« 平日の美術館 | トップページ | 司馬遼太郎展 »

原三渓翁

原三渓翁をご存じでしょうか。
ずっと気になっていた三渓園に行き、原三渓翁に触れて
きました。生糸で財を成し、それらを実業界、横浜市、
美術家、文化人の育成に貢献した大人物です。
優れた文化・芸術、人物を生み出していくには、熱意を
持ち、志高く、財力のある人物が必要です。「日本」という
視点で明治時代は多くの人物を輩出しました。原三渓翁
は横浜の地の偉人といえるでしょう。

Dsc_1807

(三溪園 入口 大人500円)

本名「原 富太郎(はら とみたろう、慶応4年8月23日(1868年
10月8日) - 昭和14年(1939年)8月16日)は、実業家、茶人。
号は三溪。美濃国厚見郡佐波村(現・岐阜県岐阜市)出身。

青木久衛の長男として生まれる。生まれは、岐阜市柳津町
佐波。小学校卒業後、儒学者の野村藤陰や草場船山に
学ぶ。その後上京し、東京専門学校(現・早稲田大学)で政
治学・経済学を学び、跡見女学校の教師を務める。1892年、
横浜の豪商・原善三郎の孫・原 屋寿(はら やす)と結婚し、
原家に入る。横浜市を本拠地とし、絹の貿易により富を築い
た。

また富岡製糸場を中心とした製糸工場を各地に持ち、製糸家
としても知られていた。1915年に帝国蚕糸の社長、1920年に
横浜興信銀行(現在の横浜銀行)の頭取となる。
1923年の関東大震災後には、横浜市復興会、横浜貿易復興会
の会長を務め、私財を投じ復興に尽くした。

美術品の収集家として知られ、小林古径、前田青邨らを援助
した。横浜本牧に三溪園を作り、全国の古建築の建物を移築
した。三溪園は戦前より一部公開されていたが、戦後原家より
横浜市に譲られ、現在は財団法人三溪園保勝会により保存
され、一般公開されている。」(ウィキペディアより 本ブログは
ウィキを応援しています)

三溪園の魅力は53,000坪の敷地に、1906年に一般公開された
外苑と私庭としていた内苑からなり、京都や鎌倉から移築
(廃寺等の事情により)された17棟の歴史建造物と池、小川、
山谷等自然との調和した景観です。

Dsc_1794

(大池 越に外苑 三重塔を望む)

Dsc_1796

(内苑の臨春閣)


特に私は茶室を軸にした庵(いおり)に魅力を感じています。
侘び寂び的な自然との調和は私の中のDNAを呼び起こします。
Dsc_1799

(金毛窟 三溪構想による1.8畳の茶室 狭いので「窟」か
 京都大徳寺の柱の一部を移築、金毛閣を意識して「窟」
 この辺の想像も楽しい・・・)

Dsc_1800

(蓮華院 1917年建築の茶室 私の好きなタイプ こんな
 別荘があれば幸せ)

外苑の山に登って、松風閣(展望台より、本牧埠頭を見る
と日本の工業化の足跡を感じます。

Dsc_1801

Dsc_1802

(松風閣に迎賓館の遺構 レンガ作りで震災にて瓦解)

横浜の振興に尽くした翁の一端を見てみました。三溪園
を設計した楽しさは格別のものであったと想像できますねえ。

|

« 平日の美術館 | トップページ | 司馬遼太郎展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37225/65450161

この記事へのトラックバック一覧です: 原三渓翁:

« 平日の美術館 | トップページ | 司馬遼太郎展 »