« お引越し | トップページ | 対馬丸記念館 »

テニス復活

西日本では梅雨明けのようですね。蒸し暑い日々が
続いています。エアコンも上手に使って、体調管理も
亜熱帯化する日本では生活の知恵化していますね。

かねてからテニス復活作戦を練ってきました。5月に
会社のテニス部仲間でゴルフ&テニスをやった折に
ある先輩が入っているテニスクラブを紹介してもらう
ことになり、6月から入り、日曜を基本に通うことに
なりました。

2015年に2回しかプレーしなかったこともあり、毎週
やることになると身体がきついものです。また、テニス
スタイルの変化や自分の感覚のズレ(年齢に応じた
ゲームの進行の仕方や技術面)があり、課題は山積み
です。しかし、ここを乗り越えないと先へ進めないので、
今は筋肉痛や疲労、思うようにいかないイライラを受け
入れ頑張っています。

私自身のテニス歴は長く、1967年の中学入学時か
らでなんと49年になります。もちろん40歳代からは
会社や休日のゴルフが増えたり、教育費等々継続
できる環境が限りなく厳しかったこともあり、「止めな
かった」といったほうが正しいかもしれません。

60歳代はテニスとゴルフを通じて友人とのネット
ワークを維持していくキーになるものと位置づけら
れます。

また、そうしたい(テニスクラブ加入)と思っていると
巷の情報や会話への気付き、行動といったことにつ
ながり、実現へ近づいていきます。今回のきっかけ
もそういった事例のひとつですね。

道具にも関心が深くなったり、ウィンブルドン中継を
積極的に観るようになったりいろいろ変化が出てきま
す。とても興味深いことです。ただ、今は結構、暑さと
筋肉痛、疲労感とはうまく付き合っていきたいもの
です・・・・・

このようにHRP(ハッピーリタイアメントプログラム)的なアプロ
ーチですが、退職後の世界への移行準備は必要
です。今のビジネスへ気持ちはの日々仕事ができる
ことが幸せという感覚も生まれています。

会社のポジションの変化、異動、引っ越し、新しい
世界、仲間との出会い等々人生の節目へ向かって
いる実感もあります。

もうすぐ梅雨明け、盛夏となっていきます。「身体だけ
は大事にしましょう!」先代三平師匠ではありません
が・・・

|

« お引越し | トップページ | 対馬丸記念館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37225/63933770

この記事へのトラックバック一覧です: テニス復活:

« お引越し | トップページ | 対馬丸記念館 »