« 篠田桃紅さん | トップページ | 観光客にみる時代の変化 »

連休観光二題

今年もゴールデンウィークが過ぎ去ろうとしています。
後半は大阪で過ごしました。4日を除いて概ね天気
に恵まれました。

3月27日に平成の大改修を終えた姫路城に行って
みました。現在の姿になったのは、関ヶ原後入嬢した
池田輝政が播磨52万石で始まり、「江戸時代には姫路
藩の藩庁となり、更に西国の外様大名監視のために
西国探題が設置されたが、城主が幼少・病弱・無能
な場合には牽制任務を果たせないために城主となる
大名が頻繁に交替している。池田氏に始まり譜代
大名の本多氏・榊原氏・酒井氏や親藩の松平氏が
配属され、池田輝政から明治新政府による版籍奉還
が行われた時の酒井忠邦まで約270年間、6氏31代
(赤松氏から数えると約530年間、13氏48代)が城主
を務めた。」(ウィキより)

大坂の陣で救い出された千姫20歳で本多忠刻と再婚
し、姫路城で過ごした10年間が一番幸せだったとも
言われています。とてもうなずける話です。
Dsc_0620

(お城祭りが開催されていました)

Dsc_0632

(大混雑で2時間近く掛って登った天守閣からの眺め
 鯱鉾)

駅から大通りの正面にある白鷺城はレイアウトの面
でもとても姫路の街を品格ある堂々としたものにして
います。

同時に姫路市立美術館のシャガール展が掘り出し
ものでした。多数の作品が展示され、見応えのある
ものでした。シャガールの緑、青の色合いがとても
好きです。(5月31日まで)


比叡山にも登りました。比叡山は延暦寺を17年ぶり
に尋ねました。
「延暦寺(えんりゃくじ)は、滋賀県大津市坂本
本町にあり、標高848mの比叡山全域を境内とする
寺院。比叡山、または叡山(えいざん)と呼ばれること
が多い。平安京(京都)の北にあったので北嶺(ほく
れい)とも称された。平安時代初期の僧・最澄(767年
- 822年)により開かれた日本天台宗の本山寺院で
ある。住職(貫主)は天台座主と呼ばれ、末寺を統括
する。平成6年(1994)には、古都京都の文化財の
一部として、(1200年の歴史と伝統が世界に高い評価
を受け)ユネスコ世界文化遺産にも登録された。
寺紋は天台宗菊輪宝。」(ウィキより)

川崎市に自宅周りが影向寺とその脇寺群が天台宗
でもあり親しみを持っています。朝早くケーブルカーと
ロープウェイを乗り継ぐと山頂約840メートルは12度と
肌寒いくらいで八重桜が散り終わるくらいの陽気です。
伝教大師最澄上人の「一隅を照らす、これ即ち国家
なり」という教えの下、今年のキーワードは「尽真心」
(じんしんしん:真心を尽くす)です。気持ちを洗われな
がら、杉の巨木の間を歩いて行くと、ドロドロのわが身
が洗浄されていきます。

Dsc_0634

(ロープウェイから京都市内)

Dsc_0636

(東塔 阿弥陀堂 青空に映える)

Dsc_0639

(ケーブル延暦寺 のレトロな駅舎)

Dsc_0644

(麓の坂本の石積みの道 落ち着くものがあります)

連休中の行動は早朝に限ります。また、比叡山
横断チケット大阪市内から3300円往復交通費、
拝観料、シャトルバス、飲食割引等々)相当お得
なチケットはお勧めです。

今回は前回行けなかった横川(よかわ)地区の
パワースポットや琵琶湖が一望できるお食事
スポットの峰道などもとてもよかったです。

|

« 篠田桃紅さん | トップページ | 観光客にみる時代の変化 »

コメント

こんにちは。
連休、楽しんだようですね。
2時間もかけて天守閣に…
さすがです!

私は母が出かけたもので、犬のお世話(老犬だから大変です)
でも、2日間乗馬に行ってリフレッシュ出来ました。

誕生日に頂いたお葉書のお礼をメールで差し上げたのですが、ちゃんと着信してるか心配なんです。
アドレスが変わってたかな?と思って。
今日からまたお仕事頑張りましょう!

投稿: 理恵 | 2015/05/07 10:48

大丈夫です。アドレスは変わっていません。
また、気分一新でGoGo!ですね。

投稿: shun | 2015/05/24 10:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37225/61546753

この記事へのトラックバック一覧です: 連休観光二題:

« 篠田桃紅さん | トップページ | 観光客にみる時代の変化 »