« 自主企画の旅 | トップページ | 「修養」にみる温故知新 »

2018/09/29

「定年筋トレ」その後

今年3月「定年筋トレ」の記事を書きました。

その後の経過をご報告します。
そもそも「定年筋トレ」とは?おさらいします。

「年をとれば衰えるのは当たり前と思って
いる人、それは間違い。体が衰えるのは
「年をとるから」ではなく「動かなくなるか
ら」です。ちゃんと筋トレで体を動かせば
何歳からでも筋量も筋力も上がる。筋肉
が増えることで、さらに動けるようになる。
しかも筋トレは脳の機能を上げ、すべて
の臓器の機能を改善し、血管をよみがえ
らせます。この好循環のスイッチを入れ
るのが「筋トレ」なのです。散歩だけじゃ
ダメ!定年前後の今こそがあなたの筋
トレ適齢期です。」

いかがですか?結構やる気になる文章
ですよね・・・・・

「定年筋トレ」本にあったメニューをその
まま取り入れ、実施記録を付けていくこと
にしました。

◇自室トレーニング

まずは、写真入りメニューをコピーして
ラミネート化して、いつでも見られるよう
にしました。

Dsc_2525

平日が休みの時、3月から平均月5回
程度です。終わった後、一丁前にプロ
テインを牛乳に溶かし補給しました。
カタチもだいじですものネ!

◇ジムトレーニング

さらに、近所の市民プラザという市営
施設にジム(一回500円)があり行って
みました。ここでは、ジム用のメニュー
です。

Dsc_2526

◇ジム通いの留意点
本によると、「ジム通いを楽しく長く続け
るためには、コミュニケーション力も大切
初期はパーソナルトレーナーにしっかり
指導を受け、慣れてきたら自然にできる
仲間と和気あいあいで。
・フォームと呼吸は最初に身に着けよう
 力を入れるときは吐き、元に戻すとき
 に吸う
・周囲のベテランを意識し過ぎない
 初心者は自分のことだけ意識して、
 対抗して無理しない
・目的を明確にする
 ①筋持久力
 ②筋量
 ③筋力
 「定年筋トレ」なら通常①②
・フリーウェイトかマシンかはトレーナー
 と相談を
・最初は少し費用が掛かってもパーソナル
 トレーナーを 」

最初は相談しずらいし、いつも来ている
ボスみたいな人がいて、ちょっと気後れ
します。しかし、助言を受けながら、淡々
と取り組んでいき、筋肉量を減らさず、
むしろ少し増やす目的で、怪我をせず、
いつまでも動く身体作りを目標にしたい
と考えています。

自室とジムを組み合わせてうまく運用
すれば、費用はそれほど掛からず本格的
なトレーニングにもなります。
65才からは月4000円で施設使いたい放題
となるので、本格定年後の生活のリズム
のひとつとして期待されます。

Dsc_2521

(新幹線からの車窓 稲穂が垂れ、収穫
 の季節を迎える。 こういったことが
 当たり前でない災害が多発している。
 「当たり前」に対する感謝が大切で
 あることを教えている。
 滋賀県付近)

************************************************
※私が出版したKindle本(電子出版)
  ぜひ読んでみてください。

  
旬ブックス「会社員のための五十才からの
       生きかた」シリーズ

①「会社員が定年後充実した生き方をする
ための四つの習慣:」
 ~会社員のための
     「五十才からの生きかた」~
        
②定年後でもできる!
      Kindle本「セルフ出版」:
  ~初めてでもWordだけで
         電子書籍が出せる~

いずれも ¥99 または 
Kindle unlimited 
(¥980月額制で無料ダウンロード)


今後の参考のためにも書評をよろしく
  お願いします。

PC版画面なら右上の「著書」クリック、または
アマゾン本で「渡辺俊一」で検索すると
見つかります。kindleソフトをダウンロード
すると、専用端末でなくても、PCでもパッド
でもスマホでもご覧いただけます。
***********************************************

|

« 自主企画の旅 | トップページ | 「修養」にみる温故知新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「定年筋トレ」その後:

« 自主企画の旅 | トップページ | 「修養」にみる温故知新 »