« マルガレータ・マグヌセンさん | トップページ | Kindleセルフ出版のノウハウ本 »

2018/07/29

お孫ちゃま

家族や個人的なことはあまり話題にして
きませんでした。60才代になってくると
孫が生まれ、育つ年代になっています。

様々な環境があるので、積極的に話題
には出しませんが、自然に「孫自慢」に
なることがあります。お聞き苦しい点も
あろうかと存じますが、お付き合いくだ
さい。

私には二人の孫がいます。長女の子供
たちです。2012年生まれのまもなく6才と
2016年生まれの2才の女の子たちです。

私はかつて孫をスマホの待ち受け画面
なんかには絶対しないゾと言っていまし
たが、生まれてくると、それはもうかわい
いそのもので、思わず待ち受けにしてし
まい、周囲に大いに笑われてしまいま
した。

子育て時代と大きく変わることは、一緒に
いる時間が限られているし、疲れれば親に
戻せばいいという、「気楽さ」にあります。
預かっている間は神経を使いますが、
子供に対する「全責任」から解放されて
いることにあるのでしょうね。

それだけに特に孫との共有する時間と
いうのは大切な思い出として大事に
集中して過ごすようにしています。

孫にとっても小さいころに祖父祖母と
触れ合った記憶というのは成長過程の
糧ともなるでしょう。

私は今年の8月公開の日美展(色鉛筆
部門)に「孫娘たち」と題して出品し入選
しました。規定で事前にはお見せする
ことはできませんが、終了後にはこの
ブログにも掲載しようと思います。

かわいい年代のワンショットを描くこと
は喜びです。瞬間・瞬間を大事に過ごす
ことこそが、充実した人生といえるので
しょう。

高野山の発行するカレンダーにこんな
文言がありました。

「登り切った所に 人生の到達点がある
 のではなく 一歩一歩の 歩み
 そのものの中に 人生はある」

"Life dose not exist at the end of the
final destination of climbing.
Life exists in each one of the steps
one takes."

いい言葉ですね。

夢や目標を設定し努力していくことが
前提ですが、充実した人生とはゴール
に向けたプロセスを大切に過ごすこと
と言えるのでしょう。

お孫ちゃまたちは無邪気に遊んでいる
ように見えますが、周囲の人々の表情、
発言、雰囲気を絶えず敏感に感じなが
ら過ごしていることが分かります。

まあ、年寄りの二大話題は「孫」「病気」
とはよく言われますが、健康に気を付け
て60才代を過ごしましょ・・・

Dsc_2380


************************************************
※私が出版したkindle本(電子出版)
  ぜひ読んでみてください。
  今後の参考のためにも書評をよろしく
  お願いします。

①「会社員が定年後充実した生き方をする
ための四つの習慣:」
~会社員のための
     「五十才からの生きかた」~
         (旬ブックス)
②定年後でもできる! Kindle本「セルフ出版」:
~初めてでもWordだけで電子書籍が出せる~

¥99 または kindle unlimited

5日間のサマー無料キャンペーンを行います。
 8月13日(月)20:00~17日(金)19:59
 ご活用ください。

PC版画面なら右上の「著書」クリック、または
アマゾン本で「渡辺俊一」で検索すると
見つかります。kindleソフトをダウンロード
すると、専用端末でなくても、PCでもパッド
でもスマホでもご覧いただけます。
※二作目を出しました。
***********************************************

|

« マルガレータ・マグヌセンさん | トップページ | Kindleセルフ出版のノウハウ本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お孫ちゃま:

« マルガレータ・マグヌセンさん | トップページ | Kindleセルフ出版のノウハウ本 »