« 定年前後の「やってはいけない」本 | トップページ | 「深く考える力」 »

2018/04/25

64才となって

64才となりました。

私の誕生日は4月の後半、二十四節季で
いうと「穀雨」という時期です。4月20日前後
の、そろそろ寒い日になる回数も減り、日差
しも強くなり、空気も変わってくるころです。
私が生まれたこの季節がとても好きです。

「穀雨」とは穀物を育てる雨が降り、芽を出さ
せるという意味。「百穀春雨に潤う」
いいネーミングです。

桜が終わり、つつじ、牡丹、石楠花、あやめ
等々花が次々と咲き始めます。

そもそも二十四節季とは、太陰暦を使用して
いた時代に、季節を現すための工夫として
考え出されたものです。

一年を二十四に等分し、その区切りと区切ら
れた期間とにつけられた名前です。現在でも
季節の節目を示す言葉として使われていま
す。

日本の気候からして、二十四に分けて、二週
間単位で季節が移ろって行く考え方はとても
感性が合います。

二十四節季は継ぎ目なしに移ろっていくので、
いつの間にか季節が移っていくことに
「あわれ」を感じるのでしょう。

一方で、区切りをつける意味の記念日に誕生
日があります。「一年無事に暮らせたことに
感謝して、もう一年、元氣で暮らせよ!」とい
う区切りだと最近考えるようになりました。

幼稚園(たぶん4~5才くらい)に入ってから
60年ちかく、何らかの組織に所属してきました。
幼稚園、小学校、中学校、高校、大学、会社
と、おおむねやることは与えられて、それぞれ
のレベルはありましたが、すべきことを一生
懸命取り組んできたといえます。

いよいよ、「もういいから、自分で好きにして
よ!」ということになってきました。余生とい
うには人生百年時代だから、まだまだです
よ!

ここまで大きな病気や事故に遭うこともなく、
過ごせたこと自身がすごいことかもしれない
ので、大いに感謝すべし! そして、これから
いろいろと頑張れる年代だぞ!しっかりしろよ!

誕生日を迎えて思います。

Dsc_2285


Dsc_2286

(クレマチスもこの季節 様々な色で
 楽しませてくれます。今年はちょっと
 早い?)

Dsc_2287

(アッツ桜といいます。昨年植えたもの。
 今年も花をつけてくれて嬉しい)

|

« 定年前後の「やってはいけない」本 | トップページ | 「深く考える力」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 64才となって:

« 定年前後の「やってはいけない」本 | トップページ | 「深く考える力」 »