« 「修養」にみる温故知新 | トップページ | 脳科学者 茂木健一郎氏 »

2018/10/20

テニス対外試合

すっかり秋本番となりました。
スポーツの季節ともなりましたね。
様々なスポーツが一年の締めくくりの
時期を迎えました。好きな方は目が離せ
ませんね。テニスでいえば、今年は
大坂なおみ選手ツアーファイナルズ楽しみ
です。

かねてからテニスの対外試合に出ようと
思っていました。クラブ部内には出ていま
したが、対外試合は得るものがあります。

10月初旬から開催されている第82回田園
オープンテニストーナメントです。
60才以上のベテランの混合ダブルスに
出てみました。40才ころに横浜市民大会
に出て以来です。

結果は一回戦負け(0-6,5-7)でしたが、
負けた相手が決勝まで進出し、準優勝を
しましたので、第二セットは善戦した分
達成感はありました。

普段知っている人とゲームをするのとは
違った緊張感があり、いかにボールを
つないでチャンスに決めていくかとか、
多くの気づきがありました。

これからはテニスを続ける楽しみにする
上でも草トーナメントに積極的に出てみよ
うと考えています。前にもお伝えしました
が、そのために日本テニス協会のベテラン
選手登録もしてあります。

次はシングルスにも挑戦しようと月末に
横須賀テニス選手権に出場予定です。
(ベテラン60才以上の部)

今年は対外試合に出ることが目標のひと
つでしたので、まずは実現させることが
できました。毎年一年の初めに今年に
実現させたいことを書き出しています。
それが実現していくととても充実感や
達成感があります。そんなことをサクセス
クラブという異業種交流会で四半世紀も
継続していて、その会の幹事を務めて
います。

どの世界にもすごい人というのは存在
していて、とても刺激になりますね。

今後は勝つことの大変さを味わいながら
工夫をして楽しみに変えていきたいと
思っています。今後の生活にはテニス
が大きな存在感になりつつあります。

Dsc_2531
(植物は素晴らしい・・・ちゃんと時期に
 なると、準備をしていて花を咲かせ
 ようとする。ツワブキの旬は11月だが、
 もうその季節になりつつある)

************************************************
※私が出版したKindle本(電子出版)
  ぜひ読んでみてください。

  
旬ブックス「会社員のための五十才からの
       生きかた」シリーズ

①「会社員が定年後充実した生き方をする
ための四つの習慣:」
 ~会社員のための
     「五十才からの生きかた」~
        
②定年後でもできる!
      Kindle本「セルフ出版」:
  ~初めてでもWordだけで
         電子書籍が出せる~

いずれも ¥99 または 
Kindle unlimited 
(¥980月額制で無料ダウンロード)


今後の参考のためにも書評もよろしく
  お願いします。

PC版画面なら右上の「著書」クリック、または
アマゾン本で「渡辺俊一」で検索すると
見つかります。kindleソフトをダウンロード
すると、専用端末でなくても、PCでもパッド
でもスマホでもご覧いただけます。
***********************************************

|

« 「修養」にみる温故知新 | トップページ | 脳科学者 茂木健一郎氏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テニス対外試合:

« 「修養」にみる温故知新 | トップページ | 脳科学者 茂木健一郎氏 »