« 日野原重明さん逝く | トップページ | 「自分を大事にする人がうまくいく」 »

定年後の居場所

このブログは、あれやってます・・これやってます・・
と皆様にお伝えしながら、自分を励ましたり、内容を
トレースして自分自身の情報整理することが、私自身
にとっての意味になっています。

通常勤務の会社を40年過ごし定年退職し、ある会社
の顧問的アドバイザーで週2~3日過ごすことを始めて
4か月が経過しました。従来と違って、やるべき仕事
が決まっていて、それをどうやってこなしていくか?
という差し迫ったタイプから大きく変わって、会社や
職場がよくなっていくように助言をしていくというのは、
なかなか難しいものです。

この暮らし、最初は平日に休むことが珍しく、新鮮な
ものでしたが、だんだん、自宅においても、職場におい
ても、時々「孤独」を感じるようになってきます。
定例業務ではないので、、報告や相談が常に来る
でもなく、地域においては、知り合いがいるでもなく・・・
ということは頭では分かっていますが、時間が経過し
てくると、自分の「居場所」が分からなくなり、時々
「孤独」にさいなまれるようになります。今まで番組
や本でも読んできたし、対策を立ててきたつもりで
もありますが、やはり実体験すると違いますね。

そうそう、最近「定年女子」と今話題の南果歩さんが
53歳で役職定年を迎え、その年代の働く女子の
悲喜こもごもを演じていて、現在4回(8回シリーズ)
で、自主退社してハローワークに通いながら、自分
自身の「位置づけ」を再確認していくストーリーで、
実に面白く、身につまされながら共感するものです。

「自分」とは何者なのか?ということを明確に問われ
ているのですね。元どこどこの社員ですと言っても
「ああ、そう」で終わりです。そうやって、会社やその
仕事としての「居場所」があまりにも大きくて新しい
環境の自分としては、いろいろなことにチャレンジして、
自分の「居場所」を自己責任で探していくことになると
いうことを痛感します。

だから、誰かに何かをしてもらおうと考えていると、
ひたすら失望して落ち込んでいくのかもしれません。
何しろ今まで、会社に守られ、職場の多くの人たちに
支えてもらっていたわけですから・・・・・

結局「自分は自分」として、自分の居場所(ポジション)
を作り直すということを自ら開き直って切り拓いていく
しかないという結論にたどり着きました。

「そうとは思っていたが、やっぱり、そうか・・・」が本音
ですね。改めて自分を激励するものです。そもそも
考えてみると、かなり恵まれた生活を過ごせてこられ
たことを自覚しなきゃね・・・

「自発的」に物事を捉えていき、いろいろな人のつな
がりで、それに感謝しながら、どう役に立っていくのか
自分は何がやりたいのかを「能動的」に「積極的」に
「自ら動く」という発想しかないような気がします。

先日、独立して個人で仕事を始めて、顧問業、ビジネス
マッチングをやっている会社の同期入社が訪ねてき
て、この3か月仕事もうまくいかず、廃業しようかと、
とても落ち込んでいたところ、ある先輩の経営者から
「何言ってんだ!今から75歳までの君の人生プラン
を立ててみろ!そうしたら変わってくるから・・・」と励ま
され、はっと我に返ったという話を聞き、何だか自分
自身も励まされた感じがしました。


Dsc_1904

(盛夏の百日紅(さるすべり)、あちこちで美しい!)

|

« 日野原重明さん逝く | トップページ | 「自分を大事にする人がうまくいく」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37225/65574686

この記事へのトラックバック一覧です: 定年後の居場所:

« 日野原重明さん逝く | トップページ | 「自分を大事にする人がうまくいく」 »