« 二十四節気を感じるとき | トップページ | 秋分の日 »

2017/09/18

新生活半年決算(半自由人化)

今年の3月末に40年間勤めた会社を退職し、4月から
新しい生活を始めました。改めて概要を説明します。

63才直前で40年間勤めた会社を定年退職しました。
現在は取引先パートナー会社の顧問を勤め、週3日
程度通っています。62才と3か月の昨年7月に6年3か月
駐在(単身赴任)した大阪から川崎市の自宅に戻りまし
た。

50才あたりから仕事が終わる定年後も踏まえた人生
計画としようと、このブログを始めました。様々な人の
体験談や本などを読み、仕事に区切りがついた時期
からの充実した生活をどうしようかと模索してきました。

半ば環境としては実現した現在、4月から半年経過した
自分の決算をしてみたいと思います。

(1)第1Way(収入を伴うセルフマネジメント)
 
 一定の収入のありがたさを痛感しています。年金は
 一部で始めましたが、蓄えだけで生きていくことの
 厳しさを肌身で想像しています。
 大事なことは、収入の範囲の生活費を考えて、一時
 費用と定常経費をしっかり分けて、認識しながら
 生活することだと感じました。

 現在は幸いにも蓄えを減らしていくサイクルにはなって
 いないので、現在の収入が終わり無職になったとき
 にどのようになるかを考えておくことです。

 一方働き方は大きく変わりました。ラインで数字に責任
 と権限をもった働き方から、アドバイザーとして現場
 の役に立っていくことの難しさを体感しています。
 自分の価値と現場に配慮した自発的行動をどうする
 か?

(2)第2Way(社会との関わり)
 
 会社人間として多くの人と接してきたわが身としては
 会社関係が大幅に失われていくことは、正直応えます。
 しかし、いずれは誰もが同じことであり時間の問題です。

 たまたま、大阪に赴任する前代表幹事をやっていた
 サクセスクラブという勉強会の代表幹事を再び依頼
 されたので、渡りに船で引き受けました。任意団体と
 いうゆるい組織であっても、人が集まる以上いろいろな
 ことが起きます。そこは、組織人として生きてきた知恵
 が活きます。

 学校の同窓会系の話も多く来ます。現在は高校の
 テニス班の関東地区幹事をやっています。

 一方、地域とのつながりの希薄さはかなりのものです。
 これはじっくりと焦らずに自然体でやっていくしかない
 でしょう。

(3)第3Way(自分の好きなこと 楽しみ・楽しませる)
 
 時間ができたことでこちらは活動的になれます。
 ゴルフは会社関係の人が多く、かつ平日にも行けるよ
 うになりました。会社の中の友人といえる人たちはやは
 り財産です。

 テニスは昨年6月から週一回程度できる環境(テニス
 クラブ入会)を作り、そこでの仲間が少しずつ増えました。
 怪我のないよう十分に気を配りながら継続を旨とします。

 美術館めぐり、バーゲン、旅行などは妻と時間を共有
 する大事なイベントです。単身も長かったので、お互い
 の時間・空間が出来上がっているので、あまり踏み込み
 過ぎないことが知恵だと思います。実行は努力です。

 今までできなかった楽器も始めました。篠笛(横笛)は
 月一回お稽古をするようになり、クラシックギターは
 中学時代に買ってもらったものを大事にしていたもの
 が役に立つようになりました。こちらは独習。最近は
 音符だけでなく指位置の楽譜やCDがあり、格段に
 やりやすくなりました。自分で奏でる和音など結構
 うれしいものです。

かくのごとく、大組織の一員という立場から、だんだん自分
で、しっかり計画・実行する毎日を送るかたちに変わり、
自由と孤独を味わいながらの「半自由人」になってきて
います。これこそ今までの目指した「林住期」。

◇自分の生活の「見えるカ」

生活の上で、会社や妻に管理してもらっていたことを
自分でしっかりやっていく必要があります。

例えば、自分のお金の出し入れ(家計簿)も今までは
付けていませんでした。今は領収書をもらい、一定期間
で家計簿に転記し、月にいくら収入があり、支出はいくらか
を管理しています。

クレジットなども最近紙で請求書が来ないので要注意です。
家の共通費は妻が管理しています。全体の大掴みな費用
はわかるようになりました。話し合いも・・するように。
収入がなくなれば、共同管理になっていきますね。

確定申告(税務)、交通や宿泊の予約、スケジュール、
家事の一部等々やることがたくさんあり、それらを精力的
にいやがらずに取り組むこともストレス(今度の場合は
孤独感?)発散になります。

昨日は台風で一歩も家からでれなかったので、過去一年
半のゴルフスコアをゴルフダイジェストオンラインに入力
してみました。過去半年だと平均91、平均パット32.6、
パーオン率24.1%、ハンディキャップ15です。もっといろいろ
データを入れてみると面白いですね。今後は回数が減って
いくので、いろいろ工夫して長く、スコアにこだわりながら
続けられるようにしていきたいです。

◇自分の株価(評価)

4月はいったん上昇、その後孤独に陥る6ー7月下落するも、
精神的に落ち着いてきた8月から9月に向け持ち直しました。

「半自由人」に向け、ゆるやかに移行しつつある。健康基盤
に留意し続ければ、孤独と自由のバランスを自分の中に
織り込んで生き生きとした生活の知恵をつかみつつある
「ややポジティブ」状態。


Dsc_1952

(アマリリス 可憐な花)

|

« 二十四節気を感じるとき | トップページ | 秋分の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新生活半年決算(半自由人化):

« 二十四節気を感じるとき | トップページ | 秋分の日 »