« プラド美術館展 | トップページ | テニスベテラン選手登録 »

2018/06/04

kindle本(電子書籍)出版!

悪戦苦闘していたkindle本(電子書籍)が
とうとう出版の運びとなりました。

KDP(kindle direct publishing)というもの
です。私の場合word文章だけで縦書き
の本を出版するという試みです。

「会社員が定年後充実した生き方をする
ための四つの習慣:
~会社員のための
      「五十才からの生きかた」~
              (旬ブックス)

Ebook1jpeg


(表紙の写真はサクセスフォーラムで三浦
 海岸のマホロバマインズから東京湾を
 望んだ遠景を使いました)


このブログで14年続けてきたことをまと
めて、特に50才代の方々へのエールとしま
した。

価格は99円とお手軽に設定しました。
よろしくお願いします。kindle unlimitedの
定額コースの方は無料でダウンロードで
きます。

「旬ブックス」とは私のオリジナルレーベル
です。「旬」と俊一の「俊」をかけたもの
です。(蛇足・・・)
今後シリーズにしていきたいと思って
ワクワクしています。

電子出版のメリットは、wordベースの
文章さえ作れば、登録料なしで出版できる
ことです。

私たちの世代はまだ電子出版(デジタル本)
への馴染みは薄いかもしれませんが、個人
がこうやって出版社を通さなくても出版でき
るKDPは可能性の大きなものだと確信いた
しました。

内容を以下ご紹介します。

「人生百年時代に会社員が定年を迎えた
後の人生は30年から40年近くあります。
どう準備するかは、後半の人生を充実した
楽しいものにできるかどうかの重要なカギ
を握ります。

50才代はその準備期間として極めて大切
です。会社員は組織の中で分業体制で過ご
し、多くの仕事は与えられてきたものです。
その環境で努力をしスキル、ノウハウ、マネ
ジメント能力を磨き、多くのリスクを処理して
無事定年まで勤めあげることは大いにリス
ペクトされて然るべきものといえるでしょう。

しかし、定年後の自分の姿を明確に描くこと
ができる人は少なく、多くの人が環境の激変
(組織、肩書、権限の喪失等)にさらされなが
ら解放感の一方で、孤独感にさらされること
も事実です。

内館牧子氏の「終わった人」などで取り上げ
られる定年後の準備や覚悟がなかった時の
ドタバタは、結局多くの人が体験する典型的
な例だと私の経験でも感じるものです。

定年後の体験も含め、長年同時進行ブログ
「50才からの生きかた 渡辺俊一の世界」で
自ら実践してきた筆者が分かりやすく解説
するシリーズものの第一巻です。」

アマゾン本で「渡辺俊一」で検索いただくと出て
きます。ぜひぜひ お読みになられて感想をUP
いただけると励みになります。

出版のノウハウは世にたくさん出ていますが、
本当に使える情報は少ないものです。
今後はそういったことも情報発信していきます。


アマゾン本で「渡辺俊一」で検索すると
見つかります。

kindleソフトをダウンロード
すると、専用端末でなくても、PCでもパッド
でもスマホでもご覧いただけます。


|

« プラド美術館展 | トップページ | テニスベテラン選手登録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: kindle本(電子書籍)出版!:

« プラド美術館展 | トップページ | テニスベテラン選手登録 »