« 「きぬかけの路」散歩 | トップページ | 64才となって »

2018/04/21

定年前後の「やってはいけない」本

このところ定年に関するシリーズの研究を
続けてまいりました。「定年後にやるべき
こと」があれば、反対に「やってはいけない」
もあるわけですね。

今回は郡山史郎さんの著書「定年前後の
「やってはいけない」」~人生100年時代の
生き方、働き方~(青春新書)です。

人生100年時代は、働かない定年後では
なく、生活費のためにも社会との接点と
いう意味でも働くことをテーマにしています。

<要旨>
「定年前」の常識は「定年後」の非常識!
仕事・・・自分を「安売り」していい
お金・・・老後資金は「貯める」より「稼ぐ」
健康・・・時間とお金をかけすぎない
人づきあい・・・義理と礼を欠くのは高齢者
     の特権
会社に定年はあっても人生に定年はない


本というのは目次を見ていくだけで中身
が分かるものがいい、とはまさに本書の
ことかなとも思います。お伝えしたいこと
を目次からピックアップしてみます。

◇「働かない老後」から「働く老後」へ

・働きたくても働けない定年後の現状
・人生には「後半戦」があった
・人生は後半戦の方が、ずっと楽しい

◇定年前後の「やってはいけない」

・定年前の肩書、年収にとらわれる不幸
・「能力」ではなく「適正」がなくなった
・雇用延長の落とし穴
・「年の功」を活かせる仕事で活躍する
・「条件を徐々に下げる」のは絶対NG
・「選手」から「コーチ」に変わる
・キーワードは「安い、やめない、休ま
 ない」
・(現役時代)転職は2回が限度
・副業するエネルギーはいまの仕事に
 向ける
・会社の人事に添うてみよ

人生の前半戦を第一ハーフと定義し、
仕事の集中力・能力のピークを45才
程度として、そのピークが過ぎるころを
前半戦としている。また、様々な価値観
があるけれども、平均でみると男は働く
ことが最も充実した人生が歩めるという
筆者の考え方である。50才前後の人たち
に有用なアドバイス。

◇いますぐはじめる暮らし方の見直し方

・定年後を見据えた暮らし替え
・生活水準は上げるな
・宝くじは買ってはいけない
・老後資金は「貯める」より「稼ぐ」
・高収入を目指さない
・借金は定年後まで持ち越ささない
・子や孫の面倒はみても、みられては
 いけない
・人に頼らず自分でやるクセをつける
・資格を取っても仕事につなげるのは
 難しい
・ジム通いは「手段」であっても「目的」
 ではない
・「健康にいい」に惑わされるな

これらは非常に共感する教訓だと思い
ます。私の日ごろにあてはめたいと
思う項目がほとんど。改めて意を強く
しました。

◇人生百年時代を生きるヒント

・お金だけでない、働くことの意味
・「高齢者は不幸」は間違った思い込み
・短距離走と思ったら、実は長距離走
・本当は「定年後」なんてない
・いくつになっても、自分で舵を取り
 続ける

この辺がたんなるHOW TO本に出て
こないいい内容ですね。

現在83才(1935年生まれ)で商社、
ソニー、海外勤務を経て、人材紹介の
プロとして3,000人以上の転職・再就職
を手掛けてきたキャリアが説得力を
持つわけです。

このようなブログを継続している立場で
も定年後の働く意味とは?ということの
深い思索はなかなかえきていないと
痛感するものです。

健康、時間、お金といった基盤だけで
なく社会とのつながり、貢献のような
生きる軸というのは常に必要なんだ
ということを考えさせられました。

Dsc_2257


Dsc_2258

(我が家のスターたち。上の牡丹は一度
枯れかけたが蘇ってきました。下は
石楠花の花。花が美しい季節になって
きました)

************************************************
※私のKindle本(電子出版)ぜひ読んでみてください。

  
旬ブックス「会社員のための五十才からの
       生きかた」シリーズ

①「会社員が定年後充実した生き方をする
ための四つの習慣」

 ~会社員のための
     「五十才からの生きかた」~
   2018年6月発売
     
②定年後でもできる!
      Kindle本「セルフ出版」

  ~初めてでもWordだけで
         電子書籍が出せる~
   2018年8月発売

③「定年後」憂鬱を感じたら
 ~ある定年退職者のケース~

   2018年11月5日発売

いずれも ¥99 または 
Kindle unlimited 
(¥980月額制で無料ダウンロード)


今後の参考のためにも書評をいただけると
大変ありがたいです。よろしくお願いします。

PC版画面なら右上の「著書」クリック、また
はアマゾン本で「渡辺俊一」で検索すると
見つかります。kindleソフトをダウンロード
すると、専用端末でなくても、PCでもパッド
でもスマホでもご覧いただけます。
***********************************************

|

« 「きぬかけの路」散歩 | トップページ | 64才となって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 定年前後の「やってはいけない」本:

« 「きぬかけの路」散歩 | トップページ | 64才となって »