« そうだ、高野山へ行こう(下) | トップページ | 香港・マカオ ツアー(上) »

2017/11/23

「捨てる幸せ」

断捨離は最近の私のテーマです。

さてさて、今回は臨済宗宝泰寺住職の
藤原東演さんの題名の本(あさ出版)を
ご紹介します。ちょっと考えさせられます。

章題を追っていくだけで、かなりのことを
考えることができます。どれがしっくりくるか
選んでみてください。

さっそくスタート!

1章 「欲」はほどほどに、身軽に生きる

 ①人間は欲でできている
   -欲は活用しても支配されない
 ②あっても、なくても、気にならない
   -「ありのまま」を受け入れてみる
 ③「おかげさま」を意識する
   -「求めない」清々しさとは
 ④目先のことに、ちゃんと向かう
   -自分を見失わないために
 ⑤幸せをかみしめてみる
   -ただ存在していることの幸せ
 ⑥「もっと、もっと」にブレーキをかける
   -貪欲を引っ込めると余裕が生
     まれる
 ⑦それは本当に欲しいもの?
   -足りているもの、足りていないもの
 ⑧捨てることでわかる贅沢
   -本当にあなたが大切にしたい
     ものはなに?

2章 いらない人間関係もある

 ①つかず離れずの関係を保つ
   -「水」のように淡泊でも、深い信頼
    関係は結べる
 ②「偉い人」より「安心できるい人」になる
   -本当の大人の「心の余裕」
 ③「あるべき像」を捨ててみる
   -柔軟で良好な関係を長続きさせる
     秘訣
 ④「ただの人」と認めてしまう
   -人間的に成熟するために
 ⑤この戒めを忘れるな
   -人付き合いの心得とは
 ⑥権力にあぐらをかかない
   -「勢い、使い尽くすべからず」
 ⑦福は「おすそ分け」する
   -「福、受け尽くすべからず」
 ⑧規則や規律を人に押し付けない
   -「規矩、行い尽くすべからず」
 ⑨話し過ぎない
   -「好語、説き尽くすべからず」
 ⑩嫌いな人もほどほどに
   -人間誰もが、他の誰かの大切な人

3章 心を自由にするために

 ①「理屈」は横に置いてみる
   -クジラで精進料理を作るには
 ②いい加減も悪くない
   -白黒つけない「ナマケモノ」の
     すすめ
 ③苦しみはワインを味わうように
   -苦いものも味わう心の余裕
 ④目の前のことに楽しみを見出す
   -毎日を楽しみ尽くしにする方法
 ⑤闇雲にがんばらない
   -心が弱いなら、弱いままでいい
 ⑥「ほどほど」を心がける
   -「つねに全力疾走」は得策でない
 ⑦肩の力を抜く
   -体がリラックスできると心も変わる
 ⑧ふと力を抜く時間を持つ
   -「忙しい」からしばし解放される
     ために
 ⑨「歳の効」を活用する
   -逆境への向き合い方

4章 余計な悩みは抱えない
 
 ①「自分を笑う」余裕を持つ
   -自分を振り返ることで見えるもの
 ②悪口は三倍になって戻ってくる
   -悪口をまともに受けないために
 ③どっしりと構える
   -いいこともあれば、悪いこともある
     のが人生
 ④勝手に相手を信頼しない
   -何事も「期待しない」くらいがちょう
     どいい
 ⑤すべては自分の考え方
   -晴れの一日を作るか、曇りの一日
     を作るか
 ⑥心配の先取りをしない
   -今、できることに打ち込む

5章 「幸せ」をどうとらえるか

 ①何でも決めつけない
   ー「思い込み」という心のゴミを捨てる
 ②二分思考をやめる
   -物事の本質を見誤らないために
 ③よくもあれば、悪くもある
   -すべては今の自分に「ちょうどいい」
 ④虚栄心を捨てるだけで
   -見栄をつくろい、きりばりするくらい
     なら
 ⑤「自分が」「自分が」と言わない
   ー損得勘定や好き嫌いはいったん
     忘れる
 ⑥何様でもない自分に戻る
   -執着心から解放されると見える
     もの
 ⑦いつまでも「謙虚さ」を忘れない
  -人はいくつになっても成長できる
 ⑧人生の意味を外に求めない
  -ともかく、生きること。
     そして今、ここに自分を捨てる

いかがですか?私が5つ選ぶとすると、
1-① 人間は欲でできている
     -欲は活用しても支配されない
2-⑩ 嫌いな人もほどほどに
     -人間誰もが、他の誰かの大切
       な人
3-③ 苦しみはワインを味わうように
     -苦いものも味わう心の余裕
4-⑥ 心配の先取りをしない
     -今、できることに打ち込む
5-⑧ 人生の意味を外に求めない
     -ともかく、生きること。
      そして今、ここに自分を捨てる


Dsc_2014_3

(武蔵の国の一之宮 氷川神社有名な長い
 参道ぶらタモリでも紹介された)

Dsc_2018_3


Dsc_2019

(氷川神社)

Dsc_2020


Dsc_2021

(隣接する「大宮公園は昔の氷川神社の
 境内。 私の幼稚園時代(浦和に住んで
 いた57,8年前)、お弁当のご飯粒を
 顔につけているとこう言われたものだ。

 「お弁当つけてどこいくの?大宮公園
 一回り♪」 こんなことよく覚えていた
  ものだ・・・)

|

« そうだ、高野山へ行こう(下) | トップページ | 香港・マカオ ツアー(上) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「捨てる幸せ」:

« そうだ、高野山へ行こう(下) | トップページ | 香港・マカオ ツアー(上) »