも書評をいただけると
大変ありがたいです。よろしくお願いします。

PC版画面なら右上の「著書」クリック、

またはアマゾン本で「渡辺俊一」で検索する

と見つかります。

kindleソフトをダウンロードすると、

専用端末でなくても、PCでもパッド
でもスマホでもご覧いただけます。
***********************************************

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »