« 妻の側からみた「定年後の居場所」 | トップページ | OPTION B »

道志川支流でキャンプ

山梨県と神奈川県の県境近くにあり、横浜市の重要な
水源でもある道志川支流の神之川キャンプ場で久々
に次男とキャンプしました。今年の関東は不順な気候
で、実は一泊二日のキャンプ中、ず~~~と雨、何と
いうことでしょう!

しかし、90年からキャンプをやっているものとしては
めげません。写真は明るいので見えませんが、それで
も雨は降り続け、ず~とタープの中にいました。
それはそれで結構楽しいものです。
アウトドアライフは私の生活の潤いとして時々登場
させます。

Dsc_1913

向こうを流れるは神之川。カレーを作り、パスタを絡めて
食べるクイックな昼食。

Dsc_1914

だんだん夕食に向け盛り上がる。テーブルに乗る
アルコール類。

Dsc_1918

クライマックスは460gのステーキ。コンボクッカー
というダッチボーブンの蓋は厚い鋳物鉄なので、
鉄板ステーキ状態ですこぶる美味くできあがります。
ニンニクの薄切りを添え物にして、ワイン、ハイボール
で味わう雨中のご馳走。ニンニクはガーリックライス
としても貢献してくれます。川のせせらぎで雨の音が
気にならず、ランプの下で本を読み、息子と久々の
会話ができ充実した時間となりました。

さて、道志川の支流の神之川キャンプ場は95年ごろ
家族できたことのある懐かしいオートキャンプ場です。
20年ぶりに行きましたが、トイレが新しく清潔になった
以外は変わらないことに驚きました。

道志川は横浜市の重要な水源であることはお話しま
した。横浜市は道志村の36%の水源涵養林として横浜市
が取得・保全して取水しているということです。神奈川県
では、水源が豊富で渇水という事態に陥りにくいという
ありがたさを意識、教育する必要があると感じます。

さて、ウィキペディアから以下引用します。

「山梨県南都留郡道志村長又の山伏峠(山中湖村との
境)付近に端を発し、道志山塊・丹沢北西部の山地に
広がる森林が貯えた水を集めて道志村を横断し、神奈
川県に入ると右岸が相模原市緑区津久井地区、左岸
が同藤野・相模湖両地区の境を概ね東方向へ流れ、
相模原市緑区三ケ木の津久井湖最上流部で相模川に
合流する。

ほぼ全域で両岸は山地になっており、その狭間を縫うよ
うに蛇行しながら流れ、途中で多くの支流や沢を合流し、
渓谷を形成する。

道志村および相模原市緑区青根・青野原では、その周辺
の境が流域の分水嶺に位置していることから、全域が
流域面積に含まれる。

当初は近隣の多摩川水系二ヶ領用水から取水を始めた
日本最初の水道・横浜市水道局が、水質汚染や水源
枯渇・水量不足等によりその水源を道志川に求めたことを
きっかけとして、大正時代以降、沿川の水源林の大部分
が横浜市の森林計画により保全されている。

このため各地で森林崩壊が懸念されている現在でも、
道志川沿いには比較的手入れの行き届いた水源林が広が
っていて横浜市有道志水源かん養林として水源の森百選
に指定されている。」


「森林が涵養する水質は中性の軟水で日本人の嗜好に
合致しており、またかつては「赤道を超えても腐らない水」
(六甲山の水も同様、明治以降の貿易港を支えた※筆者
注)として船乗り達にも称賛されたと言われている。

横浜水道の取水開始以降、水源涵養をきっかけに生まれ
た横浜市と道志村との友好関係は今も続いており、道志村
の面積の約 36パーセント を水源涵養林として横浜市が
取得・保全し、ボランティアを募っての水源涵養林の手入れ
や、道志川支流の大群沢(道志村大渡、大室山中腹)で
取水してペットボトルに詰めた水を「はまっ子どうし」と名付け
て販売、その収益金を水源保全活動に充てるなどの取り
組みがされている。」


|

« 妻の側からみた「定年後の居場所」 | トップページ | OPTION B »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37225/65700195

この記事へのトラックバック一覧です: 道志川支流でキャンプ:

« 妻の側からみた「定年後の居場所」 | トップページ | OPTION B »