« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

原三渓翁

原三渓翁をご存じでしょうか。
ずっと気になっていた三渓園に行き、原三渓翁に触れて
きました。生糸で財を成し、それらを実業界、横浜市、
美術家、文化人の育成に貢献した大人物です。
優れた文化・芸術、人物を生み出していくには、熱意を
持ち、志高く、財力のある人物が必要です。「日本」という
視点で明治時代は多くの人物を輩出しました。原三渓翁
は横浜の地の偉人といえるでしょう。

Dsc_1807

(三溪園 入口 大人500円)

本名「原 富太郎(はら とみたろう、慶応4年8月23日(1868年
10月8日) - 昭和14年(1939年)8月16日)は、実業家、茶人。
号は三溪。美濃国厚見郡佐波村(現・岐阜県岐阜市)出身。

青木久衛の長男として生まれる。生まれは、岐阜市柳津町
佐波。小学校卒業後、儒学者の野村藤陰や草場船山に
学ぶ。その後上京し、東京専門学校(現・早稲田大学)で政
治学・経済学を学び、跡見女学校の教師を務める。1892年、
横浜の豪商・原善三郎の孫・原 屋寿(はら やす)と結婚し、
原家に入る。横浜市を本拠地とし、絹の貿易により富を築い
た。

また富岡製糸場を中心とした製糸工場を各地に持ち、製糸家
としても知られていた。1915年に帝国蚕糸の社長、1920年に
横浜興信銀行(現在の横浜銀行)の頭取となる。
1923年の関東大震災後には、横浜市復興会、横浜貿易復興会
の会長を務め、私財を投じ復興に尽くした。

美術品の収集家として知られ、小林古径、前田青邨らを援助
した。横浜本牧に三溪園を作り、全国の古建築の建物を移築
した。三溪園は戦前より一部公開されていたが、戦後原家より
横浜市に譲られ、現在は財団法人三溪園保勝会により保存
され、一般公開されている。」(ウィキペディアより 本ブログは
ウィキを応援しています)

三溪園の魅力は53,000坪の敷地に、1906年に一般公開された
外苑と私庭としていた内苑からなり、京都や鎌倉から移築
(廃寺等の事情により)された17棟の歴史建造物と池、小川、
山谷等自然との調和した景観です。

Dsc_1794

(大池 越に外苑 三重塔を望む)

Dsc_1796

(内苑の臨春閣)


特に私は茶室を軸にした庵(いおり)に魅力を感じています。
侘び寂び的な自然との調和は私の中のDNAを呼び起こします。
Dsc_1799

(金毛窟 三溪構想による1.8畳の茶室 狭いので「窟」か
 京都大徳寺の柱の一部を移築、金毛閣を意識して「窟」
 この辺の想像も楽しい・・・)

Dsc_1800

(蓮華院 1917年建築の茶室 私の好きなタイプ こんな
 別荘があれば幸せ)

外苑の山に登って、松風閣(展望台より、本牧埠頭を見る
と日本の工業化の足跡を感じます。

Dsc_1801

Dsc_1802

(松風閣に迎賓館の遺構 レンガ作りで震災にて瓦解)

横浜の振興に尽くした翁の一端を見てみました。三溪園
を設計した楽しさは格別のものであったと想像できますねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平日の美術館

退職後の楽しみのひとつは平日の過ごし方です。
毎日勤務から解放され、時々平日を自由に使えます。
今日は工事中ではありますが、かなり完成した東京駅
の北側にあるステーションギャラリーを訪ねます。

ギャラリー内は当時のレンガむき出しで、自分に迫られ
るような雰囲気を醸していて、他の美術館と趣が異なっ
ています。

Dsc_1780

(建設当時を復元している東京駅丸の内側は辰野金吾
 設計の美しさはかなりのものです)

アドルフ・ヴェルフリ (二萬五千頁の王国)
Dsc_1781

「アウトサイダー・アート/アール・ブリュットの芸術家
として世界的に高く評価されながらも、日本ではほと
んど知られていないアドルフ・ヴェルフリ(1864-1930)
の、日本における初めての大規模な個展です。

スイスのベルン近郊に生まれ、孤独で悲惨な幼少期
を送ったヴェルフリが絵を描き始めたのは、罪を犯し
精神科病院に収容されて数年後の35歳のとき。

以降、病室で一心不乱の描き続け、生涯に描いた
数は25,000ページ。余白を残さず、絵と文字と音符
で埋め尽くされた作品はどれも、既存の芸術や美術
教育の影響なく生み出された他に類をみない表現力
と、奇想天外な物語性、そして音楽への情熱にあふれ
ています。」

Dsc_1782

(ネゲルハル (黒人の響き)1911年)


Dsc_1783

(グニッペ 〔折りたたみナイフ〕の主題 1911年)

「自分の不幸な生い立ちを魅力的な冒険記に
書き換え、理想の王国を築いて世界征服をたくらみ、
音楽監督として作曲に没頭したヴェルフリ。彼が
描いたのは空想の世界の出来事ではなく、すべて
真実と疑わない自らに姿を投影したものでした。」
(パンフより)

膨大なエネルギーの存在を感じてめまいがするくらい
でした。キリの先のように集中したエネルギーと巨大
な宇宙のごとき頭脳世界に圧倒されました。

鉛筆、特に色鉛筆を使って描かれているので。私の
趣味のひとつの色鉛筆画としても期待していたので
すが、彼にとっては技巧等を超越した世界に行って
しまっているようでした。ただ、色のグラデーションは
かなり意識していたように見受けました。

自らが集中することができる時間を作っていくことが
これほどのものを生み出していくのかと、時間という
ものの大事さと、かつそれをどう使うのかということ
を教えられ、ヴェルフリのパワーをもらった気がしま
した。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨入り

九州は6日、以東北陸除く、関東までは7日に梅雨入り
しました。いよいよかなという印象です。我が家でも
のうぜんかずらの花芽が出てくると蒸し蒸しした空気
の季節を感じさせます。

さて、梅雨の語源は単に梅の実だと思っていましたが、
諸説あるようですね。


「漢字表記「梅雨」の語源としては、この時期は梅の実
が熟す頃であることからという説や、この時期は湿度が
高くカビが生えやすいことから「黴雨(ばいう)」と呼ばれ、
これが同じ音の「梅雨」に転じたという説、この時期は
「毎」日のように雨が降るから「梅」という字が当てられ
たという説がある。普段の倍、雨が降るから「倍雨」と
いうのはこじつけ(民間語源)である。このほかに
「梅霖(ばいりん)」、旧暦で5月頃であることに由来する
「五月雨(さみだれ)」、麦の実る頃であることに由来する
「麦雨(ばくう)」などの別名がある。


地方名には「ながし」(鹿児島県奄美群島、「なーみっさ」
(喜界島での別名)がある。沖縄では、梅雨が小満から
芒種にかけての時期に当たるので「小満芒種(スーマン
ボースー、しょうまんぼうしゅ)」や「芒種雨(ボースーアミ、
ぼうしゅあめ)」という別名がある。


中国では「梅雨(メイユー)」、台湾では「梅雨(メイユー)」
や「芒種雨」、韓国では「장마(長霖、チャンマ)」という。
中国では、古くは「梅雨」と同音の「霉雨」という字が当て
られており、現在も用いられることがある。「霉」はカビの
ことであり、日本の「黴雨」と同じ意味である。中国では、
梅が熟して黄色くなる時期の雨という意味の「黄梅雨
(ファンメイユー)」もよく用いられる。」
(ウィキペディアより 本ブログはウィキペディアを応援
しています)

東アジアの共通の現象です。漢字、干支と同様にもっと
共通のものを大切にできる感覚があるといいのですが、
なかなか難しいですね。隣近所というのは・・・

ただ、この季節に和ませてくれるのは紫陽花ですね。

 Dsc_1777_2

我が家の今年の紫陽花は花が少なく、昨年の豊作と
比べると寂しいのでアップにして一輪としました。

いろいろな季節の移ろいは植物を見ながら、毎日散歩して
いると良くわかります。スローな時間を楽しむというのは
こうした日常の、今まででは気付かないことを楽しむと
いうことなのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギリシャ人の物語Ⅱ

塩野七生さんは私の読書の最も好きな作家のひとりです。
今年シリーズ「ギリシャ人の物語Ⅱ」(民主政の成熟と
崩壊)を上梓されました。(新潮社)

私は20年ぐらい前から出版されるものを読んできました。
特に感銘を受けたのは「ローマ人の物語」(全15巻)で、
欧米人がギリシャ・ローマをルーツとしてその人知を
誇りにしてきている理由が分かってくる気がしたもの
です。

Dsc_1688

(退職後の5月に読みました。市民プラザの森の散歩道
 近くで椅子を持ち込みご機嫌に読書している様子です。
 ちなみに開いているのはp14,15)

あらすじは以下です。
「ペルシャを迎え撃ち、完膚なきまでの勝利で追い返した
ことで、アテネの前に繁栄の道が大きく開かれた年から
は七十五年後。その繁栄を維持するだけでなく、さらに
強大化するのに成功したペリクレスの死から数えれば、
わずか二十五年後。ギリシャといえばアテネ、と言われて
きた都市国家アテネは、紀元前404年に、滅亡は逃れた
にせよ、衰退はもはや確実、とするしかなくなったのだ。
(中略)人間にとっての最大の敵は、ほかの誰でもなく、
自分自身なのである。アテネ人は、自分たち自身に
敗れたのである。言い換えれば自滅したのであった。」

「民主主義の罠 黄金時代を迎えたアテネ。その崩壊の
ー足音を手繰り寄せたのは民主政に巣くうポピュリズム
 だったー」

「民主政の政治家は、希望を語るのか、恐怖を語るのか」
(ブック帯より)

何だか感じるものがありますね。
塩野七生さんは、かなり詳述していくタイプなので、その
リズムが出てくるまでには50~100ページ必要です。
いつもそこからはのめり込んで一気に読み切ります。
ヴィジョン、戦略・戦術、戦闘、交渉、リーダシップ、
ロジスティクス、男の気概・色気といったテーマで見て
いくと大変魅力があります。

氏は1937年生まれですから、女性の年を云々するわけ
ではありませんが、何と今年(17年)傘寿でなお毎年
一冊は長編を生み出しておられます。その氣力を
見習いたいものです。2017年末「ギリシャ人Ⅲ」刊行
予定です。

最近はkindle で読むことが多いのですが、塩野さんは
蔵書として紙で今後もいきたいですね。

ちなみに今まで読んだのは以下です。
「海の都の物語」(上下)
「わが友マキュアヴェリ フィレンツェ存亡」
「ローマ人の物語」(全15巻)
「十字軍物語」(1~3)
「皇帝フリードリッヒ二世の生涯」(上下)
「ギリシャ人の物語」(Ⅰ、Ⅱ)

読書も今後の人生・生活において重要なジャンルの
ひとつです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »