« 対馬丸記念館 | トップページ | 東北のまつり »

ネガティブ思考力

今日で7月も終わりとなります。遅い梅雨明けも明け
いよいよ夏本番です。今年もあと5か月です。ここから
が結構早いものです。

今回は世のポジティブ思考に対し、問題点を指摘する
「ネガティブ思考」(榎本博明著 幻冬舎)を取り上げ
ます。かくいう私も90年代初頭からポジティブ思考を
信奉する一人でありましたが、そのまんまではだめな
気がずっとしてきました。私なりの結論はありましたが、
本書では要領よく解説されています。

◇ポジティブ思考には以下の問題点がある
 ・人はだれでも自分を過大評価する傾向「ポジティブ
  イルージョン」がある。そのために現実を直視でき
  ず、油断をしたり、自己改善ができないといった
  問題がある。
 ・能力の低い人ほど自分の能力を過大評価し、能力
  の高い人は自分を過小評価する傾向がある。これ
  を「ダニング=クルーガー効果」と呼ぶ。こうした
  ポジティブ信仰にはまると成長が阻害しかねない。
 ・ポジティブな心理状態の時ほど「確証バイアス」
  に陥りやすい。すなわち自分に都合のよい情報
  ばかりに目を向け、リスクを無視した判断をして
  しまう可能性が高くなる。
◇様々な心理学の研究により、ネガティブな心理状態
  には以下のような効用があることがわかっている。
  ・正確な判断がなされやすい
  ・記憶をよくする
  ・モチベーションを高める
  ・説得力を高める
◇ポジティブな人は、何をするにも不安や緊張感が
 乏しく、準備不足に陥りやすい。一方、不安や緊張
 感が強く「これで大丈夫か?」としつこく自分に問いか
 ける人の方が、十分な準備ができ、結果的によい
 仕事ができる。
◇ネガティブな人は、自分の弱点に目を向ける。それ
 によって、どう修正すればよいのかが見えてくるので、
 弱点を克服できる。
◇不安の強さは、用心深さに通じる。それが対人場面
 では、相手の心理状態に注意を払うといった心理
 傾向につながる。そのために相手の気持ちがよく
 わかり、適切な対応ができる。

長年ポジティブ、ネガティブ思考のこの問題に取り組ん
できましたが、よくまとまっているので、考えやすいと
感じます。

ポジティブ思考の良さは「自責にして、外部のせいに
せず、あきらめない」「自責も自分のコントロール、外部
コントロールを分けて、自分を責めすぎず、楽観的に
継続を目指す」といった前提で、ネガティブ思考の注意
点を踏まえて改善を粘り強く、自分をコントロールして
周囲に協力して、周囲に応援もしてもらう」こんな感じ
の生き方がいい気がします。生きかたの核は、様々
な世の流行にあるのではなく、様々な説の本質を
見出して、自分なりに落としていく姿勢にあるのでしょう。

とてもよい気づきをまらいました。

Dsc_1332

(さるすべり 真夏に長く花を咲かせ続ける強さを
 体現していますね。明日から8月、乗り切っていき
 ましょう・・・)


|

« 対馬丸記念館 | トップページ | 東北のまつり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37225/63991193

この記事へのトラックバック一覧です: ネガティブ思考力:

« 対馬丸記念館 | トップページ | 東北のまつり »