« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

映画マイ・インターンと退職後

2015年にアメリカで製作されたコメディ映画
を機内で興味深く見たことを思い出しました。
退職をまじかにした1月でしたが、「退職後」
の姿やあり方という意味でも、私の心に
染み入るものがありました。

ちょっとあらすじをご紹介します。

「ニューヨークでファッション通販サイトを運営
している女社長のジュールズ(アン・ハサウ
ェイ)は、短期間で会社を拡大させることに
成功し公私ともに順調な毎日を送っていた。

そんな彼女の会社にシニア・インターン制度
で採用された70歳の老人ベン(ロバート・デ・
ニーロ)がやってくる。若者ばかりの社内で
当然浮いた存在になってしまうベンだったが、
いつしか彼はその誠実で穏やかな人柄に
よって社内の人気者になっていくのだった。

一方その後、ジュールズには公私ともに
大きな問題が立ちはだかった。双方において
大きな決断を迫られた彼女は、誰にも自身
の気持ちを打ち明けることができず苦しい
日々を送っていたが、そんな彼女を救った
のは他でもないベンだった。

ベンの温かな励ましを受けていくうちに、
いつしかジュールズも彼に心を開くように
なっていく。

ベンの言葉から勇気をもらったジュールズ
は、目の前に立ちはだかる数々の難問に
立ち向かっていく決意をする。」(ウィキより)

63歳を前にして40年間勤めた会社を
去ることは、頭では分かっていても、寂しさ
とその後の自分の不安を「40年も大いに
働いたのだから、ちょっと区切りで休んで
もいいだろう」と言い聞かせている自分が
いました。

ベンは自分が電話帳の会社で長年勤め
あげ、妻が亡くなった今、趣味やジムの
生活に物足らなさがあった時に、高齢者
のインターンの募集チラシを見て応募し
ます。

スーツに革製のアタッシュケースを愛し、
そのスタイルで新しい会社に行きます。
さらに、そのビルは昔の電話帳の会社の
ビルだったのです。

ロバート・デ・ニーロのかっこよさもあり、
かなり勇気づけられました。

新しい仕事をゆったりとあせらずに、自分
の経験を生かして探し、無理強いせずに
ネット時代の若者たちの支援を自然体で
していき、認められていくストーリーです。

テクノロジーやビジネスの強烈な時代変化
と変わらぬ人間系との対比に思わず自分
に重ね合わせてしまいました。コメディタッチ
でしたが染み入りました。

その後2月にある会社の社長に思い切っ
て自分の経歴と役立つ事柄の提案をし、
今日の顧問の仕事へとつながっていきま
した。

前号のブログでも取り上げた社会とのつな
がり(第1Way、第2Way)をどうしていくかは、
人それぞれですが、好きなこと(第3Way)と
のバランスは重要テーマです。

なかなかいいきっかけとなり示唆に富んだ
映画にめぐり合いました。気つきはその
時々の環境、状況でもちろん異なるわけ
ですが、映画も捨てたもんじゃないと感じ
ました。何事も出会いは大切ですね。

Dsc_1743

(開催中の大エルミタージュ美術館展の
 入り口に展示のエカテリーナ二世の
 肖像 唯一撮影可)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サクセスフォーラム2017

30度を超す暑い日が始まりました。何だか春が短く
すぐ夏になるような感じが強くなってきます。
恒例のサクセスクラブの泊りのフォーラムが5月20日
と21日に開催されました。私が2月から急遽代表幹事
になったので、準備が大あらわでした。
今年のテーマはリスト化(文字)した夢や目標をイメ
ージをふんだんに盛り込んだものを作ることです。

真ん中ににっこり笑った自分のお気に入りの写真
を模造紙に貼り、そこにいろいろ気に入った写真や
ネットからダウンロードしたイメージを貼っていきます。
それをサクセスライフガイドマップといいます。

私の今回は日頃から標榜している「3Way7K」を中心
に表現します。
・第1Way(Buisiness)
 <収入を伴うセルフマネジメント>
 今の顧問の仕事、資産や金銭のマネジメント
 会社から離れると税金申告、移動の手配、様々な
 お金の流れをしっかりマネジメントする必要があります。

・第2Way(Volunteers)
 <社会との関わり(社会への恩返し・絆>
 サクセスクラブやOB会・同窓会運営等々

・第3Way(Entertainment)
 <楽しむ・楽しませる 好きなことをする)
 動く(テニス・ゴルフ)、旅する(国内・海外)さらに
 軽キャンパー(動く方丈記)・地域祭り・参拝、描く
 (色鉛筆)、奏でる(篠笛)、料理する、歌う(カラオケ)、
 読む

・7K (感謝・絆・興味・感動・貢献・経済・健康)
 人生に大事な要素を集めています。

もう一つのポイントは「林住期」に入るということです。
「学生期」「家住期」(家族を養い、ビジネスを本業として
いく)を過ぎ、会社も退職し、顧問業をやりながら少しゆとり
を持ち自分の好きなことや社会との関わり、家族の支援を
していく時期を言います。これは人生の「黄金期」ととらえ
健康第一で謳歌したいものです。75歳までとすると12年
しっかり時間を使えば、趣味にしても仕事にしても結構な
ことができるはずです。 そのあとは「遊行期」(ゆうぎょうき)
といいます。

・私のサクセスライフガイドマップ
Dsc_1762

まあこんな感じで人生のイメージをしていきます。

・会場のマホロバマインズ三浦は京急三浦海岸駅から
 歩いて10分ほどで、海水浴もでき、家族、会社、学生
 と様々な人々が大勢泊まれる都心に近いリゾート
 マンションタイプの施設です。
Dsc_1749

(朝5時前にテラスから千葉房総半島を望む、まだ上に
 月が見えます)
Dsc_1751

(日の出が見えます。東京湾に朝日が映り美しい光景)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジタル化の流れに沿い、情報発信力強化

退縮後情報発信の時間がより確保できるよう
なったので気持ちも新たに取り組むこととしま
した。本ブログは既に13年間継続しているの
で、これを大切にコアとして、より充実した内容
にパワーアップしていきます。

サブタイトルを「人生百年時代」退職後を
「健康長寿」で楽しいものにする!
<そのためにも50才からの生きかたが大切>
と改めました。

やはり、世の中の「人生百年時代」に組織人
として、どう退職後の人生・生活を作っていく
か、大変重要なテーマだと考えます。

50才からの人生はまさに、人生の午後の充実
した期間として大切にしていきたいものです。

さらに、サイドバーに私が先般東洋出版で
上梓しました2冊を掲載いたしました。

紙ベースでないデジタル出版です。アマゾン、
楽天等17社の電子出版サイトで見ること
ができます。内容はいずれもサクセスクラブで
実践してきた夢や目標をどう日常生活の中に
習慣として組み込んでいくかをわかりやすく
書いています。

ぜひご覧になり書評を書いていただくとうれ
しいです。

また、最近市の臨時給付金というのを頂いた
機会にアマゾンの「kindle Paperwhite
(キンドル)」を手に入れました。

相当ディスプレイを工夫してあり紙に活字
イメージが出ています。

早速読み放題お試しプラン(一か月無料;
通常月980円)で私の本を購入したり読み
放題をダウンロードして持ち歩いています。

結構使いやすいです。

今後とも充実した生き方を深堀りし、同時
進行した魅力あるブログにしていきます。
さらにはデジタル出版として情報発信も
していきたいと考えています。同年代で
特に組織人として、頑張ってきた人には
参考になるように考えています。

よろしくお願いします。

Dsc_1733

先日知り合いと掛川に行きました。山内一豊
で有名な掛川城は安政の大地震(1854年)で
倒壊しましたが、掛川市民の熱意で平成6年に
木造で再建されました。

約11億円掛かり大変なことだったと思います。
いつも新幹線から大阪に向かって右手に見え
てくるので気になっていました。

Dsc_1731

掛川城御殿。こちらは貴重にも残っています。
いわば藩オフィス兼殿様の住居で当時の職員
は700名程度。上級幹部社員は55名だったそう
です。

Dsc_1734

Dsc_1736

Dsc_1739
(これらは紫陽花)

Dsc_1738

掛川市にある加茂荘花鳥園。大庄屋加茂家
の屋敷に建てられ、菖蒲、オリジナル紫陽花、
フクロウ、ミミズク等結構楽しめます。今年は
菖蒲がだいぶ遅れているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新生活開始Ⅲ(一か月経過)

ゴールデンウィークも後半に入りました。
毎日出勤の生活をリタイアして一か月がたちました。
新生活手続きも一段落してきました。平日に休んで
いることの新鮮さはまだありますが、いろいろ工夫し
て規則正しい生活リズムを心掛けています。
まずは、早朝散歩、近所は天台宗のお寺、さらには
神社がとても多いので、お寺・神社を核にして毎日
コースを変えながら楽しみます。

Dsc_1715

Dsc_1716


(一時間程あるいた場所のつつじが有名な等覚院)

20℃ぐらいの季節昼間の木陰は気持ちのいいもの
です。近所の市民プラザ日本庭園にアウトドアチェア
を持ち込み読書は贅沢な時間です。蚊にも邪魔され
ない季節です。避暑地の夏イメージか・・・
読んでいるは塩野七生氏の「ギリシャ人の物語Ⅱ」
です。古代ギリシャ人に思いを馳せるのも悪くない
ですね。
Dsc_1688

任意団体のサクセスクラブの代表幹事を引き受ける
(復帰)ことになり、例会や5月のフォーラムの準備が
結構作業があり張り合いになっています。やはり、
社会とのつながりはないと寂しいものがあります。
こういったことの達成感は自分で作っていくものなの
でしょう。

ある会社の顧問をしていますが、週2~3回の出社
なので、平日も休みます。名付けて「半自由人」です。
半自由人になったのだから好きなことをやればいいの
ですが、計画的にしておかないと向こうから素敵なこと
はやってきてくれません。この辺の感覚が大事なの
かな・・とも思いました。

4月に退職の挨拶状を送りました。いくつか反応が
あって、久しぶりに会う約束をした人もいます。
いずれにしても自分から積極的に発信しないと接点
が減ってしまうのも半自由人の実態ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »