« 新生活半年決算(半自由人化) | トップページ | CEATEC JAPAN »

2017/09/23

秋分の日

すっかり涼しく感じるお彼岸の時節です。
昨日夜久しぶりに強い雨が降り、今朝の散歩では
少々肌寒く感じるものです。

お彼岸にちなみ墓参りをする人も多いと思います。
季節にちなみなぜ、墓参りなのか考えてみました。
日頃の生活を立ち止まるのもいいかもしれません。
日比谷花壇のホームページによると以下です。

「お彼岸は年に2回あり、春分の日にあるお彼岸を
「春彼岸」、秋分の日にあるお彼岸を「秋彼岸」と
言います。しかし、なぜ秋分の日と春分の日が
お彼岸なのでしょうか。 「彼岸」とは先祖がいる
「極楽」を指します。反対の「此岸(しがん)」とは私
たちが生きている世界のことです。

仏教では、彼岸は西に位置し、此岸は東に位置す
ると考えられています。春分の日と秋分の日は
太陽が真東から昇り真西に沈むため、彼岸と此岸
が最も通じやすい日と考えられました。以上の理由
から、春分の日と秋分の日に先祖を供養するように
なりました。

春分の日と秋分の日はお彼岸の中日にあたるため
「彼岸の中日」と呼びます。仏教では「中道」という
考えを重んじています。中道とは「苦」「楽」「有」「無」
にとらわれない偏りのない立場のことです。昼と夜
の長さが同じである春分の日と秋分の日は、中道を
象徴した日と考えられました。そのため中道を象徴
したこの日は、仏教に励むようにと意味が込められ
ています。

「暑さ寒さも彼岸まで」という有名な言葉があります。
お彼岸は季節の変わり目を感じることができる日
です。農耕生活が中心だった時代、日本人は太陽
を崇拝しており、気候が良いお彼岸は五穀豊穣を
祈願する絶好の時期でした。春分の日は種まきが
始まる時期で、秋分の日は収穫の時期です。

そのため、春には収穫を祈り、秋には収穫を感謝し
てお供えをしたと言われています。昔からある日本
の自然信仰と仏教の教えが結びつき、お彼岸は
定着しました。」

父が亡くなってから3年7か月経ちました。時々亡父
と心の中で会話をすることがあります。90才直前
で亡くなった父とは30才違いです。30年ひと世代で
すが、この30年間は私と子供たちとの30年とは大き
く時代が異なっています。父は軍国主義日本で兵隊
にも行きました。戦後は高度成長時代の先兵として、
働き詰めで、70才からの20年弱が趣味の陶芸や
仏像彫刻をしてゆったりと過ごしたものです。

私はまだ衛生状態の悪い1950年代にうまれ、団塊
の世代のすぐ後、高度成長時代後半10余年を働き、
後の30年弱は低成長の中、苦しみながらもビジネス
生活を全うしてきました。これからが「林住期」として
「半自由人」としての本番です。

そんなことを考えながらの墓参りです。

彼岸と此岸を意識し、今日からは夜が昼よりも長く
なる半年が始まります。あと3か月ちょっとで2017年
も終わります。ここから年末まではとても速く時間が
経過するので、一日一日を大切にしていきましょう!


Dsc_1956

(ご近所の彼岸花)

|

« 新生活半年決算(半自由人化) | トップページ | CEATEC JAPAN »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋分の日:

« 新生活半年決算(半自由人化) | トップページ | CEATEC JAPAN »