« スマホ!スマホ!スマホ! | トップページ | 「幸せ」を考える<ヒュッゲの巻> »

2018/01/28

香港ご当地ミステリー

昨年末香港ツアーを反芻するように香港
を舞台としたミステリーを見つけました。

旅行した後、ご当地を再び味わい、理解
を深めることはとても思い出を楽しく定着
させることができます。

陳浩基の「13・67」(文芸春秋社)です。
2013年、2003年、1997年、1989年、1977年、
1967年と香港にとって節目となる6つの年
に6つストーリーと時間をつなぎ、ひとりの
警察官の人生と香港という都市のおよそ
半世紀の変化を描き切った、まさに香港史
に残る傑作小説です。

2013年 雨傘革命の前年 第三代行政
      長官選挙の翌年
2003年 SARSで300人以上が死亡、
     治安条例に反対する50万人デモ
1997年 香港返還の年 アジア通貨危機
1989年 中国返還の決定の後、社会不安
      と移民ブーム 天安門事件
1977年 警察汚職の蔓延
1967年 左派反英暴動 中国文化大革命
      の翌年

香港の歴史は中国本土と比べ最近はその
経済規模の相対的低下は免れませんが、
東アジアの情勢を見ていくうえでの背景
としてしっかり押さえておく意味でも、役立
ちます。

75年生まれの著者からするとその子供
時代の香港警察は、頼もしい市民のヒー
ローだったそうで、警察の正義についての
問いかけが随所にみられます。

「私は警察官として、イギリス女王陛下
と王位継承者に忠誠をつくし、香港の法律
を遵守し、さらに不屈と犠牲、公正の精神
をもって、全力で職務を遂行し、上官の
合法なる命令には絶対に服従することを
ここに誓います。」
(香港警察、誓いの言葉(1980年以前))

クワン・ザンドー刑事が超法規・組織横断
的な活躍で凶悪犯罪に立ち向かう展開は
複雑・緻密ながらスリリングで、アメリカ
人気の刑事ドラマに通じるものがあります。

香港の地名がたくさん出てくることで、街の
様子、食べ物、風俗が描かれてくるだけで
も、ツアーをトレースして楽しむ方法です。

健康長寿で多くの有効な経験を重ねてい
くわけです。

そんな味わいのお勧めの一冊です。

Dsc_2065


Dsc_2067

(舞台としてたくさん出てくる九龍地区の
 ネーザンロードから一筋入った道)

|

« スマホ!スマホ!スマホ! | トップページ | 「幸せ」を考える<ヒュッゲの巻> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 香港ご当地ミステリー:

« スマホ!スマホ!スマホ! | トップページ | 「幸せ」を考える<ヒュッゲの巻> »