« サクセスフォーラム2017 | トップページ | ギリシャ人の物語Ⅱ »

映画マイ・インターンと退職後

2015年にアメリカで製作されたコメディ映画
を機内で興味深く見たことを思い出しました。
退職をまじかにした1月でしたが、「退職後」
の姿やあり方という意味でも、私の心に
染み入るものがありました。

ちょっとあらすじをご紹介します。

「ニューヨークでファッション通販サイトを運営
している女社長のジュールズ(アン・ハサウ
ェイ)は、短期間で会社を拡大させることに
成功し公私ともに順調な毎日を送っていた。

そんな彼女の会社にシニア・インターン制度
で採用された70歳の老人ベン(ロバート・デ・
ニーロ)がやってくる。若者ばかりの社内で
当然浮いた存在になってしまうベンだったが、
いつしか彼はその誠実で穏やかな人柄に
よって社内の人気者になっていくのだった。

一方その後、ジュールズには公私ともに
大きな問題が立ちはだかった。双方において
大きな決断を迫られた彼女は、誰にも自身
の気持ちを打ち明けることができず苦しい
日々を送っていたが、そんな彼女を救った
のは他でもないベンだった。

ベンの温かな励ましを受けていくうちに、
いつしかジュールズも彼に心を開くように
なっていく。

ベンの言葉から勇気をもらったジュールズ
は、目の前に立ちはだかる数々の難問に
立ち向かっていく決意をする。」(ウィキより)

63歳を前にして40年間勤めた会社を
去ることは、頭では分かっていても、寂しさ
とその後の自分の不安を「40年も大いに
働いたのだから、ちょっと区切りで休んで
もいいだろう」と言い聞かせている自分が
いました。

ベンは自分が電話帳の会社で長年勤め
あげ、妻が亡くなった今、趣味やジムの
生活に物足らなさがあった時に、高齢者
のインターンの募集チラシを見て応募し
ます。

スーツに革製のアタッシュケースを愛し、
そのスタイルで新しい会社に行きます。
さらに、そのビルは昔の電話帳の会社の
ビルだったのです。

ロバート・デ・ニーロのかっこよさもあり、
かなり勇気づけられました。

新しい仕事をゆったりとあせらずに、自分
の経験を生かして探し、無理強いせずに
ネット時代の若者たちの支援を自然体で
していき、認められていくストーリーです。

テクノロジーやビジネスの強烈な時代変化
と変わらぬ人間系との対比に思わず自分
に重ね合わせてしまいました。コメディタッチ
でしたが染み入りました。

その後2月にある会社の社長に思い切っ
て自分の経歴と役立つ事柄の提案をし、
今日の顧問の仕事へとつながっていきま
した。

前号のブログでも取り上げた社会とのつな
がり(第1Way、第2Way)をどうしていくかは、
人それぞれですが、好きなこと(第3Way)と
のバランスは重要テーマです。

なかなかいいきっかけとなり示唆に富んだ
映画にめぐり合いました。気つきはその
時々の環境、状況でもちろん異なるわけ
ですが、映画も捨てたもんじゃないと感じ
ました。何事も出会いは大切ですね。

Dsc_1743

(開催中の大エルミタージュ美術館展の
 入り口に展示のエカテリーナ二世の
 肖像 唯一撮影可)

|

« サクセスフォーラム2017 | トップページ | ギリシャ人の物語Ⅱ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37225/65329901

この記事へのトラックバック一覧です: 映画マイ・インターンと退職後:

« サクセスフォーラム2017 | トップページ | ギリシャ人の物語Ⅱ »