« 内なる言葉 | トップページ | 鉄道博物館 »

2016/11/03

家庭料理いがらし

今回は、会社を卒業した「生き方」について
の事例をご紹介します。「家庭料理いがらし」
のオーナー五十嵐勇人さんです。
Img_20161101_175317


上場会社の役員を務め、60才を過ぎたときに
退職そして、現在の水道橋駅近くに店をひら
きました。

Img_20161101_184401

カウンターに7名、テーブル4人掛けの部屋
ひとつ。こんな雰囲気です。なかなか明るく
清潔感のある落ち着いた空気に包まれ、
通りに近いながら遮音がしっかりしていて、
ジャズの曲が静かに流れています。

基本はコースメニュー(4500円)あと日本酒、
ワインウィスキーとたっぷりいいお酒を揃え、
大人の店という感じです。

Img_20161101_184408

もともと料理が得意というのは聞いていました。
本人は営業の仕事で使う多くの店、自分の
足で探した店、料理を参考にメニューを考え
ています。

開店を本気で考え始めたのは7,8年前と
いいます。今はほとんど自分一人で切り
盛りしているために、予約制で21時半まで
です。

本人は結構体力勝負だと言います。店の
経営というのは大変なことなのでしょうね。

開店して3か月(2016年11月現在)、会社、
取引先の方々がお客様となっています。
ご本人のお人柄でしょう。毎日予約が入る
といいます。皆さんの温かさを感じますね。

OB・現役・懇意のお客様との打ち解けた
場として、とても貴重なお店だと感じます。
料理とお酒の質も十分魅力的です。

退職後会社の延長線上ではなく、自分の
道を切り開いていく好例ですが、お客様は
会社の縁を大事にしながら、展開していく
わけですね。とても刺激になるものです。

思い切った決断であり、そのこ気味よさが
魅力的です。

また女性にも好評なのがこのトイレルーム。
Img_20161101_191632
いいですね。これからもご繁盛と人を引き
付け、穏やかな語らいの場として続くことを
心から祈念するものです。

千代田区西神田2-1-11 03-5212-5305
igarashi-03@outlook.jp
家庭料理 いがらし (予約必要)

※水道橋駅 白山通り側の改札口を日大方面
  (右)へ 徒歩5分 
 一階南インド料理「シリバラジ」の二階
 入口は路地を右に入ったところの階段上。

>最近の五十嵐さん(2018年12月)


Dsc_0104

>豊富で豪華なお酒たち


Dsc_0105


Dsc_0106

その後も好評で多くの方が訪れているよう
です。このブログはアクセスも多く、多くの
方がご覧になっているので、最近(18年12月)
の映像を加えました。

************************************************
※私のKindle本(電子出版)ぜひ読んでみてください。

  
旬ブックス「会社員のための五十才からの
       生きかた」シリーズ

①「会社員が定年後充実した生き方をする
ための四つの習慣」

 ~会社員のための
     「五十才からの生きかた」~
   2018年6月発売
     
②定年後でもできる!
      Kindle本「セルフ出版」

  ~初めてでもWordだけで
         電子書籍が出せる~
   2018年8月発売

③「定年後」憂鬱を感じたら
 ~ある定年退職者のケース~

   2018年11月5日発売

いずれも ¥99 または 
Kindle unlimited 
(¥980月額制で無料ダウンロード)


今後の参考のためにも書評をいただけると
大変ありがたいです。よろしくお願いします。

PC版画面なら右上の「著書」クリック、また
はアマゾン本で「渡辺俊一」で検索すると
見つかります。kindleソフトをダウンロード
すると、専用端末でなくても、PCでもパッド
でもスマホでもご覧いただけます。
***********************************************

|

« 内なる言葉 | トップページ | 鉄道博物館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家庭料理いがらし:

« 内なる言葉 | トップページ | 鉄道博物館 »