« 米海兵隊リーダの11の鉄則 | トップページ | 「健康は歩き方で作れる」 »

2018/09/12

北海道地震お見舞い

6日未明に起きた北海道胆振(いぶり)地方
を震源とする最大震度7の地震は本当に
大きい爪痕、さらには全道電力不足という
事態になりました。

一週間近く経ちました。
心よりお見舞い申し上げます。

実は私が8月30日から二泊三日で
北海道に旅行をしておりまして、31日から
1日にかけて一泊厚真町に滞在しました。

「こぶしの湯あつま」に泊まり、ラドン温泉
で汗を流しながらゆったりと一泊しました。

それからわずかで直下型地震が起きたこと
に大きな衝撃を受けました。

いろいろお世話になった人の顔や風景を
思い出し、突然の災害の恐ろしさを
ただただ感じてしまいます。

豪雨、台風、地震と災害が継続している
昨今、当たり前に思っている日常というの
がいかにありがたいものかを考え直す
ことが大切か痛感します。

出来ることで復興に役に立ちたいと
思います。
Dsc_2515

(こぶしの湯 あつま)


Dsc_2516_1

(最寄り駅 早来駅)


Dsc_2513

(その時乗ったキハ40型ディーゼルカー)

自分で計画し、支笏湖、苫小牧周辺の
旅のことを書く予定でしたが、急遽変更
してお届けします。

|

« 米海兵隊リーダの11の鉄則 | トップページ | 「健康は歩き方で作れる」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道地震お見舞い:

« 米海兵隊リーダの11の鉄則 | トップページ | 「健康は歩き方で作れる」 »