« 身の回りを軽く | トップページ | 道志川支流でキャンプ »

妻の側からみた「定年後の居場所」

-「タンスにゴン」CMコピーの奥深さ-

定年後の話題は世にたくさん溢れているようですね。
ダイヤモンドオンラインの楠木新さんの記事によると
以下のように要領よくまとめられています。

「定年後の居場所」で夫(私)の側の心情を書きました。
今度は妻側の視点を取り入れた見方で考えてみます。

(1)家族が手を焼く

 40年間勤めて退職したA氏は退職後しばらくはのん
 びりしようとした。失業保険が切れる前に経済的理由
 からも再就職しようとした。しかし、なかなか決まらな
 い状況に妻がイライラし始めた。妻は定年前には
 カルチャースクールや地元や学校関係の親のネット
 ワークがあり、夫が在宅しない生活リズムができあ
 がっていた。そこに夫が毎日家にいて、「食事は何?
 どこへ行くのか?帰りはいつか?」たまに遅くなると
 「どこを遅くまでほっつき歩いているんだ?」で妻が
 切れた。そして、マンションの管理人の仕事で週3、
 4日出かけるようになり、家庭に平和が戻った。

(2)家庭内管理職になってしまう

 読売新聞にも掲載された息子からの相談の父B氏
 は、ワンマンタイプで家庭内重要事項は勝手に決め
 るは、現役の時は興味のなかった家事にも口出しを
 して「ああせい、これはいかん」となり大変。

 C氏が反省するところでは、「私は家庭でも人事部長
 をやっていた」と。しかし、息子さんの不登校から、
 真面目に取り組み、心理学を学び、産業カウンセラー
 の資格を取り、その後に活きている。

(3)妻が陥る「主人在宅ストレス症候群」

 健康の問題に至る例もある。妻Dさんは、夫が現役
 時代は出かけてしまえば、あとは自分の時間だった
 が、夫の定年後、家にいるは、話しかけても口を開い
 てくれないは、おまけに毎度毎度食事を作らなければ
 ならなくなって、ある時病院に不調を訴えると「検査の
 結果では身体的にはまったく問題はなかったが、
 末梢神経過敏症、十二指腸潰瘍(心身症)、うつ状態
 と診断」された。医師は「妻には外出して気分を発散
 するように指示をするとともに、夫にも、奥さんの話
 を聞いてあげてくださいと忠告」その結果すぐに回復
 したという。

(4)家に「防空識別圏」が

 筆者がレンタルオフィスで仕事していて、PCが不調
 で家で執筆していた。しばらくして「これから家で仕事
 しようか?と妻に行ったところ、強烈にPCが治ったん
 だから、事務所で仕事してして!と言われた。
 
 ある単身赴任者がかえって来ると家はリフォームされ
 玄関近くに夫の部屋が移されたという。

 ひょっとして、各家の妻たちにより独自に「防空識別圏」
 が張り巡らされているのかもしれない。「電話が長い」
 とか「遅くまでどこをほっつき歩いて・・」を契機に戦争
 状態に陥るのはそのせいかもしれない。

(5)「亭主元気で留守がいい」

 取材した人たちは必ずしも夫婦仲が悪いわけではない。
 今まで会社を唯一の居場所にしてきた夫が、ずっと家
 にいる状況がいろいろな問題を起こしているのだ。
 こうやって考えてくると、「亭主元気で留守がいい」という
 キンチョーの「タンスにゴン」のCMコピーの素晴らしさ
 を改めて感じるのである。

何と共感する記事であろうか?先日取り上げた「定年
女子」といい、この記事といい、すでに団塊の世代の多く
が仕事を離れ、われわれポスト団塊世代(1951?~57?)
も60歳に突入している現在は、この話題はこれからも主役
を占めていくでしょう。

さて、我が家はどうか?上記が思い当たる節は、多くあり
あります。「妻側からの見え方」も多くの取材例のように夫
が感じる必要もあるのでしょう。

やはり、お互いを尊重して、極端に自分中心にならず、
適度に自分勝手と協調をバランスした「適度な距離感」で
人生・生活を充実させていこうということですね。

Dsc_1906

(毎朝の散歩はとてもいい。近所の寺の蓮は極楽浄土
 をイメージしていると最近感じる。世話をする人の
 思いと努力の賜物だ)


Dsc_1910

(近所の散歩コースにある古刹「影向寺」の百日紅は
 毎年見事。あちこちで長持ちする花を咲かせるこの木
 は人々を楽しませている)

Dsc_1909

(今年の夏は不順 16日連続雨など 想像できない。
 しかし、季節は確実に前に進んでいる。栗の実が
 目立つようになってきた)

|

« 身の回りを軽く | トップページ | 道志川支流でキャンプ »

コメント

渡辺さん
読んでますよー!
元気にしてらっしゃるようで何よりです。
このお盆は20年ぶりに長めの休みを取って北海道へ一人旅に行ってきました。勿論、乗馬です。
若い頃と違うのは、一人は寂しいと思う瞬間が増えたこと、母を心配する気持ちが出てきた事ですね。
いろいろ考える時間を持てたし、行って良かったと思いました。

投稿: 理恵 | 2017/08/20 10:51

理恵さん
コメントありがとう。
北海道よかったですね~ ライフワークに取り組めて・・ 祝着!
久々のご自分のための時間、貴重ですね~

もうすぐ秋、元氣でいきましょう!

投稿: Shun | 2017/08/21 13:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37225/65674539

この記事へのトラックバック一覧です: 妻の側からみた「定年後の居場所」:

« 身の回りを軽く | トップページ | 道志川支流でキャンプ »