« 一月の終わりに | トップページ | 台湾旅行Ⅱ »

一所懸命

時に様々なジャンルの本を読む切っ掛けを作ること
も大事です。それを提供してくれるのは、野菜の名前
のお店の理恵さんです。今回は「一路」が課題図書です。

「一路」(中公文庫浅田次郎作)のストーリーは以下です。

「文久2年(1862年)師走、参勤交代の全てを取り仕切
る供頭の小野寺家の嫡男・小野寺一路(おのでら
いちろ)は、国元、西美濃田名部郡の屋敷で父親が
失火で命を落としたとの報せを受け、急きょ田名部へ
戻る。田名部の地を治める蒔坂左京大夫(まいさか
さきょうのだいぶ)は無役の旗本で、石高は7500石と
決して多くないが、大名と同等に扱われる交代寄合
表御礼衆を務めるため、隔年の参勤を果たさなけれ
ばならなかった。殿様からの拝領屋敷を焼失したと
いう大失態は家名断絶にも等しい不祥事だったが、
参勤の出立が間近に迫っていたため、重臣の蒔坂
将監や家老の由比帯刀の口添えにより、一路は
家督を相続し供頭としての務めを果たすこととなった。

しかしながら、一路は江戸で生まれ育ち田名部の
地を知らないだけでなく、まだ若く現役だった父から
仕事について何も教わっていなかった。焼け跡から
見つかった文箱から、先祖が記した約230年前の
参勤の記録を見つけた一路は、古すぎて参考に
ならないと一度は諦めかけるが、旅籠で出会った
易者の助言で、時代を経て省略されてきた古式床
しい行列の作法を復活させようとする。親戚からも
家中の仲間らからも徹底して協力を拒まれる中、
仕立てた羽織一式を人目を忍んで届けてくれた許嫁
の国分カオルに初めて会う。つつがなく務めを終える
ようにと祈ってくれた美しいカオルに心を奪われた
一路は、行列を何事もなく成功させ、その暁には
カオルを娶りたいという思いを一層強くさせる。

行列に不手際があればお家取り潰しは確実、古文
書の「参勤交代は行軍、戦そのものである」との
言葉を胸に、背水の陣の覚悟で臨む一路に、
難題は次々と振りかかる。雪深い峠越え、殿様の
発熱による到着の遅れ、何よりも重大な難事は、
将監らが主君・左京大夫の命を狙う陰謀を企てて
いることだった。」(ウィキより)

この本の前半は古式にのっとり参勤交代を行軍とし、
武士道を実践する あたかもドンキホーテを思い起こ
させました。しかし、一路の生き方が武士の、いや
日本人の「一所懸命」な姿であり、その周囲の人々の
チームワークでもあります。この生き方とその影響
の大きさを実感するものでありました。

戦後の個人主義のありかたの動きの中で、こういった
武士の生き方はなぜか私の奥のほうの感性に共鳴
するものがあります。

お勧めの本ですね。

|

« 一月の終わりに | トップページ | 台湾旅行Ⅱ »

コメント

渡辺さん
ご無沙汰しております。
「一路」私も母も好きな本です。
時にはこういうのも良いでしょ?
ここ最近は、特にお勧め!っていうのに出合わなくて…
今は、特捜部Qの最新刊を読んでますが、課題図書になるほどの物ではなさそうです。

投稿: 理恵 | 2016/02/14 22:23

理恵さん コメントありがとう。「一所懸命」な姿は清々しいものですね。いい本でした。加賀のお姫様の話も爽やか・・・感謝でした!

投稿: shun | 2016/02/17 04:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37225/63178944

この記事へのトラックバック一覧です: 一所懸命:

« 一月の終わりに | トップページ | 台湾旅行Ⅱ »