« 講演会に出て思う | トップページ | kindle本(電子書籍)出版! »

2018/05/27

プラド美術館展

国立西洋美術館で「プラド美術館展」
を開催しています。副題は「ベラスケス
と絵画の栄光」となっています。

東京(5月27日迄)と兵庫で開催されます。
Dsc_2345

https://artexhibition.jp/prado2018/

2008年にプラド美術館に行ったことは
行ったのですが、何しろ駆け足ツアー
でじっくり観ることはありませんでした。

せっかくのプラド美術館展、今回はベラス
ケスが軸なので、ちょっとしっかり観て
みましょう。

「マドリードにあるプラド美術館は、スペ
イン王室の収集品を核に1819年に開設
された、世界屈指の美の殿堂です。

本展は、同美術館の誇りであり、西洋
美術史上最大の画家のひとりである
ディエゴ・ベラスケス(1599-1660年)の
作品7点を軸に、17世紀絵画の傑作など
61点を含む70点をご紹介します」
(美術館のHP)

「17世紀のスペインは、ベラスケスを
はじめリベーラ、スルバランやムリーリョ
などの大画家を輩出しました。

彼らの芸術をはぐくんだ重要な一因に、
歴代スペイン国王がみな絵画を愛好し
収集したことが挙げられます。

国王フェリペ4世の庇護を受け、王室コレ
クションのティツィアーノやルーベンスの
傑作群から触発を受けて大成した宮廷
画家ベラスケスは、スペインにおいて
絵画芸術が到達し得た究極の栄光を
具現した存在でした。

本展はそのフェリペ4世の宮廷を中心に、
17世紀スペインの国際的なアートシーン
を再現し、幅広いプラド美術館のコレク
ションの魅力をたっぷりとご覧いただき
ます」(HPより)

ベラスケスをもう少し詳しく見てみまし
ょう。

「ディエゴ・ロドリゲス・デ・シルバ・イ・
ベラスケス 1599年6月6日(洗礼日) -
1660年8月6日)はバロック期のスペ
インの画家。

マネが「画家の中の画家」と呼んだベラ
スケスは、スペイン絵画の黄金時代で
あった17世紀を代表する巨匠である。

スペイン黄金時代美術の代表的な存在
として今日まで高い評価がなされてい
ベラスケスの作品では、画面に近づい
て見ると、素早い筆の運びで荒々しく描
かれたタッチにしか見えないものが、少し
離れたところから眺めると、写実的な
衣服のひだに見える。

このような、近代の印象派にも通じる
油彩画の卓越した技法が、マネらの
近代の画家がベラスケスを高く評価した
ゆえんである。

国王フェリペ4世の肖像画を描き、国王
に気に入られてフェリペ4世付きの宮廷
画家となり、以後30数年、国王や王女を
はじめ、宮廷の人々の肖像画、王宮や
離宮を飾るための絵画を描いた。

美術愛好家であったフェリペ4世は、ベラ
スケスを厚遇し、画家のアトリエにもしば
しば出入りしていたという。当時、画家と
いう職業には「職人」としての地位しか認
められなかったが、フェリペ4世は晩年の
ベラスケスに宮廷装飾の責任者を命じ、
貴族、王の側近としての地位を与えて
いた。
(ウィキより)

少々引用が長くなりました。
17世紀のスペインは16世紀の黄金時代
を経て文化的にも爛熟期に入っていたと
思われます。一国の富があり、パトロンと
しての後ろ盾とその信頼関係が芸術を
高めさせるのは世の東西を問いません。

また、絵の見どころを予め知っておくと楽し
みが倍増します。今回ベラスケスを調べた
ことで、西洋絵画の面白みが増しました。

今回七点のうちで今回お気に入りは
ふたつ。美術館を鑑賞するときは画商に
なった気分で「自分だったらどの作品を
選ぶか?」という視点でいると面白い
です。

「狩猟服姿のフェリペ四世」
装飾のきらびやかさがなく、王の抑制的な
内面を描き出している。

「マルス」
戦と農耕の神マルスという題で、疲れ切
った王を描くことで、戦の無益さを描き出
しているとも言われている。

美術館のHPからご覧ください。

もうひとつの見どころは「国立西洋美術館」
そのもの。ル・コルビジェが設計し、優美な
外観と室内。


Dsc_2343


Dsc_2342

美術館は建物も美の鑑賞であることを
感じさせます。

兵庫県立美術館は6月13日からです。

|

« 講演会に出て思う | トップページ | kindle本(電子書籍)出版! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プラド美術館展:

« 講演会に出て思う | トップページ | kindle本(電子書籍)出版! »