« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月の投稿

2019/02/26

「狩りをし、風呂に入り、ゲームをし、笑う。これが人生だ」

北アフリカ最大のローマ人居住地であった
古代都市タムガディの砂に埋もれていた
廃墟が18世紀に発見されました。現在は
アルジェリアのティムガッドと呼ばれて
い ます。

◇ティムガッドの落書き

そのフォルム(大広場)とよばれる場所から

「狩りをし、風呂に入り、ゲームをし、笑う。
 これが人生だ」

というラテン語の落書きが出てきました。

西暦100年ころトラヤヌス帝が建設したこの
都市が高いレベルの快適な生活を都市市民
に提供していたことは驚くべきことです。

賑やかな市が立つ日には大広場に人々
が集まり、ゲームをしたり野外劇場で上演
される劇を鑑賞したり、公衆浴場でゆっくり
とおしゃべりをしていた姿が想像されます。

◇ローマ帝国の融和政策

ローマ人は北アフリカ全土で、穀物、
オリーブオイル、ワインの生産を奨励しま
し た。その地域は、ローマの穀倉地帯と
なり、帝国にそれら必需品を供給しました。

パンとサーカスとよく言われるように劇場や
公衆浴場、トイレ、上下水設備を完備して
軍人だけでなく、地元の人々を融和してい
ったと言われています。

◇優れた旅ブログ

https://yascovicci.exblog.jp/24025890/
この記事を書くにあたってネット上によく
まとめてくれたブログを発見しました。
「ヤスコヴィッチのぽれぽれBLOG」
を紹介させていただきます。

◇落書きを考える

フランスのある歴史家によれば、これは
「野心が欠けているとも言える 哲学。
しかし一部の人々からは知恵の極意
ともいえる哲学」という批評があります。

退役軍人が記した言葉とも言われて
いることを考えると、役目を果たした
後のゆったりとした生活は現代から
見てもうらやましいものです。

ローマ帝国軍は兵役を終えると植民
都市に住まわせ、現地で結婚を奨励
し現地融和を図っていったといわれて
います。

それにしてもそういった定年後の生活
を実現できたことはローマ時代のすごみ
を感じさせます。

国力があり、政治面、経済面、軍事面の力
によって安定がもたらされていることが
大前提ですね。

このように繁栄した都市も3世紀には
重税に苦しむ農民や宗教と結びついた
反乱にあい衰退していきます。

そのような生き方は人生の意義や目的
を考えずに刹那の快楽を求めるその場
限りの生き方と批判もされます。

しかし、上記のような国力の条件が備わ
っていなければ実現できない恵まれた
環境であるともいえます。

その後庶民がこのような環境に置かれる
ことは稀であることはその後の歴史が
証明しています。そのことを考え併せる
と・・・

この落書きはシンプルに核心を突いた
魅力
を放っていると感じます。

Dsc_0239_2

(紅梅が旬を迎える。華やかだ)

************************************************
※私のKindle本(電子出版)の紹介
  
旬ブックス 「会社員のための五十才からの
       生きかた」シリーズ

①「会社員が定年後充実した生き方をする
ための四つの習慣」

 ~会社員のための
     「五十才からの生きかた」~
  2018年6月発売 
     
②定年後でもできる!
      Kindle本「セルフ出版」

  ~初めてでもWordだけで
         電子書籍が出せる~
  2018年8月発売

③「定年後」憂鬱を感じたら
 ~ある定年退職者のケース~

  2018年11月発売
  
いずれも ¥99 または 
Kindle unlimited 
(¥980月額制で無料ダウンロード)


今後の参考のためにも書評をいただけると
大変ありがたいです。よろしくお願いします。

PC版画面なら右上の「著書」クリック、また
はアマゾン本で「渡辺俊一」で検索すると
見つかります。kindleソフトをダウンロード
すると、専用端末でなくても、PCでもパッド
でもスマホでもご覧いただけます。
***********************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/19

ボヘミアン・ラプソディ

先日妻と仲良く・・・表題の映画を観に行き
ました。70年代から80年代に圧倒的な人気
を誇った「クイーン」はロック音痴の私でも
代表曲「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」、数々の
CMで使われている「ウィ・ウィル・ロック・
ユー」「伝説のチャンピオン
」は知っていま
した。

ド素人の感想を書いてみます。
まずは映画.COMから要約します。

「世界的人気ロックバンド「クイーン」の
ボーカルで、1991年に45歳の若さで
この世を去ったフレディ・マーキュリー
を描いた伝記ドラマ。

クイーンの現メンバーであるブライアン・
メイとロジャー・テイラーが音楽総指揮
を手がけ、劇中の楽曲には主にフレディ・
マーキュリー
自身の歌声を使用。

「ボヘミアン・ラプソディ」「ウィ・ウィル・
ロック・ユー」といった名曲誕生の瞬間や、
20世紀最大のチャリティコンサート
「ライブ・エイド」での圧巻のパフォーマンス
といった音楽史に残る伝説の数々を再現。
日本でも2018年公開映画でトップとなる
興行収入100億円を突破。社会現象とも
呼べる大ヒットとなった。

第76回ゴールデングローブ賞では最優秀
作品賞(ドラマ部門)、最優秀男優賞(ドラ
マ部門)を受賞」

◇インド系移民
 複雑な出自や容姿のコンプレックスを
 持ちながらもユニークな仲間たちと
 「己の流儀」をかたくなに通して世界的
 バンドに成長していきます。

 当時の常識では考えられなかった6分間
 の「ボヘミアン・ラプソディ」が 英国市場
 最高のシングルとなりました

◇セクシャリティ
 エイズで死去した原因となる問題にも
 目を背けず、描き出していくことで
 添い遂げられなかった恋人 メアリー
 との関係も一貫してトレースし、
 満たされぬ孤独感を漂わせます。

◇死期を悟ってからよみがえり
 すさんでいた生活から一変、 
 チャリティイベント「ライブ・エイド」に
 取組み、圧巻の「命がけ」が伝わって
 くるパフォーマンスを発揮するシーン、
 感動しました。

◇父親との和解
 ヒンズーの価値観の強い父親とは
 相容れなかったが、最後テャリティ
 イベントに参加で、父の説く
 「よき思い、よき言葉、よき行い」
 を認めあうシーンは感動もの

番外) この時代、皆どこでも煙草
     煙草・煙草・・吸いすぎ・・・
     自分もそうだったかも

本人の声による演奏シーンは大音響の
大迫力に圧倒されましす。
主演ラミ・マレックの演技はむずかしい
役どころながら「思いの入れ込み」の
究極の姿を感じました。

人生百年時代とはいえ、「どれだけ生きるか
ではなく、いかに生きるか」

を突きつけられている気がします。

映画を観ることは日頃の生活に感動が
減っていく中で、よいアクセントとなります。
シニア(60才以上)が1,100円というのも
2時間楽しめるエンターテイメントとして
のコスパがよいものです。

水野春郎さん
「いやぁ、映画って本当にいいもんですね~」

淀川長治さん
「それではまた次回をお楽しみに、
  サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ!」

A6274d52d198756b9837987e6606c1c6_s


************************************************
※私のKindle本(電子出版)の紹介
  
旬ブックス 「会社員のための五十才からの
       生きかた」シリーズ

①「会社員が定年後充実した生き方をする
ための四つの習慣」

 ~会社員のための
     「五十才からの生きかた」~
  2018年6月発売 
     
②定年後でもできる!
      Kindle本「セルフ出版」

  ~初めてでもWordだけで
         電子書籍が出せる~
  2018年8月発売

③「定年後」憂鬱を感じたら
 ~ある定年退職者のケース~

  2018年11月発売
  
いずれも ¥99 または 
Kindle unlimited 
(¥980月額制で無料ダウンロード)


今後の参考のためにも書評をいただけると
大変ありがたいです。よろしくお願いします。

PC版画面なら右上の「著書」クリック、また
はアマゾン本で「渡辺俊一」で検索すると
見つかります。kindleソフトをダウンロード
すると、専用端末でなくても、PCでもパッド
でもスマホでもご覧いただけます。
***********************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/10

「サイクル」を考える

「サイクル」は四季に現れるように私たち
の生活に根付いています。通常のパターン
に従って動き、日々の生活を過ごしやすく
しています。

経済や企業・市場もパターンに従って動き
その中には「サイクル」と呼ばれるものが
あります。これをテーマにしたのが、
「市場サイクルを極める」
~勝率を高める王道の投資哲学~
(ハワード・マークス著 日本経済新聞社)
です。
※オークツリー・キャピタル・マネジメント
 共同会長兼共同創業者

人間の心理・行動といったものが反映して
くる興味深いものが含まれています。
結構奥深く生き方に共通して教訓になる
ものが含まれていそうです。
さあ、ご一緒に考えてみませんか?

◇なぜ「サイクル」か?

「サイクル」は自然発生的現象に起因する
が、人間の心理や行動に端を発する場合も
ある。

優れた投資家はサイクルに注意を向けて
いる。過去にあったパターンが繰り返され
ていないかと気にかけ、問題とすべきサイ
クルのどこに今自分がいるのかを感じ
取る。

現況を見極めれば、未来を予測する能力
に頼らずとも未来に備える方法が分かる

のである。

◇サイクルの性質

「歴史は繰り返さないが、韻を踏む」
(マーク・トウェイン)

投資の世界ではサイクルが中心点の周りで
浮き沈みを繰り返し、振り子が行きつ戻りつ
している。

根本にある原因、動きのパターンには共通
する部分が多く時代が変わってある程度
一貫している。

トウェインが言いたいのは歴史の中のある
特定した流れ(例えば扇動政治家の台頭)
においてはひとつひとつの出来事が細か
い点で異なっていても、根本にあるテーマ
とメカニズムは一貫しているということだ。

同様にリーマンショックにおいても主として
不健全なサブプライムローンが大量に提供
されたことが原因になった。

行き過ぎた楽観主義、リスク回避の弱まり
過度に寛容な資本市場のせいで行われた。

つまり「細部は重要ではないが、テーマ
は絶対におろそかにできないもの」
であり、
繰り返される傾向が極めて強い。

・サイクルの種類
 景気サイクル
 景気サイクルへの政府の干渉
 企業利益サイクル
 投資家心理の振り子
 リスクに対する姿勢のサイクル

このような種類があるが、まとめると行き
過ぎたリスク許容の姿勢は危険の発生
を後押しする。そして、リスク回避の
姿勢が行き過ぎたところまで、振り子が
振れると相場は下落し、絶好の買い場
をもたらす。

一般的にリスクやサイクル変動に対して
心理的・感情的要素が平衡することは
ほとんどない。

◇市場サイクルを読み解くポイント

投資家が慎重に振舞い、前向きな感情
を表に出さない時、証券価格は潜在的
に割安になっている傾向にある。

一方、投資家が気分を高揚させ、行き
過ぎた熱情に駆られて買いに動くと
価格は危険な水準にまで上昇する。

投資成績は「何を買うかではなく、いくら
で買うか」
で決まる。

いくらで買うかは投資家の心理とその結果
としての行動で決まる。

投資に興味のない人には退屈な話題
かもしれませんが、極めて日常にある
人間臭いところが様々なものに共通
する気がしました。

そして、生きていく上でも
「今私はサイクルのどこにいるのか?」
をもう一人の自分が見つめることも
大事なことだと発見した気がしました。

Dsc_0225

(関東で小雪が積もりました。千両が
 赤い実をつけています)
************************************************
※私のKindle本(電子出版)の紹介
  
旬ブックス 「会社員のための五十才からの
       生きかた」シリーズ

①「会社員が定年後充実した生き方をする
ための四つの習慣」

 ~会社員のための
     「五十才からの生きかた」~
  2018年6月発売 
     
②定年後でもできる!
      Kindle本「セルフ出版」

  ~初めてでもWordだけで
         電子書籍が出せる~
  2018年8月発売

③「定年後」憂鬱を感じたら
 ~ある定年退職者のケース~

  2018年11月発売
  
いずれも ¥99 または 
Kindle unlimited 
(¥980月額制で無料ダウンロード)


今後の参考のためにも書評をいただけると
大変ありがたいです。よろしくお願いします。

PC版画面なら右上の「著書」クリック、また
はアマゾン本で「渡辺俊一」で検索すると
見つかります。kindleソフトをダウンロード
すると、専用端末でなくても、PCでもパッド
でもスマホでもご覧いただけます。
***********************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019/02/06

立春

早二月となり節分、立春の頃となりました。

立春とは二十四節季のひとつです。

「冬が極まり春の気配が立ち始める日。
『暦便覧』には「春の気立つを以って也」
と記されている。冬至と春分の中間に当
たり、昼夜の長短を基準に季節を区分
する場合は、この日から立夏の前日まで
が春となる。九州など暖かい地方では
梅が咲き始める。二十四節気が成立した
中国内陸部は大陸性気候のためこの
時期は気温が上がり始めているが、
海に囲まれた日本列島ではずれ込み、
立春の頃に寒気や荒天のピークとなる
ことが多い」(ウィキペディより 本ブログ
はウィキを応援しています)

私はお正月と並び一年が始まる区切り
として大事にしています。

「四柱推命や風水などの占いでは、
節分までは前年に属し、立春をもって
年が改まるとしているものが多い。
節分の豆撒きは立春を年初として、
新しい年の幸運を願っての昔からの
習慣である」(ウィキより)

元旦は今年も始まるゾ!ということで、
一年の展望なんぞを頭で考えます。

それに比べて立春は身体で感じる
新しい季節であり年です。特に今年は
関東地区立春で20℃近くまで気温が
上がりました。

「始まり~始まり~」これで心身共に新年
という塩梅ですね。

庭の紅梅も例年より少し早く花を咲か
せ始めました。お正月の黄色の蝋梅
からのバトンタッチです。

Dsc_0223_3

立春の和歌(紀貫之)

「袖ひちて むすびし水の こほれるを
  春立つけふの 風やとくらむ」

新たな年も「一日一生」で毎日を
味わい、大切に生きていきましょう・・・


************************************************
※私のKindle本(電子出版)の紹介
  
旬ブックス 「会社員のための五十才からの
       生きかた」シリーズ

①「会社員が定年後充実した生き方をする
ための四つの習慣」

 ~会社員のための
     「五十才からの生きかた」~
  2018年6月発売 
     
②定年後でもできる!
      Kindle本「セルフ出版」

  ~初めてでもWordだけで
         電子書籍が出せる~
  2018年8月発売

③「定年後」憂鬱を感じたら
 ~ある定年退職者のケース~

  2018年11月発売
  
いずれも ¥99 または 
Kindle unlimited 
(¥980月額制で無料ダウンロード)


今後の参考のためにも書評をいただけると
大変ありがたいです。よろしくお願いします。

PC版画面なら右上の「著書」クリック、また
はアマゾン本で「渡辺俊一」で検索すると
見つかります。kindleソフトをダウンロード
すると、専用端末でなくても、PCでもパッド
でもスマホでもご覧いただけます。
***********************************************


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »