« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月の投稿

2015/09/23

シルバーウィーク観光

シルバーウィークが始まり5連休という人も多か
ったかもしれません。いつから始まったのか、この
休みにビジネスの作業に携わる人々もかなり
おられるでしょう。私は4日休ませてもらいました。
大阪におりこの際女房同伴京都宇治観光しました。

概ね天気がよかったのでどこへ行っても大変な
人でした。
Dsc_0930

平等院鳳凰堂。2014年昨年平成の大改修した
だけに、鳳凰の金箔が初秋の快晴に映えていま
した。実に美しい映像です。正面。

Dsc_0931

斜めの阿字池の斜めからのアングルもお勧めです。

Dsc_0935


裏から見てもなかなかの見栄えです。

極楽浄土の宮殿をモデルにした鳳凰堂は1052年
に関白藤原頼道によって創建されました。まさに
極楽浄土といった安らぎを感じさせる優美な建物
で、改修により色彩も鮮やかになっています。10円
玉の裏の刻印は有名ですね。

鳳翔館では梵鐘、鳳凰そのものもまじかで見られ
てビデオとともにとても勉強になります。

次に宇治上神社、世界遺産です。
「宇治川東岸、朝日山の山裾にある神社です。
創建年代などの起源ははっきりしていません。
菟道稚郎子は応神天皇の皇子で、父に愛され
皇太子に立てられましたが、兄である仁徳天皇と
皇位を譲り合い、自殺して皇位を譲ったと伝えら
れています。(皇位継承争いをしたとの説もあり)
明治維新前、両社を合わせて宇治離宮明神、
八幡社と呼ばれ、近くの宇治神社を下社・若宮と
するのに対して、宇治上神社は上社・本宮とされ
ていました。
平成16年(2004年)2月、奈良文化財研究所・
宇治市等が年輪年代測定調査を行った結果、
本殿は1060年頃の現存最古の神社建築である
ことが裏付けられ、1052年創建の平等院との深い
関連性(その鎮守社と言う)が伺えます。」
(kyoto designより)
Dsc_0937


Dsc_0939

近くの源氏物語ミュージアムもなかなか面白い
です。快晴の下大阪から往復のワンデイチケット
で1000円の交通費で済みます。楽しい一日でした。
関西の歴史観光は便利でうれしい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/22

My HRP (下)

毎日お天気のよいシルバーウィーク気持ちの
よい季節です。お彼岸となり夏が終わり、本格
的な秋となり様々な世のイベントが続き、あっと
いう間に年末となり2015年が終わるという速い
時の流れに押し流されぬひと時を大事にしたい
と思う今日この頃です。

いよいよMy Happy Retirement Programも下巻
となります。

9)自分のやりたいことへの準備(文化編)
 ・色鉛筆画
  50歳からこのブログを通じて、様々な準備とな
  る項目を考え、実行してきたつもりですが、まず
  は趣味といえるものの代表が絵です。色鉛筆
  を使い、A4サイズの作品を2012年から日美展
  に出展しています。今年の入選作は以下です。

 Dsc_0571

(水面に映える厳島神社 2015年度入選作)

 ・街道をゆく
  次が司馬遼太郎作「街道をゆく」シリーズを地
  でいくことを考えています。
  全43巻あるこの作品は90年代後半にNHKでも
  放映されました。司馬さんが70年代に日本各地
  を画家や郷土史家の人たちと訪ねた旅行記
  です。

  これらを追体験しようとDVDを見、本を読み、さら
  にキャンピングカーで行こうと計画しています。
  12世紀半ばの鴨長明の方丈記を「動く方丈記」
  (軽キャンパー)として、物見をして回る企画です。
  現在計画をゆっくりと練っています。

  歴史、風土、民俗的な造形を深めていくことを
  ライフワークにしていき、できたら情報発信して
  いきたいと考えています。

10)自分のやりたいことへの準備(友人交流編)

 ・ゴルフ
  今現在主体で取り組んでいます。ハンディキャ
  ップは10台前半でああるもののもう一歩という
  境地。しかし、その面白さんもさることながら、様々
  な人的ネットワークの交友ツールとして欠かさない
  ものです。どこかを拠点としながら楽しんでいき
  たいものです。これには準備は要りません。

 ・テニス
  13歳から始め、今も細々とつないでいます。これ
  もゴルフ同様の人のつながりに意味深いものが
  あります。かつ、ゴルフ同様いつまでできるか?が
  気力・体力において一番厳しく問われるものでしょ
  う。90歳ぐらいまでできることを目標にします。
  課題はどこを拠点にするか?仲間は?ということ
  です。

 ・異業種交流会(サクセス)
  2010年まで代表幹事を務め、大阪へ転勤になった
  時点で高山孝宏さんにバトンタッチした会です。
  高山さんや田口先生、幹事の方々がさらにパワー
  アップしてくださっているので、大変楽しみです。
  20年近くのコアな仲間が熟成しています。

11)家族の絆
  妻とは程よい距離感でこれからも仲良く、ともに
  歩いていきます。常に感謝の心を忘れずにいき
  たいと思います。子供たちともできる限り応援を
  していくという立場で過ごしたいものです。母、妹
  とは定期的に連絡を取りながらです。

これらの取り組みをしながら、白秋期、林住期へシ
フトする自分を見失わず、毎日毎日を大切に、健康
基盤はいつも氣をつけ、「所作」を忘れず天寿を全う
できる人間になりたいものです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/12

My HRP (中)

前回に引き続き、My HRP(ハッピー・リタイアメント
・プログラム)です。

5)わが家の修繕
 築21年を経過しほとんど手を入れていない自宅
 ですので、屋根や雨樋も傷んできています。最低
 限のものは修繕し、長年の使用に耐えられるもの
 にする機会です。また、自分の部屋も畳敷きで
 これまた、何もしていないので、板張りに改造し
 納戸とともに使い勝手を見直したいと考えています。

6)人的ネットワーク
 今までの職場中心の人的つながりは大幅に変わっ
 ていくことになるでしょう。退職後も付き合える仲間
 はそう多くはないにしても絆の深い人たちはだれか
 を考える機会です。また、今まで細々と付き合って
 きた学生時代、異業種交流会の友人たちのアドレス
 等の確認は必要です。年賀状の住所録もしっかり
 見直しです。情報の整備が必要ですね。

7)自分の仕事のあり方
 これが一番切実ですが、現在の会社の次にどういう
 仕事をするかは、会社と委任関係にある人間の場合
 どう声が掛かる かによって変わっていくことが大い
 にあります。ちょっとした人事、後継者の状態で、
 何歳まで働くかはその環境によって変わってくると
 いうのが自立的ではありませんが、ありうるのが実情
 ではない かと感じます。私の場合来年かもしれない
 し、2年後かもしれないので、現在来年のつもりで準備
 を進めようと考えています。若干1,2年の誤差はあり
 ますが、必ず来る近未来の退職の日に向けての準備
 です。

 その後については、今までの経験が役に立つ顧問的
 な仕事は続けるものの、自分のやりたいことを優先
 した生活設計になります。

8)自分のやりたいことへの準備(健康編)
 一番は体力作りです。健康の基盤がなければ話になり
 ません。血液状態、血圧、血糖値、尿酸値等の人間
 ドック系の話、目、鼻、耳、歯、内臓の状態、自律神経
 等々のケアは慎重にします。腫瘍マーカーなどの値
 も気を配り前がん状態の把握も含めて気にします。

Dsc_0873

(京都と滋賀の境、逢坂峠のうなぎ屋さん前の標識;
 ユーモアあふれるデザイン)


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/09

My HRP (上)

すっかり世は秋雨前線、台風で梅雨時を思わせる
天候が半月も続いています。私も10月で61歳
と半年を迎えます。幸いにもビジネス前線で働け
ていることは幸せの極みです。しかし、いつまでも
続くわけではありませんので、50歳代から人生
のスケジュールや身の回りのことを徐々に林住期
モードないしは白秋モードにシフトしようと考えて
このブログなども立ち上げ継続してきました。

ところが、50歳代後半から現在に至るまでかえ
って、ビジネスの比重が重くなり、プライベートへ
の投資時間は少なくることがこの5年ぐらい起きて
しまいました。その間に子供3人のうち2人は独立
し、長女は結婚し、父親は亡くなりました。多くの
ことが起きましたが、多忙な中で夢幻のごとくに
過ぎ去っています。

ともすると今の自分のビジネスの状態を一日でも
長くと願っている自分に気がつくこともあります。
しかし、自分が自分らしくあるとはどういうことか
立ち止まることも必要です。

そこで、新幹線の中でつらつらと考えてみると、
身の回りの整理も必要だと思いつきました。
結構些細なディテールこそ大事なのか?と・・・


どんなことか?ちょっと並べてみたいと。それこそ
がMy HRP(ハッピー・リタイアメント・プログラム)
かもしれません。

1)退職後の費用計算と財布
 世に様々な本や最近では会社でも計算させる
 研修などもあります。それらを参考にするので
 すが、退職金や実際の年金などの収入をどう
 夫婦間で分配していくか?財布をどうしておく
 かも重要です。それぞれの支出と家計として
 の共通費です。

2固定)支出のスリム化
 定期収入があると今までの固定費には割と
 寛容です。固定電話、携帯電話、新聞、インター
 ネット、保険等々 この際徹底的に見直して
 みるチャンスです。

3)モノの多さ 
 単身先、自宅に山ほどモノがたまっています。
 衣服、カバン、靴、書籍、記念品等々これらを
 思い切って捨てて、空間を確保し、部屋をすっ
 きりさせたいと思っています。家も可能な限り
 DIY(自分)で修繕していくことで頭も整理される
 ことでしょう。

4)口座、クレジット等財産項目の整理
 結構付き合いや弾みで作ったクレジットカード
 や定期会費付のメンバーシップとか銀行口座
 郵貯口座等も整理して明確にしておくことも
 重要ですね。

こういったことを今考えています。次回に続けたい
と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »