« 初冬の鎌倉散歩 | トップページ | ホーチミン市訪問(後篇) »

2018/12/07

ホーチミン市訪問(前篇)

12月初めにベトナムホーチミン市を訪ね
ました。ベトナム戦争終結まではサイゴン
として知られていました。人口が9250万人
(世界12位)で平均年齢が若い将来性の
ある国の最大の都市(人口800万人)です。
※2014年末
羽田から飛行機で5~6時間の距離にあり
ます。平均気温が23℃~32℃の常夏で
季節は雨季と乾季に分かれています。

Dsc_0004

日本のODAで建設されたタンソンニャット
空港は南の国の雰囲気に溢れています。

◇歴史
大きくは中国の支配との何度にもわたる
戦い、19世紀のフランスの植民地時代、
第二次世界大戦時の日本による仏印
駐留、戦後の独立戦争とそれに伴う南北
分離、その後のアメリカ介入によるベトナム
戦争を経て、ベトナム社会主義共和国と
なり、1976年4月再統一をします。

その後中越戦争を経ながら、86年には
社会主義型市場経済を目指す『ドイモイ
(刷新)政策』を開始し、改革・開放路線に
踏み出します。

このあたりは同時代を生きているので、
記憶にありますが、改めてベトナムの
現代化の苦労を感じます。

◇戦争に関し

Dsc_0013

戦争証跡記念館を訪ね、フランスからの
独立の戦い、ベトナム戦争を中心に
展示されています。「こうして我々は戦い
そして、戦争に勝った」という誇りを国民
に示そうという意思を感じます。

小学生、中学生の団体がたくさん訪れ
てました。日本「ベ平連」(ベトナムに平和
を市民連合)の展示もあり、その響きを
懐かしく思い出します。

Dsc_0011
プロパガンダ アート街角のある看板も
不思議な社会主義であることを思い
起こさせます。


◇フランス統治時代の建物

東洋のパリとして有名なのも頷けます。

Dsc_0007
ホーチミン人民委員会庁舎

Dsc_0063

中央郵便局 現在も郵便局として使われ
ていて、みやげもの屋も併設されている。

◇バイク王国

Dsc_0012
「バイクの街」とも言える。交通法規の執行
状況は改善しつつあるとはいえ、一方通行
を逆走、赤信号無視、歩道走行、5人乗り、
過積載などは日常茶飯事です。

日本人の私たちからすると、とにかくハラ
ハラするシーンの連続です。一方で国民
のたくましさをも感じさせます。

乗用車はトヨタ、バイクはホンダが多く見か
けられます。日本車が圧倒しているのは
うれしいものです。

◇ODA、地下鉄建設

国際空港やカントー橋、ハイヴァントンネル
やノイバイ国際空港やニャッタン橋など、
ベトナムの基幹インフラを建設・支援して
いる最大の国は日本です。

現在2020年を目指し、中心部で地下鉄
建設が進んでいます。日系企業の活躍
が目立ちます。

Dsc_0026

◇ベンタイン市場

1500もの店が集まり、冷房などもない
巨大建屋に熱気がこもり、とてつもない
活気が魅力の市場です。
Dsc_0025

政府公認店は店員が制服を着ています。
しかし、多くは民間で値引き交渉が出来て
面白いそうです。ナッツ類を買いました。

この国は国民性と合わせ、人口(9,250万人)
若さと熱気、これから21世紀前半、発展する
ことは間違いないと確信しました。

後編は水上人形劇、食事、自然をリポート
します。

************************************************
※私のKindle本(電子出版)ぜひ読んでみてください。
  
旬ブックス 「会社員のための五十才からの
       生きかた」シリーズ

①「会社員が定年後充実した生き方をする
ための四つの習慣」

 ~会社員のための
     「五十才からの生きかた」~
        
②定年後でもできる!
      Kindle本「セルフ出版」

  ~初めてでもWordだけで
         電子書籍が出せる~
  >キャンペーン中 
    カテゴリ別で5位記録!
③「定年後」憂鬱を感じたら
 ~ある定年退職者のケース~

  11月5日発売!
  >キャンペーン中 
    カテゴリ別で4位記録!

いずれも ¥99 または 
Kindle unlimited 
(¥980月額制で無料ダウンロード)


今後の参考のためにも書評をいただけると
大変ありがたいです。よろしくお願いします。

PC版画面なら右上の「著書」クリック、また
はアマゾン本で「渡辺俊一」で検索すると
見つかります。kindleソフトをダウンロード
すると、専用端末でなくても、PCでもパッド
でもスマホでもご覧いただけます。
***********************************************

|

« 初冬の鎌倉散歩 | トップページ | ホーチミン市訪問(後篇) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホーチミン市訪問(前篇):

« 初冬の鎌倉散歩 | トップページ | ホーチミン市訪問(後篇) »