« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月の投稿

2016/05/22

サクセスフォーラム

今年も我らがサクセスクラブ恒例の一泊二日ツアー
が、神奈川県湯河原のミカン畑の真ん中にある
古民家風宿泊施設ボンファムで開催されました。
蜜柑畑越しに相模湾、沖合には初島が眺望できる
素晴らしい場所です。

Img_20160522_091150


夜は海の見える温泉でちょうど満月を望むこんな
写真もありでした。足湯の窓枠に満月が嵌る面白い
構図です。
Img_3991

15名程、年齢の職業も経歴も様々な人々の集まり
です。よれぞれが近況報告と自分の持つ目標や夢を
語り合い、刺激しあうといった趣旨です。

私は6年ぶりに東京に戻り、仕事もラインからエグゼク
ティブ・アドバイザーといった役割になり、人生の節目
に向かっていることを説明しました。これからは、仕事、
趣味、家族等のバランスが変わり健康を基盤として
いくことを宣言した形になります。

代表幹事の高山さん、田口さん、宏子先生、田頭さん、
翁さんも参加しなかなか刺激のあり潤いもある会合と
なりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/08

黄金連休(下)

今年のゴールデンウィークは平日2日休むと10連休
となる方もおられたでしょう。私は2日に会社に出て、
前半大阪、後半東京という感じでした。前半は京都
観光で後半は自宅中心に過ごしました。

後半は庭といっても猫額ですが、藤のつるや雑草
も伸び放題になりつつあり、対応をしておりました。
そんな時、牡丹の花がお手頃なお値段のものが
あり、母の日プレゼントとして買いました。
Img_20160505_095717

華やかなもので、母の家の雰囲気まで変わるほど
インパクトがあります。

後半は課題図書で「新版 ブルーオーシャン戦略」
に挑戦しました。エクセレントカンパニーとかビジョ
ナリーカンパニーといったベストセラーの流れが
ありますが、一味違うところもあります。

近年コモディティ化が早く、今まで一生懸命にやり
ある程度成功し持続できていたことが、インターネット
や様々なテクノロジーの力もあり、すぐキャッチアップ
され、供給過剰を起こし、低価格化し血みどろの戦い
となってしまう「レッドオーシャン」をどう回避するか
新たな「ブルーオーシャン」をどう作るか?10年ぶり
の新版です。

まずは戦略キャンバスなる価値要素のレベルを設定
した価値曲線を描く。
①市場の境界を引き直す
②細かい数字は忘れ、森を見る
③新たな需要を掘り起こす
④正しい順序を考える

QBハウス、パーク24(タイムズ)、ヒートテック、オフィ
スグリコ、クックパッド等々の事例が納得感を与えます。

今まで戦略論は「領土が限られているために、敵を
打ち負かさないと反映できない」式のものでしたが、
競争のない新しい市場空間の創造するということを
否定するものが多かったようです。

メリハリ、高い独自性、訴求力のあるキャッチフレーズ
の3要素、4つのアクション(①減らす②取り除く③付け
加える④増やす)を有効に実行する。シルクドソレイユ
やサウスウェストを細かく分析し納得性を高めました。

これら読み進めると興味深く奥へ入っていけます。

「(新版)ブルー・オーシャン戦略ー競争のない世界
を想像するー」W・チャン・キム+れね・モボルニュ
著 ダイヤモンド社  いかがですか?

今年もかく黄金週間を終えました・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/01

黄金連休(上)

ゴールデンウィークに入りました。
初夏の日差しとも思える強い陽光と爽やかな空気
連休を利用して京都宇治の三室戸寺行きました。
二万本のつつじです。
Img_20160429_103907
言葉のいらない絶景。

Img_20160429_103056

とくに朱色を濃くした色合いのつつじ。

Img_20160429_103701

石楠花(しゃくなげ) 高野山でも有名な花ですが、つつじ状の
花を集約したような花は可憐、華麗としか言いようがない。

さらに平等院の参道にある藤の一本幹の花。
Img_20160429_113012

皆、春の到来の喜びを表現しているよう。


次に建仁寺の俵屋宗達の「風神雷神屏風図」
(写真撮影許可)

Img_20160501_104529_2

海北友松作の「雲龍図」(写真撮影許可)
Img_20160501_104759


Img_20160501_104926


臨済宗建仁寺派の大本山。「禅」の世界に浸る時間
でした。栄西禅師による開山と言われています。中国
よりお茶をもたらせた茶祖としても知られています。

禅の静寂な空間に浸ることは命の洗濯ともなるもので
した。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »