« 人は、誰もが「多重人格」 | トップページ | 海の日観光 »

江戸時代について

江戸時代は停滞の時代で、明治維新後の近代化こそ
が現代日本を先進国に押し上げたものであるという
戦後教育の時代の空気の中で育った私は、江戸時代
とか時代劇などはちっとも興味がありませんでした。

しかし、年をとるにつれ今の日本の基盤は江戸時代の
流れを組み、文化は室町時代に起源が多いことに最近
思うことが多くなりました。そんな中。品川駅の本屋さん
で「なぜ、地形と地理がわかると江戸時代がこんなに
面白くなるのか」(大石学著 洋泉社)を買い、新幹線
車中で読みました。

<なぜ、「その場所」だったのか>
・なぜ、江戸に幕府が開かれたのか
・なぜ、大坂は「天下の台所」となったのか
・なぜ、兵庫・灘の酒が江戸でもてはやされたのか
・なぜ、博多と福岡という二つの中心ができたのか
・なぜ、伊勢参り流行したのか
・なぜ、横浜が開港地に選ばれたのか
・なぜ、房総半島には紀伊半島と同じ地名が多いのか
 
<地名から探る「江戸時代史」
・なぜ、家康は日光東照宮に祀るように遺言を残した
 のか
・なぜ、譜代筆頭井伊家は彦根に置かれたのか
・なぜ、日米和親条約で下田と函館が開港地になった
 のか

<「江戸の町」を地形から探る>
・なぜ、東京には見附という地名が残るのか
・なぜ、利根川の大改修が行われたのか
・なぜ、刑場は街道の入口にあったのか
・なぜ、御殿山は切り崩されたのか

等々面白い点を列挙してみましたが、私たちが身近
に暮らしている街にも綿々とした継続した歴史、経緯
が積み重ね、織り込まれていて、人間の営みの重層的
なものがあるとつくずく感じるものがありました。

Dsc_0721

(梅雨の真っ最中、夏の到来を感じる朝顔の紫には
 美しさをみる)

|

« 人は、誰もが「多重人格」 | トップページ | 海の日観光 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37225/61875566

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸時代について:

« 人は、誰もが「多重人格」 | トップページ | 海の日観光 »