« ゆく年2018年 | トップページ | 東福寺散歩 »

2019/01/02

新年と初詣

あけましておめでとうございます。
今年も「50才からの生きかた 渡辺俊一の
世界"Pride & Brand"」をよろしくお願い申し
上げます。

元旦も2日も私の自宅付近は晴天に恵まれ
清々しいお正月を迎えています。

最近の初詣は溝口神社へ行くことに
なりました。身近な神社の由来なども改めて
調べることは少ないと思います。こういった
記事を書くにあたって調べることもよい
きっかけです。

Dsc_0149

神社ホームページから引用します。

「神社の創立年代は定かではありませんが、
神社保存の棟札よれば、宝永5年(1709年)
武州橘樹郡稲毛領溝口村鎮守、赤城大明
神の御造営を僧・修禅院日清が修行したと
記されております。

江戸時代は神仏習合に よりまして、溝口
村の鎮守・赤城大明神と称されておりました。
 明治維新後、神仏分離の法により、溝口
村(片町・上宿・中宿・下宿・六軒町・六番組)
の総鎮守として祀るべく新たに伊勢神宮
より御分霊を奉迎し、御祭神を改め溝口
神社と改称、更に明治6年(1873年)幣帛
共進村社に指定」

300年ほどの歴史があることになります。
「御祭神の天照皇大神は皇室の御祖神で
あり、また私達(日本人)の総氏神でも
あります。」と女性が総元締めになること
は世界的にも珍しいことだそうで、日本人
の和を尊ぶ精神につながると説明されて
います。

人生や生活にはアクセントが必要だと
感じます。一時間、夜・昼、一日、一週間
月、年と単位がありますが、何と言って
も一年の区切りはもっとも気が引き締ま
ります。

以前の数え年では新年に年齢を重ねる
ので、強く意識されますが、最近では
気持を新たにするとか、一念発起の
きっかけとか、生活や習慣を一新する
契機として活用しようという気持ちが
強いようですね。

溝口神社では「日本一美人のおたふく
さん」とか百種類以上あるお守りとか
無料の甘酒とかいろいろ楽しんでお参り
するといった工夫がされています。

ローカルなので、そんなに混雑すること
もなく私たちの年代夫婦には頃合いの
神社だと思いました。

ことしも夫婦、家族「健康第一」で過ごし
ていけるよう改めて気持ちを新たに
お祈りをしました。

皆さまもよき一年となりますよう・・・


************************************************
※Kindle本(電子出版)PR※
※1月3日(木)16:59まで無料キャンペーン
旬ブックス 「会社員のための五十才からの
       生きかた」シリーズ

  ※お正月三が日キャンペーン実施!※

①「会社員が定年後充実した生き方をする
ための四つの習慣」

 ~会社員のための
     「五十才からの生きかた」~
 
  >お正月無料キャンペーン
   1月1日(土)17:00~1月3日(月)16:59 
     
②定年後でもできる!
      Kindle本「セルフ出版」

  ~初めてでもWordだけで
         電子書籍が出せる~
 
  >お正月無料キャンペーン
   1月1日(土)17:00~1月3日(月)16:59 

③「定年後」憂鬱を感じたら
 ~ある定年退職者のケース~

  
  >お正月無料キャンペーン
   1月1日(土)17:00~1月3日(月)16:59  

いずれも ¥99 または 
Kindle unlimited 
(¥980月額制で無料ダウンロード)


読者のご意見として書評をいただけると、
今後のため大変ありがたいです。
よろしくお願いします。

PC版画面なら右上の「著書」クリック、また
はアマゾン本で「渡辺俊一」で検索すると
見つかります。kindleソフトをダウンロード
すると、専用端末でなくても、PCでもパッド
でもスマホでもご覧いただけます。
***********************************************

|

« ゆく年2018年 | トップページ | 東福寺散歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新年と初詣:

« ゆく年2018年 | トップページ | 東福寺散歩 »