« 我らが塩野七生氏 | トップページ | お引越し »

今、世界が注目する「禅」

今月末で関西を離れることになりました。
合計10年間大阪に住居がありましたので、名残り惜しい
ものがあります。先週は元の職場が盛大に送別の会を
設営いただきました。職場の仲間、お客様、行きつけの
お店の理恵さん、ゴルフ場関係者他多くの方にもビデオ
メッセージまでいただき、本当に幸せなことです。皆さん
に感謝です。

関西地区というと京都、奈良、滋賀と歴史にちなむ場所
も多いのですが、お寺の中では禅関連のお寺も多数あ
りますし、座禅をやったこともありました。禅については
「世界中のトップエリートが集う禅の教室」という本が
あります。KADOKAWA出版で妙心寺春光院副住職の
川上全龍さん(マインドフルネス講師、アリゾナ州立大学
卒業年5000人に禅の指導を行う)が著者です。

「今世界のトップたちが禅や瞑想を学び、実践している。
背景としては「マインドフルネス」の世界的流行がある。
自分の内面で起きることを客観的に見つめなおすこと
で心を調え、自制心や創造性を発揮しやすい状態を
作り出すエキソサイズである。禅宗の瞑想を現代風に
アレンジしたものである。

リーマンショックに代表される実利の追求を善とする
実践主義(プラグマティズム)が壁に突き当たったこと
が背景にある。近代の西洋は「自己実現」を重視した。
これは自分のゴールにむけ自分を高めるもので、自己
中心的な考え方だ。それが行き過ぎ、リーマンショック
を生んだと理解され、仏教的な概念「空」「Well-Being」
(一時的でない幸せの追求)の延長線上に他人を幸せ
にすること、すなわち「利他」に目を向けるようになった。

今日のビジネスにはアイディアが重要である。創造性
を高めるには禅宗的な考え方「主観を排して、物事を
ありのままに見る、ということが必要である。

座禅は「調身(姿勢を調える)」→「調息(息を整える)」
→「調心(心を落ち着かせる)」の順に行う。調身、調息
で身体がリラックスすると、心が調って自制心を持った
自分が現れ、パフォーマンスを最大限に発揮できる
状態になる。

座禅の目的は、心を落ち着けることにある。落ち着い
て大きな視野で物事を見れば、人間だから失敗も
成功もあると、執着の少ない考え方ができる。それが
幸福感にもかかわってくる。」

「しあわせは いつも じぶんの こころが きめる」
(相田みつを)

まさにそういうことで、「利他」も最近のキーワードです
ね。多くの人々が同じことを言い始めて、ビジネスの
世界でも「競争から共創へ」となっていますね。

時代のトレンドを感じさせる本でもあります。

Dsc_1306

(送別の会でいただいたお花、彩の豪華さに嬉しさ、
 安堵感、寂しさが混ざり合う・・・・・)

|

« 我らが塩野七生氏 | トップページ | お引越し »

コメント

渡辺さん
長い間、本当にお疲れさまでした。
お知り合いになれて感謝の日々でした。
私ね、俳句を始めたんですよ。
ユーキャンでね(笑)
でね、渡辺さんとの別れを詠みました。

「初夏に赴くビデオレターで別れかな」
どうですかね?これ?(笑)

投稿: 理恵 | 2016/06/28 20:57

理恵さん
こちらこそビデオレターに登場いただきありがとうございました。

「梅雨晴れに 姿まぶしき たま葱の」

(大笑い)

投稿: Shun | 2016/07/11 21:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37225/63831399

この記事へのトラックバック一覧です: 今、世界が注目する「禅」:

« 我らが塩野七生氏 | トップページ | お引越し »