« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

北陸新幹線の蘊蓄(うんちく)

すっと気になっていました。やっと北陸新幹線に
乗ることができました。東京、金沢間往復です。
Img_20161122_110657
ウィキペディアより知識をおさらいしましょう。
(本ブログはウィキペディアを応援しています)

「1997年(平成9年)10月に高崎駅 - 長野駅間が、
2015年(平成27年)3月14日に長野駅 - 金沢駅
間が開業した。

長野駅 - 金沢駅間が延伸開業したことで、東京
駅 - 富山駅間を2時間8分(最速達列車)、東京駅
- 金沢駅が2時間28分で結び、首都圏から長野
県東信・北信地方、新潟県上越地方、富山県、
石川県への大幅な所要時間短縮を実現した。

1997年10月に長野行新幹線[注 2]として高崎駅
- 長野駅間が開業した時点では、首都圏から
長野までの所要時間は大幅に短縮されたが、
首都圏と北陸を結ぶ主たる交通機関としては
機能しておらず、その約半年前に開業した北越
急行ほくほく線を経由し、越後湯沢駅で上越
新幹線に接続する特急「はくたか」が首都圏と
北陸地方の鉄道輸送を担ってきた。そのため
同区間を運行するJR東日本は旅客案内上、
正式名称の「北陸新幹線」に代わり、「長野
新幹線」という通称を用いていた。長野駅 -
金沢駅間の開業時に名称を「北陸新幹線」に
統一したが、長野県の要請に基いて、東日本
旅客鉄道(JR東日本)の管轄区間に限って
「北陸新幹線(長野経由)」の表記で案内され
ている。

金沢駅への延伸開業によって、富山 - 金沢
間では「はくたか」のほか、関西方面とを結ぶ
特急「サンダーバード」、中京方面とを結ぶ
特急「しらさぎ」も部分廃止となり、富山県内
から関西・中京方面へは金沢駅での乗り換え
が必須になった。また、新幹線の運行時間帯
の影響から金沢駅での「サンダーバード」「しら
さぎ」の上り始発列車には間に合わなくなり、
逆に到着時刻が遅くなった現象が発生してい
る。尚、特急「はくたか」はその役目を終え、
その名は新幹線の列車名として受け継がれ
ている。

高崎駅 - 上越妙高駅間はJR東日本、上越
妙高駅 - 金沢駅間は西日本旅客鉄道(JR
西日本)の管轄下により運行されており、両社
の乗務員の交代は長野駅で行われている。
同一名称の新幹線の路線が複数の鉄道会社
によって管轄・運行されるのは、北陸新幹線
が初めてであり、2016年現在唯一である。
また、JR西日本では北陸新幹線とは別に
山陽新幹線も運営しているが、1つの鉄道
会社が運営する新幹線の路線が直接つな
がっていない事例も初めてである。」

D席で進行方向左側に座りました。
Img_20161122_093254_2
軽井沢から佐久平へ降りていく風景で、曇天
とあわせて、初冬の寂しが感じられる。

Img_20161122_094412
真田丸で話題の上田付近、千曲川がゆったり
と流れている。


Img_20161122_095635_2
長野市付近マルコメみその大工場があり、いか
にもだ。

Img_20161122_101755
飯山から妙高高原の間の田園風景。この区間
トンネルが多い。


Img_20161122_102807_2
糸魚川ここで新潟県が終わる。写真では写って
いま¥ないが、右手には唯一冬の鉛色の海が
間近かに見える。

Img_20161122_104322_2
刈り取りが終わりしばらくたった富山平野。


Img_20161122_144930
終点金沢駅。JR西日本になったことを感じる
京都、大坂の文字。とても立派な姿で最近の
駅周辺の開発の中心。


冬の景色はモノトーンでやや寂しいものですが、
情緒豊かなものでした。鉄道旅は新幹線でも
風景が楽しめます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

テストステロン

世の中アンチアイジングが言われ、TVショッピング
等で様々な化粧品、サプリが販売されています。
正直自ら老け込んでしまいたいと思う人はいない
でしょう。最近新幹線の友として「できる男の老けな
い習慣」(平野敦之著、青春出版)を手に取りました。
平野先生は泌尿器科の専門医であり日本抗加齢
医学会専門医です。

私自身は更年期障害を意識したことがなかったの
ですが、ちょうど60才の時、夜中に目が覚め、息苦
しくなってしばらく起きていることが度々ありました。
同年代で掛かりつけのマッサージ師リサナトーレ
江坂の伊藤純彦先生も同様のことがあると聞いて
やはり年齢的に様々な症状があることに気が付き
ました。

男性ホルモンの9割はテステステロンであともうひとつ
重要なのは「デヒドロエピアンドロステン」(DHEA)
それは25才をピークに年々減少していきます。
しかし、習慣によって減少度合いを抑え、「心と身体
の健康」に大きくかかわっている基本を押さえておく
ことも、「50才からの生きかた」で重要な要素で
あることに今更ですが気付きました。ホルモンが
影響する現象に先ほど寝付けない更年期障害、
鬱、筋肉の減少、性欲、生活習慣病、認知症・・・・・・
身体、心に実に影響を及ぼしています。

人が病気にかかりにくくしているものは「免疫機能」
と「ホルモン」とです。ホルモンは副腎で作られていま
す。副腎は腎臓の上に乗っている3グラムぐらいの
臓器です。左右に2つあります。副腎で80あるホル
モンのうち50が作られています。そうすると副腎が
健全で機能することが大切で、いわゆる「副腎疲労」
させずに、働いてもらう習慣とは何か?になります。

それを妨げているものに過度のストレスがあります。
ストレスに対処するためにコルチゾールを副腎は作り
続けます。そうして、副腎疲労を招いてしまいます。
50種の必要なホルモンを作り出しているので大問題
です。ストレスそのものの対策は難しいので、「質の
高い睡眠」、「適度な有酸素と無酸素(筋トレ)」を
バランスよく織り込むことです。これが習慣のその一。

その二が「食習慣」
・オイスター、セロリ、キュウリ、スイカ、トウモロコシを
 ひげごと、糖質制限、焼き肉・ステーキ(赤身を)、
 ポークカレー&玄米、コレステロールは適度に摂取、
 髪の毛は乾燥きくらげ、チーズ&ナッツで酒を、
 うなぎ&スッポンはやっぱりいい、パスタは「ジェノ
 ベーゼ」(にんにく&松の実・バジル・チーズ・オリーブ
 オイル)、赤ワイン・・・・
・ノンカロリーの人工甘味料のとりすぎ(加糖ぶどう
 糖液糖等はかえって肥満を招く)
・コンビニ弁当で注意すべきは容器とレンジの組み
 合わせ(環境ホルモンの溶け出し)
・揚げ物は揚げたてを選ぶ(油の量より質)
・胃薬やアレルギー薬に男性ホルモン抑制物質が
栄養バランス、繊維質の摂取等一般の常識に加え
男性ホルモンや副腎に影響するものとしてとらえた
方がいいでしょう。

その三「考え方」
・朝型人間(朝がホルモンピーク)
・誰かと競争すること、競争する趣味を持つ
・「ときめき」の大切さ
・筋トレで全身の筋肉のバランス、やり過ぎない
 筋肉の原料をたくさん摂る(筋肉でもテストステロン
 は作られている)
・食事でも運動でも寝る3時間前には終える

これのように「心と身体」を健やかに保っていく知識を
「習慣」に取り入れていくことが大切ですね。私が今ま
での経験で感じていたことが裏付けられたものも多く
ある気がします。

Img_20161110_060714

(初冬の自宅近くの朝焼け 美しい・・・・・これも「ときめき
か?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄道博物館

「過去において使われた歴史的価値のある鉄道車両や
鉄道施設、その他の鉄道関連資料などを収集・保存し、
来訪者に展示・公開している。おもに、鉄道が歴史的に
果たしてきた役割を称え、未来における鉄道の発展を
教えるという形を採る。これらの施設は先進国・発展
途上国を問わず存在する。

展示内容や方針によって博物館的な性格を持つ施設、
公園的な性格を持つ施設など様々である。本格的な
ものは博物館法の適用を受ける施設もある。展示物
についても様々で、交通機関全般を扱っている施設も
あれば、鉄道関連の展示物のみ展示している施設も
ある。経営母体も鉄道事業者が運営する企業博物館
的なもの、自治体が運営するものなど様々である。


鉄道博物館(てつどうはくぶつかん、英語: The Railway
Museum)は、埼玉県さいたま市大宮区大成町にある
鉄道博物館である。

東日本旅客鉄道(JR東日本)の創立20周年記念事業の
メインプロジェクトとして、また、2006年(平成18年)5月
14日に閉館した交通博物館に替わる施設として、2007年
(平成19年)10月14日の鉄道の日に開館した。公益財団
法人東日本鉄道文化財団が運営している。愛称は鉄博
(てっぱく)。設計はジェイアール東日本建築設計事務所」
(ウィキペディアより 本ブログはウィキペディアを応援
 しています)

先日立ち寄ってみました。鉄道は小さい頃から常に
引き付けられてきました。
Img_20161107_130225

今、鉄道博物館を訪ねるとその車両にまつわる自分の
歴史がフラッシュバックしてきます。誰もが同じだし、
そこに魅力があるでしょう。

Img_20161107_121051

小学校低学年まで茶色(マルーン)の国電に乗っていま
した。正確にはこの写真のモデルではなく、73系という
ものでしたが、同じ印象です。ドアを入るとセンタにポール
があるものです。

Img_20161107_121003

小学校6年から広島に移りました。当時はSLが走って
いました。(呉線経由の山陽本線)オハ35というこの
写真のような列車に乗って通学していました。

Img_20161107_121359

高校2年から単身で広島に下宿していました。その時
東京との往復はあさかぜの寝台でした。12時間掛かる
ものでした。三段ベッドの中段が安いので乗っていました。

このように鉄道は国内長距離の移動手段として、人生の
一シーンとして思い出に組み込まれているので、日本
だけでなく世界中の人に愛されているのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家庭料理いがらし

すっかり秋も深まってきました。
今回は、会社を卒業した「生き方」についての事例を
ご紹介します。「家庭料理いがらし」のオーナー
五十嵐勇人さんです。
Img_20161101_175317


上場会社の役員を務め、60才を過ぎたときに退職
そして、現在の水道橋駅近くに店をひらきました。

Img_20161101_184401

カウンターに7名、テーブル4人掛けの部屋ひとつ。
こんな雰囲気です。なかなか明るく清潔感のある
落ち着いた空気に包まれ、通りに近いながら
遮音がしっかりしていて、ジャズの曲が静かに
流れています。

基本はコースメニュー(4500円)あと日本酒、ワイン
ウィスキーとたっぷりいいお酒を揃え、大人の店
という感じです。

Img_20161101_184408

もともと料理が得意というのは聞いていました。
本人は営業の仕事で使う多くの店、自分の足で
探した店、料理を参考にメニューを考えています。

開店を本気で考え始めたのは7,8年前といい
ます。今はほとんど自分一人で切り盛りして
いるために、予約制で21時半までです。
本人は想像より体力勝負だと言います。店の
経営というのは大変なことなのでしょうね。

開店して3か月、会社、取引先の方々がお客様と
なっています。ご本人のお人柄でしょう。毎日
予約が入るといいます。皆さんの温かさを感じま
すね。今後のリピートが鍵になりますが、料理と
お酒の質で十分魅力的です。

退職後会社の延長線上ではなく、自分の道を切り
開いていく好例ですが、お客様は会社の縁を大事
にしながら、展開していくわけですね。とても刺激
になるものです。思い切った決断であり、その
こ気味よさが魅力的です。

また女性にも好評なのがこのトイレルーム。
Img_20161101_191632
いいですね。これからもご繁盛と人を引き付け、
穏やかな語らいの場として続くことを心から祈念
するものです。

千代田区西神田2-1-11 03-5212-5305
igarashi-03@outlook.jp
家庭料理 いがらし


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »