« 道志川支流でキャンプ | トップページ | 二十四節気を感じるとき »

OPTION B

ー逆境、レジリエンス、そして喜びー

著者のシェリル・サンドバーグ。フェイスブックのCOOで
あり、本ブログでも紹介した「LEAN IN 女性、仕事、
リーダーへの意欲」の著者でもある影響力のある女性。
「OPTION B」 (日本経済新聞社)

表題の「OPTION B」とはどんな意味でしょう?

「ある悲劇が起きた。結婚して11年目のある週末のこと。
シェリルは友人の誕生日を祝うために、2人の子供を
両親に預け、夫婦でメキシコへ行った。夫のデーブと
プールサイドでのんびりしていた私は、寝込んでしまい
目を覚ますとデーブがいなかった。デーブはジムに
行き、そこで倒れて亡くなった。2015年5月のことだった。

デーブが亡くなってから数週間後、彼が参加するはず
だった父と子の催しのことで友人に相談した。誰かに
デーブの代わりをお願いするつもりだったが、つい
「でも、デーブがいてほしかった」と弱音を吐いた。
友人は「オプションAは無理なんだ。ならば「オプションB」
(次善の選択肢)をとことん使い倒そうじゃないか」
完璧な人生なんてありえない。だから何らかの形の
オプションBを選ばざるを得ない。」

「心理学者で友人のアダム・グラント(共同執筆者)
に相談すると、無理してポジティブであろうとするより
「もっと悪い事態を想像しろ」と助言された。

「冗談でしょう?これ以上最悪なことなんてないわ!」
と反論すると、「デーブがお子さんたちを乗せた時に
不整脈になっていたら、3人とも失うことになったかも
しれない」と言われた。そうすると、子どもたちが元気
に暮らしていることに感謝の念が湧いてきた。
その感謝の気持ちが、悲嘆をいくらか和らげてくれた。

私は毎晩どんなに悲しくても、感謝できるものごとや
人について考えるようにした。

では、シェリルはどうしたらいいと言っているのでしょうか?
以下追います。

①「コントロール感がストレスを軽減する」
 古典的な実験にパズルの最中不快な音が鳴るように
 して、効率がどうなるか調べた。もちろん効率は悪く
 なった。しかし、ボタンを与えて、押せば音が止まる
 となったら、ボタンを押さなくとも、効率が上がったと
 いう。「自分で状況をコントロールできる」という意識
 がストレスを軽減する。

②「友人が苦しんでいるときはプラチナルールに従う」
 聖書の黄金律(ゴールデンルール)は「自分が扱って
 ほしいように他人を扱いなさい」がある。さらに一歩
 進んで、「他人が扱ってほしいように他人を扱いなさ
 い」がいい。

 私が夫を亡くし苦しんでいた時、友人が顔を見せる
 ことが、おおきな力となった。さRに、私が何を必要
 としているかを、私が気付くより先にに察してくれる
 人たちに囲まれている。つまり、いつもそばにいるよ!
 と示してくれるボタンをくれているのだ。

③「自分への思いやり」
 自分への思いやりは「人間である以上落ち度がある
 のは当たり前」という認識から始まる。イラクからの
 帰還兵、離婚の苦しみ等自分への思いやりが強い
 人は苦境から早く立ち直る傾向がある。

④「「ジャーナリング」の効果」
 感情を言葉で表現することは、逆境を自分の中で
 処理し、克服するのに役立つ。特に考えをひたすら
 書き出す「ジャーナリング」の効果は100を超える実験
 で実証されている。

⑤「仕事での失敗と学び」
 逆境に陥った時にどれだけ力強く、すばやく立ち直れ
 るかを決める力のことを「レジリエンス」という。これは
 どんな人にも組織にも必要だ。

 レジリエントな組織は、過ちや後悔を認めやすい文化
 をはぐくむことによってこのような感情を克服しやすく
 している。

⑥「レジリエントな組織を作る」
 レジリエントなチームや組織を作るには、オープンで
 率直なコミュニケーションが欠かせない。企業が破綻
 するときは、その理由はだれもが知っているが、誰も
 口に出さない。
 最近ではフェイスブックの世界各地のオフィスを訪ねる
 たびに、チームに尋ねている。「このひと月に一度でも
 「本音の話」をした人、手を挙げて」 最初はほとんど
 挙がらなかったがしつこく尋ねていると挙がる手は
 増えていった。

マーティン・セリグマンは言う。苦難からの立ち上がりを
妨げる「3つのP」。

(1)自責化(Personalization):自分が悪いのだと思うこと

(2)普遍化(Pervasiveness):ある出来事が人生の全て
                 の側面に影響すると思うこと

(3)永続化(Permanence):ある出来事の余波がいつまで
                も続くと思うこと

さすが、シェリル・サンドバーグ 自分の災難を理性的に
かつ人間の弱さも考慮してあざやかに解説してみせて
くれています。

今まで私たちが学んできたことのエッセンスを整理して
くれています。かつ自分の悲劇を語っているだけに説得力
があります。

日頃の生活に「OPTION  B」や「3つのP」を意識したら、
コントロールできないことに執着しすぎず、いい意味で
楽になれる・・・

 
Dsc_1945

(最近引っ越した会社のすぐ近くに恩賜上野公園がある。
 昼休み散歩するとかの有名な西郷さんの銅像が
 見えた。この近辺は美術館に行くとき足速に通り過ぎ
 ていた。結構いろいろなものがあり、この辺ももう少し
 探索が必要・・・)

|

« 道志川支流でキャンプ | トップページ | 二十四節気を感じるとき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37225/65737633

この記事へのトラックバック一覧です: OPTION B:

« 道志川支流でキャンプ | トップページ | 二十四節気を感じるとき »