« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月の投稿

2018/06/24

夏至と心の原風景

Dsc_2370

今年の夏至は6月21日でした。梅雨の合間
に幸い晴れてくれました。日没19:00頃の
自宅近くのスナップです。大変美しい夕日
です。電柱と電線は余計ですが・・・


「夏至(げし、英: summer solstice)は、二十
四節気の第10。北半球ではこの日が一年の
うちで最も昼(日の出から日没まで)の時間
が長い。


期間としての意味もあり、(私の大好きな
二十四節季では)この日から次の節気の
小暑前日までである。

西洋占星術では、夏至を巨蟹宮(かに座)の
始まりとする」


「スウェーデンの民俗学者によると、夏至
を祝うミッドサマーの祝日から9ヶ月後に生ま
れる子供が多いという。ギリシャ北部では、
未婚女性がイチジクの木の下に自分の持ち
物を置くと、夏至の魔法により将来の夫の
夢を見るという伝承がある。ポーランドでは
スラブ民族の祝日、「イワン・クパラの日」の
夜には、人々が恋に落ちるという言い伝え
がある。イギリスのストーンヘンジでの夏至
祭りは、ドルイド教に由来し、男性神、女性
神の出会いを祝う意味があると言われてい
る」 (「 」はウィキペディアから)

太陽の恵みが貴重な北ヨーロッパの人たち
の気持ちがわかる気がします。

「日本では、冬瓜を食べる。新小麦で焼餅を
つくり神に供える風習がある。豊作を祈願
するもので、田作を手伝ってくれる近所に
配る場合もあり、関東で多いが島根県や
熊本県でも同様の行事が行われる」

作物が根をしっかり張れるようにタコを食べ
るという風習もあるそうです。

最近こういった四季の中で人々の営みの
中で、自然な願いや祈りといったことに
関心がでてきました。

私は前から陽が伸びている年の前半は
理由は分かりませんが、何だかうれしく
夏至を境に日中が短くなり、暑さが和らいで
来る秋の季節になるとなんだか悲しくなる
感情が湧きます。人生の残り時間に対する
漠然としたと関係があるのかもしれません。

また、NHK BSでやっている日本全国を
自転車で回る「日本縦断こころ旅~とうちゃ
こ~」という番組があります。火野正平氏が
視聴者の投稿した懐かしい場所を回って、
その場所で懐かしの由来のお手紙を読む
というシリーズです。

火野正平氏の昔のキャラからは想像できま
せんが、いろいろなことを乗り越えて今日
を生きているこのユニークな人物と一般人
の大変素朴なお手紙のコントラストが面白い
です。私より5才年上です。

小学生の頃の自宅や通学路の風景、旅先の
情景、自分の小さいころの原風景というのを
懐かしく思い出すことと重なってきます。
センチメンタルな心情に響きます。

会社員時代に「前に前に」と目標に向けて
生きてきたことを考えると、懐かしさに浸る
時間ができてきたことに我ながら驚いて
います。

二十四節季に季節感や無常観を感じてい
くのと合わせて原風景というノスタルジーと
いう感情も悪くないでしょう・・・

Dsc_2371

(ノウゼンカズラが梅雨の蒸し暑い雨の
 日に最盛期を迎える)

******************************************
※私が出版したkindle本(電子出版)
  ぜひ読んでみてください。
   今後のために書評もよろしくお願い
   します。
「会社員が定年後充実した生き方をする
ための四つの習慣:」
~会社員のための
      「五十才からの生きかた」~
              (旬ブックス)
アマゾン本で「渡辺俊一」で検索すると
見つかります。kindleソフトをダウンロード
すると、専用端末でなくても、PCでもパッド
でもスマホでもご覧いただけます。
******************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/17

感情の敏捷性(EA)

人生においては、行く先にどんな試練が待ち
受けているかを知る手立ては少ない。厄介
な人間関係を避けられるように、何かが
見守ってくれるわけでもない・・・

の出だしではじまる本書「EA ハーバード流
こころのマネジメント~予測不能の人生を
思い通りに生きる方法~」 
スーザン・デイビッド著須川綾子訳
(ダイヤモンド社)を取り上げてみます。

感情という厄介なしろもの、取り扱い注意
につき、分かりやすい取説が必要ですね。

「私たちにあるのは感情だ。恐怖、不安、
喜び高揚感。それは人生の複雑な流れを
うまく進んでいくための進化した神経系統
である。

豊かな人生を送るために自分の感情を
意識的に扱い、受け入れ、折り合いをつ
ける術が「EA Emotional Agility (感情の
敏捷性)」である。軽快さという意味合い
もあるかもしれません(筆者注)

◆ステップ1 「向き合う」

 人生の満足度を決めるのは何か?
 生きていく上で不安や後悔は避けられ
 ない。そういった経験の数や深刻さより、
 困難な状況に対して如何に向き合うか
 によって人生の満足度は左右される。

 自分の欠点や影の部分といかに共存
 し、そこからいかに学ぶかによって
 決まる。

・自分の弱さや過ちを許せるか
 私たちはよく自己批判に陥るが、自分に
 対して思いやりと支援の気持ちをもって
 接しよう。自分の誤りや不完全なところ
 を許すのだ。
 
 難しいことだが、目の前にある事実を
 受け入れない限り、自分や周りの状況
 は変えられない。受容は変化の必要
 条件だ。

・無理にコントロールしようとしない
 心の中に喜びと痛みの両方を受け入れ
 る場所を作り、居心地の悪い状態でも
 不快でないと感じられるようにする。

 つまり感情を「良い」「悪い」ではなく
 単なる「状態」としてとらえることを意味
 する。

◆ステップ2 「距離を置く」

 テキサス大学のペネベイカーは40年間
 「書く」という行為と感情処理の研究を
 した。

 様々な実験を通じて起きた出来事につ
 いて 書いた人たちが心身の健康が著
 しく向上したことを確認した。

 自分の感情に向き合った後に、そこから
 「距離を置く」ことが重要だ。書くという
 行為を通して、考える自分と考えの間
 に、そして感情を抱く自分と感情の間
 に距離を置き、新たな視点を獲得し、
 解放され、前進できるのだ。

◆ステップ3 「理由を考えながら歩む」

・他人の行動は感染する
 「流れに身を任せる」だけでは仕事や
 人生は目的を失う。意思を書いた人生
 は目標や充実には届かない。

 自分が望む生き方に見合った決断を
 推し進めるには自分の価値観を見極
 めそれを道標にするしかない。

・価値観を見極めるための質問
 ①心の底で何が大切だと思っているか?
 ②どんな人間関係を築きたいと思って
   いるのか?
 ③どんな人生にしたいのか?
 自問自答することが大切。

・自分の価値観を磨く
 価値観を知ることは「理由を考えなが
 ら歩む」ことの半分でしかない。自覚し
 ても実践しないと意味がない。価値観
 を案内役に自分にとって大切なことを
 目指し進んでいくべきだ。

 価値観に近づく行動を選ぶ機会が増え
 れば、人生はそれだけ充実し、意義の
 あるものになろう。

◆ステップ4 「前進する」

 ・小さな変化を起こすべき3つの領域
 人生を変える最も効果的な方法は
 今あるもので、今いる場所で、できる
 ことを実践することだ。

 「マインドセット(自分の信念)」
 「やる気」「習慣」が 3つの領域。
 ここで起こる小さな変化は生涯にわ
 たる大きな変化につながる。

・固定型マインドセットと成長型マインド
 セット
 知能、能力が固定だと考えは変化・
 成長を妨げる。マインドセットに磨きを
 かけ、変えられる方向にもっていく。

・マインドセットは寿命や健康も左右する
 以下の問いにどう答えるだろうか?
 ①老人は無力だ
 ②年を取るにつれ人生の状況は悪化
   する
 ③今年の私は昨年より元気がなくなっ
   た

 長年の研究では加齢を否定的に捉えた
 人は前向きに捉えた人に比べて、心臓
 発作や脳卒中の経験率が二倍に達し
 ていた。

 長期的に健康に影響を与えていたのは
 「マインドセット」だったのだ。自己に
 対する柔軟な感覚はEAの基礎になる。

結論:成長型マインドセットを備え、自らを
 人生の主体と考えている人は、新しい
 経験を進んで受け入れ、積極的にリスク
 を取り、粘り強さや失敗から立ち直る力
 (レジリエンス)においても優れている。

定年後の生き方を指南してくれていると
感じます。
・自分の失敗や欠点を受容する。
・自分の感情と距離を置くことができるよう
 にする(書くことが役に立つ)
・価値観を見極めながら、磨き、貫く
・今いる場所で小さな変化を積み重ねる
・「マインドセット」「やる気」「習慣」の
 3つの領域を意識し、前に進む
・結果、充実した人生や健康長寿を獲得

 
Dsc_2363
(紫陽花が終わりつつあり、百合が香を
 放ちながら咲き始めた)
********************************
※私が出版したkindle本(電子出版)
  ぜひ読んでみてください。
   今後のために書評もよろしくお願い
   します。
「会社員が定年後充実した生き方をする
ための四つの習慣:」
~会社員のための
      「五十才からの生きかた」~
              (旬ブックス)
アマゾン本で「渡辺俊一」で検索すると
見つかります。
********************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/10

テニスベテラン選手登録

私が長年テニスをしてきたことは、すでに
何回かお伝えしてきました。

定年後のすべきこととして筆頭に挙げられ
ることです。会社員時代はゴルフが中心で
テニスはかろうじて継続する従の立場で
した。

定年後のことを考え、二年前にテニスクラブ
に入りました。メンバーさんと馴染みになり
仲間に入れてもらうには、時間が掛かり
ます。挨拶を欠かさず、ゲームに入れて
もらったら感謝をするといった姿勢で仲間
に入れると結構楽しくなってきます。

どの世界も高齢化が進んでいて、会員の
平均年齢は60才代後半になっています。

現在64才の私は若手の部類に入ります。
クラブ内の試合やイベントに積極的に参加
してきましたが、もう少し高い目標を探し
ていると、日本テニス協会に選手登録を
して、全日本ベテランテニス選手権大会、
地域ベテランテニス選手権大会に出場と
いう方法があることが分かりました。

http://www.jta-tennis.or.jp/
(日本テニス協会ホームページ)

ポイントランキングが五才刻みに年齢が
分かれていて、来年65才になる私は65才
から69才という年齢別に挑戦しようかと
思い始めました。

先日ベテラン選手登録をしました。(年間
3.000円)

時間がフリーになるので、シングルスの
試合に出てみようと考えています。そういう
目標があれば、日ごろのテニスに対する
取り組みも変わるし、筋トレもやりがいが
でてきます。

もちろん65才~69才は一番の激戦区で
あることは間違いありません。試合は平日
も行われますから、フルタイムで働いている
人は出ずらいことがあるかもしれません。

試合により獲得ポイントがあり、ランキング
が公表されます。私が大阪勤務時代の部下
だった人(通称さむさむ)が現在55才~59
才の部で151タイ(4月末現在)に着けて
います。とても刺激になります。かれは会社
員現役ですから、相当努力されているので
しょう。

だんだんテニスの存在が私の生活の中で
ウェイトが増してきました。これも定年後の
生活として必然かもしれません。

テニスを続けていられるということは何より
健康状態を維持するということを意味するの
で、気を引き締めて病気・けがをしないよう
自己管理が必須になってきます。

関東地方も梅雨入りしました。
雨に打たれる紫陽花も青の美しさを愛でる
季節です。


Dsc_2360

※私が出版したkindle本(電子出版)
  ぜひ読んでみてください。
   よろしくお願いします。
「会社員が定年後充実した生き方をする
ための四つの習慣:」
~会社員のための
      「五十才からの生きかた」~
              (旬ブックス)
アマゾン本で「渡辺俊一」で検索すると
見つかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/04

kindle本(電子書籍)出版!

悪戦苦闘していたkindle本(電子書籍)が
とうとう出版の運びとなりました。

KDP(kindle direct publishing)というもの
です。私の場合word文章だけで縦書き
の本を出版するという試みです。

「会社員が定年後充実した生き方をする
ための四つの習慣:
~会社員のための
      「五十才からの生きかた」~
              (旬ブックス)

Ebook1jpeg


(表紙の写真はサクセスフォーラムで三浦
 海岸のマホロバマインズから東京湾を
 望んだ遠景を使いました)


このブログで14年続けてきたことをまと
めて、特に50才代の方々へのエールとしま
した。

価格は99円とお手軽に設定しました。
よろしくお願いします。kindle unlimitedの
定額コースの方は無料でダウンロードで
きます。

「旬ブックス」とは私のオリジナルレーベル
です。「旬」と俊一の「俊」をかけたもの
です。(蛇足・・・)
今後シリーズにしていきたいと思って
ワクワクしています。

電子出版のメリットは、wordベースの
文章さえ作れば、登録料なしで出版できる
ことです。

私たちの世代はまだ電子出版(デジタル本)
への馴染みは薄いかもしれませんが、個人
がこうやって出版社を通さなくても出版でき
るKDPは可能性の大きなものだと確信いた
しました。

内容を以下ご紹介します。

「人生百年時代に会社員が定年を迎えた
後の人生は30年から40年近くあります。
どう準備するかは、後半の人生を充実した
楽しいものにできるかどうかの重要なカギ
を握ります。

50才代はその準備期間として極めて大切
です。会社員は組織の中で分業体制で過ご
し、多くの仕事は与えられてきたものです。
その環境で努力をしスキル、ノウハウ、マネ
ジメント能力を磨き、多くのリスクを処理して
無事定年まで勤めあげることは大いにリス
ペクトされて然るべきものといえるでしょう。

しかし、定年後の自分の姿を明確に描くこと
ができる人は少なく、多くの人が環境の激変
(組織、肩書、権限の喪失等)にさらされなが
ら解放感の一方で、孤独感にさらされること
も事実です。

内館牧子氏の「終わった人」などで取り上げ
られる定年後の準備や覚悟がなかった時の
ドタバタは、結局多くの人が体験する典型的
な例だと私の経験でも感じるものです。

定年後の体験も含め、長年同時進行ブログ
「50才からの生きかた 渡辺俊一の世界」で
自ら実践してきた筆者が分かりやすく解説
するシリーズものの第一巻です。」

アマゾン本で「渡辺俊一」で検索いただくと出て
きます。ぜひぜひ お読みになられて感想をUP
いただけると励みになります。

出版のノウハウは世にたくさん出ていますが、
本当に使える情報は少ないものです。
今後はそういったことも情報発信していきます。


アマゾン本で「渡辺俊一」で検索すると
見つかります。

kindleソフトをダウンロード
すると、専用端末でなくても、PCでもパッド
でもスマホでもご覧いただけます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »