« テレビドラマ「CSI」 | トップページ | ホーチミン市訪問(前篇) »

2018/11/27

初冬の鎌倉散歩

私が習っている篠笛の先生坂本真理さん
の横笛コンサートが鎌倉能舞台で開かれ、
行くことにしました。鎌倉の江ノ電長谷駅
から歩いていけるところです。

関西観光を十年以上やった身としては、
鎌倉は興味深い対象です。私の長期に
わたるテーマのひとつです。
今回は銭洗弁天、高徳院の大仏を観に
行くことにしました。

何と今まで行ったことがありませんでした。
勤労感謝の日を含む三連休、写真のよう
に快晴でした。

◇銭洗弁天
源頼朝が、1185年巳の日に見た霊夢に従い、
佐助ヶ谷の岩壁に湧く霊水を見つけ、そこに
洞を穿ち社を建てて宇賀神を祀ったと伝え
られる。

北条時頼がこの霊水で銭を洗って一族繁栄
を祈ったのが銭洗の始まりといわれる。

昔、生命保険のおばさんに洗った5円玉を
もらったことを思い出す。

Dsc_2551_1


Dsc_2553_1


Dsc_2552

急坂を上ると隧道が現れ、佐助ヶ谷と呼ば
れる岩壁でいかにも霊水といった趣だ。

◇高徳院の大仏

銅造阿弥陀如来坐像(国宝)

「像高約11.39メートル(台座を含め高さ
13.35メートル)。重量約121トン。
角張った、平面的な面相、低い肉髻
(にっけい、頭髪部の椀状の盛り上
がり)、猫背気味の姿勢、体部に比し
て頭部のプロポーションが大きい点
など、鎌倉期に流行した「宋風」の
仏像の特色を示しており、鎌倉時代
を代表する仏教彫刻として国宝に
指定」(ウィキペディア)

Dsc_2557


Dsc_2558


Dsc_2559


Dsc_2560
(大仏の内部に入り上方を仰ぐ。
 くぼんだ部分が大仏の頭部。
 内部に20円で入れる)

露天で様々な天災があったにもかかわら
ず、よくぞここまで継続してきたと驚かさ
れます。昭和の大改修で強化プラスティ
ックを使って頭の部分補強したり、台座
が免震構造になっていたり、人々の努力
の継続の賜物だということに感動しました。

高徳院は拝観料200円で京都の諸寺院
とくらべると安い感じがします。

お天気のいい初冬の鎌倉散策と能舞台
で篠笛の芸術性に触れる文化度の高い
一日を楽しみました。

************************************************
※私のKindle本(電子出版)ぜひ読んでみてください。

キャンペーン中のダウンロードありがとう
ございました。
  
旬ブックス「会社員のための五十才からの
       生きかた」シリーズ

①「会社員が定年後充実した生き方をする
ための四つの習慣」

 ~会社員のための
     「五十才からの生きかた」~
        
②定年後でもできる!
      Kindle本「セルフ出版」

  ~初めてでもWordだけで
         電子書籍が出せる~
  >キャンペーン中 
    カテゴリ別で5位記録!

③「定年後」憂鬱を感じたら
 ~ある定年退職者のケース~

  11月5日発売!
  >キャンペーン中 
    カテゴリ別で4位記録!

いずれも ¥99 または 
Kindle unlimited 
(¥980月額制で無料ダウンロード)


今後の参考のためにも書評をいただけると
大変ありがたいです。よろしくお願いします。

PC版画面なら右上の「著書」クリック、また
はアマゾン本で「渡辺俊一」で検索すると
見つかります。kindleソフトをダウンロード
すると、専用端末でなくても、PCでもパッド
でもスマホでもご覧いただけます。
***********************************************

|

« テレビドラマ「CSI」 | トップページ | ホーチミン市訪問(前篇) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初冬の鎌倉散歩:

« テレビドラマ「CSI」 | トップページ | ホーチミン市訪問(前篇) »