« その女アレックス | トップページ | 週末の台北 »

高野山奥之院

新幹線の友、雑誌「ひととき」の2月号の特集は「高野山
曼荼羅の宇宙」です。高野山は今年で今年で開創
千二百年なので何かと特集が組まれることとなるで
しょう。
http://wedge.ismedia.jp/category/hitotoki

その中に奥之院が紹介されています。記者が一の橋
近くの恵光院の宿坊に泊まっています。私もかつて
宿泊したことがあり、薩摩藩島津家ゆかりの塔頭だそう
です。先日ある新地のおかみさんが恵光院の隣に喫茶
店を出し、高野山とご縁を結んでいます、と聞いて、
なるほど!それはなかなかできることではないな
と妙に感心しました。

話を戻すと恵光院は近藤説秀さんという副住職が
ナイトツアーのガイドをされています。記事から「・・・
夜7時過ぎの集合。一の橋手前で一礼し・・・参道にあ
るのは石灯籠の灯りとと外灯・・時折近藤さんの懐中
電灯が高野杉や五輪塔*を照らし・・約二十万基、ありと
あらゆるものへの祈りが集う。奇妙な動物の鳴き声が
すると、「あれはムササビです」漆黒の闇に溶ける
樹齢千年という木々の梢を見上げると、そのはるか
かなたで星がまたたく。ここでは宇宙がとても近しく
感じられる・・・」と私が行った時の情景そのものを
記事にしてくれています。宿泊する外人も多く近藤さん
は英語でも案内ができます。
*008


ちなみに五輪塔というのは下から「地水火風空」という
宇宙の五要素、密教の言葉でいえば五大を表して
います。空海は五大にみな響きありといいました。
それは世界中の全てが響き合っているという意味です。

Dsc_01631

過去にもこの写真は引用しましたが、入定後の空海
のために行われる朝六時と十時半の生身供(しょうじん
く)つまり食事の配膳ですが、何と千二百年続いている
のだから驚きです。

「生まれ生まれ生まれ生まれて生の始めに暗く、死に
死に死に死にて死の終わりに冥(くら)し、と空海は
断ずる。人は、生の意味も死の意味も理解できない
愚かな生き物。だからこそ、虚空尽き、衆生尽き、
涅槃尽きなば、我が願いも尽きなむ、とすべての人を
悟りに導きたいと空海は願った。祈りは空海の生死を
超えて響き続ける。その祈りに、魂が、神が、仏が、
響きあう。千二百年の時を重ねて、高野山は揺るぎない
聖地であり続ける」

実にすばらしい文章で表現されています。感心!
また、厳冬の雪の高野山にも行きたくなりました。

|

« その女アレックス | トップページ | 週末の台北 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37225/61139922

この記事へのトラックバック一覧です: 高野山奥之院:

« その女アレックス | トップページ | 週末の台北 »